スレッド ダンプの生成

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Confluence のパフォーマンスが低い場合や、予期せぬ動作をしたり、応答が停止する場合は、問題の原因を診断するのに役立つスレッド ダンプを生成することができます。スレッド ダンプを含めると、Atlassian サポートが問題を調査するのに非常に役立ちます。 

スレッド ダンプは、スタック トレースを含む JVM の各スレッドの現在の情報を示すため、アプリケーションで問題が発生したときに取得する必要があります。 

保持されスレッドによって待たされているロックについての情報は、Confluence 内部から作成することができるスレッド ダンプには含まれません。この追加情報が必要な場合は、外部でスレッド ダンプを生成する必要があります。

このページの内容

スタック トレースとセキュリティ

問題のデバッグに役立つよう、Confluence はエラーが発生すると Web インターフェイスを介してスタック トレースを提供します。これらのスタックトレースには、Confluence がエラー発生時に実行していた内容に関する情報と、ご使用のデプロイメントサーバーに関する一部の情報が含まれます。

オペレーティングシステム、バージョン、Java バージョンなど、非個人情報のみが提供されます。適切なネットワークセキュリティを備えていれば、この程度の情報提供で危険性を危惧する必要はありません。ユーザー名やパスワードはまったく含まれていません。

Confluence 内部でのスレッド ダンプの生成

スレッド ダンプを生成するには:

  1.  > [一般設定] > [トラブルシューティングとサポート ツール] へ移動します。
  2. サポート Zip の作成を選択します。
  3. スレッド ダンプが選択されていることを確認します(含めたくない他のオプションを選択解除することができます。サポート zip を作成して Atlassian サポートに提供する場合、できるだけ多くの情報を含めることをお勧めします)。
  4. 作成をクリックします。 

スレッド ダンプ(および含めるように選択したすべて)を含む zip ファイルがホーム ディレクトリに保存されます。 

外部スレッド ダンプの生成

Confluence が応答しなくなった、またはスレッドによって保持および待機されているロックの情報が必要な場合、「外部からスレッド ダンプを生成する」に記載されている方法のいずれかを使用します。

Confluence 内で生成された単純なスレッド ダンプに問題の診断に十分な情報が含まれていない場合、当社のサポート チームがこの方法を使用することをお願いすることがあります。

Performance Data Collector を使用したスレッド ダンプの生成

The Performance Data Collector is a server-side, standalone application that exposes a number of REST APIs for collecting performance data. It can be used to collect data, such as thread dumps, disk speed and CPU usage information, to troubleshoot performance problems.

詳細は、「Performance Data Collector の使用方法」を参照してください。 

最終更新日: 2018 年 9 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.