稟議書ブループリント

稟議書ブループリントは、意思決定を行い、チームの成果を記録するのに役立ちます。

スペースで初めて稟議書ブループリントを使用すると、Confluence によりインデックス ページが作成され、スペースのサイドバーにショートカットが追加されます (既定のテーマを使用している場合)。インデックスは稟議書のログとして機能し、そのスペース内のすべての稟議書を一覧表示します。

tip/resting Created with Sketch.

空白ページを素早く作成するには、ヘッダーの作成ボタンをクリックします。テンプレートからページを作成するには、テンプレートから作成ボタンをクリックします。


  1. 空白ページの作成
  2. テンプレートによる作成

稟議書ページを作成するには

  1. Confluence ヘッダーで [テンプレートから作成] を選択します。
  2. 稟議書を選択し、次へをクリックします
  3. 稟議および関係者に関する情報を入力し (ブループリントから入力の指示があります)、作成をクリックします。

最初の稟議書ページを保存すると、Confluence により、現在のスペースの稟議書記録ページが作成され、スペースのサイドバーにショートカットが追加されます。

決定ページは、エディターで次のように表示されます。

最初の稟議書ページを保存すると、Confluence により、現在のスペースの稟議書記録ページが作成され、スペースのサイドバーにショートカットが追加されます。稟議書ログは、そのスペース内のすべての稟議書を一覧表示します。

  1. 決定ページ: 既存の決定がここに表示されます。
  2. その他の決定: 決定テンプレートを使用して新しいページを作成します。 

稟議書ブループリントは、次の Confluence 機能を使用しています。

  • ページ プロパティおよびページ プロパティ レポート マクロ - ページ プロパティ マクロ内に入力するコンテンツはインデックスページに表示されます。
  • メンション - ユーザーを関係者、所有者として追加したり、ページでメンションしたりすると、相手先のワークボックスに通知されます。
tip/resting Created with Sketch.

稟議書ブループリントの例や他の重要なページ要素については、開発チームとしてより良い意思決定を行う方法 を参照してください。

このブループリントをカスタマイズする

稟議書ブループリントで使用されるテンプレートはカスタマイズできます。「 ブループリント テンプレートをカスタマイズする」を参照してください。たとえば、スペースの稟議書インデックスページを編集して、ページ プロパティ レポート マクロにより表示される列を変更できます。

また、ページテンプレートを編集して、背景のセクションに見出しや説明テキストを追加したり、ページ プロパティ マクロに行を追加したりすることもできます。たとえば、稟議を行った日付の行が追加できます。

テンプレートでの説明テキスト使用の詳細については、説明テキスト を参照してください。 

最終更新日 2018 年 6 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.