Confluence ダッシュボードのカスタマイズ

ダッシュボードとは、Confluence サイトのデフォルトのランディング ページのことです。ダッシュボードでは、ページを探したり、作業を再開したり、お気に入りのスペースやページに素早くジャンプしたりするのに必要なツールのすべてを提供します。 

サイトのウェルカム メッセージを編集する

サイトのウェルカム メッセージは、組織の性格を添えるのに最適な場所であり、ダッシュボードの右側に表示されます。 

お知らせ、便利なリンク、画像、マクロなどの詳細については、「サイトのウェルカム メッセージを編集する」を参照してください。 

サイトのウェルカム メッセージを編集するには、Confluence 管理者権限が必要です。 

ページをサイトのランディング ページとして使用する

詳細に制御する場合、ダッシュボードにユーザーを送る代わりに、通常の Confluence ページをサイトのランディング ページとして使用するように選択することができます。詳細については、「サイトのホームページを設定する」を参照してください。 

ダッシュボードの代わりにページを使用することは、多くのユーザがサイトのページを作成するのではなく参照する場合に役立ちます。ただし、チームの共同作業を推奨するサイトの場合、ダッシュボードは進行中の作業を再開したりサイト内で何が起きているかを追いかけるためのベストなツールを提供します。 

高度なカスタマイズ

グローバル レイアウト ファイルを編集することで、さらにダッシュボードをカスタマイズすることができます。この方法の詳細については、「サイトとスペースのレイアウトをカスタマイズする」を参照してください。レイアウト ファイルを編集するには、Velocity の知識が必要になります。

コンテンツを追加する場所は2つあります。

  • atl.dashboard.secondary に追加された Web パネルは、サイトのウェルカム メッセージの下に表示されます。
  • system.dashboard.button に追加された Web アイテムは、ダッシュボードの右上にある、スペースの作成およびユーザーの招待ボタンの横に表示されます。 

Confluence のレイアウトを変更する場合、Confluence のアップグレード後、毎回変更を再適用する必要があります。カスタマイズが大規模になるほど、更新時に再度カスタマイズし直すのが難しくなります。レイアウトの変更前に、「カスタマイズされたサイトとスペースのレイアウトをアップグレードする」を参照して、関連事項を調査します。 

最終更新日 2019 年 7 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.