Office コネクタを設定する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Office Connecter を使用することで、Confluence ユーザーは、ページに添付された Microsoft Office および Open Office ファイルのコンテンツを表示、編集、インポートすることができます。

Office Connector システム アプリは Confluence に同梱されていますが、システム管理者は Office Connecter の一部を有効または無効にしたり、オプションを設定したりすることができます。

Office コネクタの有効化と無効化

Office Connector のすべてまたは一部へのアクセスを制限する場合、システム アプリまたはアプリ内の一部のモジュールを無効化することができます。

Office コネクタ モジュールを有効化または無効化する方法

  1. > [アプリの管理] へ移動します。
  2. フィルターのドロップ ダウンからシステムを選択し、Office コネクタを探します。
  3. Office Connector の一覧を展開します。ここから、次のことが実行できます。 
    • 設定を選択し、Office コネクタの環境設定を指定します(以下で説明する設定画面が表示されます)。
    • [無効] をクリックし、アプリのすべてのモジュールを無効にします。
    • モジュール リストを展開し、選択された Office Connector モジュールを有効または無効にします。

注: 一部の Office Connector モジュールのみを無効化できます。Office Connector の操作に必須であるモジュールは無効化できず、[有効化] または [無効化] ボタンは表示されません。無効化できるモジュールにはボタンが表示され、モジュールについての簡単な説明が画面に提供されます。 

Office Connector のオプションを設定する

システム管理者権限を持つユーザーは Office Connector の動作を変更できます。 

Office コネクタ用の設定オプションを設定する方法

  1.  > [一般設定] > [Office Connector] に移動します。

  2. 以下の表で説明されている設定オプションを設定します。

オプション

既定値

説明

警告: ユーザーにインポートを許可する前に警告を表示する

無効

このオプションが有効の場合、ユーザーが Word ドキュメントをインポートする際に警告が表示されます。この警告は、既存のコンテンツを上書きする際にユーザーに通知されます。

高度なフォーマット オプション: Word の脚注に footnote マクロを使用する

無効

(warning)注意: この機能にはサードパーティ製アプリが必要です。

このオプションが有効な場合、インポートされた Word ドキュメントから作成された Confluence ページは Adaptavist の {footnote} マクロを使用して、ドキュメントに含まれる任意の脚注を描画します。このマクロを取得するには、Adaptavist の Content Formatting for Confluence をインストールする必要があります。

URL パスで認証トークンを許可する

無効

このオプションが有効の場合、Office コネクタは、URL の認証トークンを使用します。

これは、Office 2013 ドキュメントの編集を有効にするのに必要です。

viewfile マクロ用の一時ストレージ

Confluence ホーム ディレクトリ

{viewfile} マクロは一時的にデータをキャッシュします。このオプションによって、キャッシュの場所を設定することができます。利用可能な設定は以下のとおりです。

  • Confluence ホーム ディレクトリ – 一時ファイルが Confluence ホーム ディレクトリに格納されます。
  • directories.properties ファイルで指定されたディレクトリ – Office コネクタの directories.properties ファイルを編集して場所を指定できます。
    1. Confluence ホーム ディレクトリの OfficeConnector-x.xx.jar ファイル(x.xx はバージョン番号)を見つけて、一時的な場所にコピーします。
    2. JAR ファイルを解凍し、resources/directories.propertiesファイルを見つけます。ファイルの内容は以下のようになっています。

      #Complete the following line to set a custom cache directory.
      #If resetting to blank, don't delete anything before or including the '='
      com.benryan.confluence.word.edit.cacheDir=
    3. 最後の行を編集して、「=」の後に必要な一時場所のパスを直接追加します。例:
      • Windows 上では:

        com.benryan.confluence.word.edit.cacheDir=c:\my\path\
        
      • Linux 上では:

        com.benryan.confluence.word.edit.cacheDir=/home/myusername/my/path
        
    4. ファイルを保存し、JAR を再作成して、Confluence ホーム ディレクトリに配置し、元の JAR に上書きします。

キャッシュの最大ファイル スペース(MB)

500

これは、{viewfile} マクロが使用するキャッシュの最大サイズです(上記参照)。

変換キューの数

6

これは、PowerPoint、Excel ファイル、またはPDF スライド ショーを変換するのに使用されるスレッドの最大数です。この設定を使用して、Office コネクタが多量のリソースを消費しないようにスレッド数を制限することで、Confluence のパフォーマンスを管理することができます。

キューの管理をクリックして、変換が保留中の添付ファイルを表示します。

最終更新日 2018 年 9 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.