HTTP タイムアウト設定を設定する

RSS マクロなどのマクロが 故障中のサーバーに HTTP 要求を送ると長いタイムアウト値が使用されます。このタイムアウト値をシステムパラメーターを通じて設定することでこれを回避できます。

HTTP タイムアウト設定の設定手順

  1. 設定アイコン を選択し、[一般設定] を選択します。
  2. 左側のパネルの '設定' ヘッダーの下の '一般設定' を選択します。
  3. 画面下部にある '接続のタイムアウト' セクションを見つけます。
  4. '編集' をクリックして設定を調整します。
    • '外部接続を有効に設定' の調整: この設定では、ステム管理者が外部接続を無効にすることができるため、RSS マクロなどのマクロは外部サーバーに接続できなくなります。これにより、外部サーバーによる安全でない HTML の提供、タイムアウト、またはパフォーマンス問題を引き起こす原因から保護できます。既定の設定は 'true' です。
    • 接続のタイムアウト (ミリ秒): 接続が確立されるための最大時間を設定します。値をゼロにすると、タイムアウトは使用されません。既定の設定は10 秒 (10000) です。
    • ソケット タイムアウト (ミリ秒): 既定のソケット タイムアウト (SO_TIMEOUT) をミリ秒単位で設定します。これは、Confluence の最大データ待機時間です。値をゼロにすると、無限タイムアウトと解釈されます。既定の設定は 10 秒 (10000) です。
最終更新日 2015 年 1 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.