添付ファイルのストレージの設定

既定では、Confluence は添付ファイルをホームディレクトリ (ファイルシステムなど) に保存します。 

Confluence の添付ファイル保存場所を設定する手順

  • 設定アイコン を選択し、[一般設定] を選択します。
  • 添付ファイルの保存場所を選択します。 

このページの内容:

関連ページ:

添付ファイルの保存場所のオプション

以前の Confluence バージョンでは添付ファイルを WebDav または Confluence データベースに保存できました。これは新しいインストールではオプションとして用意されていません。 

ローカルのファイルシステム

既定では、Confluence は添付ファイルを、構成済みの Confluence ホーム フォルダの attachments ディレクトリに保存します。

データベース (非推奨)

Confluence 5.4 以前では、管理者は、Confluence 用に設定したデータベースに添付ファイルを保存するオプションを選択できます。

データベースに添付ファイルを保存することにはいくつかの利点 (バックアップが容易、添付ファイルのファイル名のいくつかの文字に伴う問題の回避) がありますが、大規模なストレージ要件のためデータベースが使用するスペースの量が増加することに留意してください。

WebDav (非推奨)

WebDav は添付ファイルの保存場所のオプションとしては利用できなくなりました。  

ご使用の Confluence サイトのスペース、ページ、または添付ファイルにアクセスするように WebDAV クライアントを設定する機能にはまったく影響はありません。

サポートされている添付ファイル保存オプションへの移行

WebDav またはデータベースに添付ファイルを保存している場合は、添付ファイルの移行先をファイル システムに移行できます。データベースからファイルシステムへ添付ファイルを移行すると、移行後に添付ファイルはデータベースから削除されます。

移行が発生すると、他のすべてのユーザーは Confluence インスタンスからロックアウトされます。これにより、移行が発生している間、添付ファイルの変更を防止します。アクセスは移行が完了すると同時に可能になります。

移行中のログ作成を改善するには、DEBUG レベルでパッケージ com.atlassian.confluence.pages.persistence.dao を追加します。 詳細については、ログ作成の設定 を参照してください。

移行するには、以下の手順を実行します。

  1.  > [一般設定] > [添付ファイルのストレージ] に移動します。
  2. 編集ボタンをクリックして設定を変更します。
  3. ローカル側の Confluence ホーム ディレクトリを選択します。
  4. 保存 をクリックして設定を保存します。
  5. 変更を確認する画面が表示されます。[移行] をクリックすると、移行の進行状況を示す画面が表示されます。
    スクリーンショット: 移行の警告
 

次の外部 Web サイト https://www.scandio.de/blog/de/2013/05/confluence-attachment-migration-the-safe-way-2 では、データベースからファイルシステムの保存場所への添付ファイルの移行に関して有益な詳細情報を提供しています。

最終更新日 2017 年 3 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.