Confluence ディストリビューション用のメールセッションを設定する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Confluence 管理コンソールを介してメールサーバーを設定する最も簡単な方法です。「メール送信サーバーの設定」を参照してください。

さまざまなオプションまたはパラメーターを追加する場合、Confluence ディストリビューション用のメールセッションを設定することもできます。以下の例では、Gmail を設定します。

Confluence ディストリビューション用のメールセッションを設定する方法:

  1. Confluence を停止します。
  2. mail-x.x.x.jar<confluence-install>\confluence\WEB-INF\lib から <confluence-install>\lib に (コピーではなく) 移動します(x.x.x はインストール環境の jar ファイルのバージョン番号を表します)。
    \confluence\WEB-INF\lib には jar ファイルのリネーム済みのバックアップを残さないようにします。ファイル名が異なる場合も、ディレクトリ内にある限り、ファイルは読み込まれます。
  3. <confluence-install>\conf\server.xml ファイルを編集し、Confluence <context> タグの末尾、</Context> の直前に以下を追加します。
    注: Synchrony コンテキスト パスを含む <context> タグではなく Confluence コンテキスト パスを含む <context> タグを編集します。

    <Resource name="mail/GmailSMTPServer"
        auth="Container"
        type="javax.mail.Session"
        mail.smtp.host="smtp.gmail.com"
        mail.smtp.port="465"
        mail.smtp.auth="true"
        mail.smtp.user="yourEmailAddress@gmail.com"
        password="yourPassword"
        mail.smtp.starttls.enable="true"
        mail.transport.protocol="smtps"
        mail.smtp.socketFactory.class="javax.net.ssl.SSLSocketFactory"
    />
    
  4. Confluence を再起動します。
  5.  > 一般設定 > メール サーバーに移動します。

  6. 既存の設定の編集または新しい SMTP メール サーバーの追加のいずれかを選択します。
  7. 必要に応じてサーバー設定を編集し、JNDI の場所を以下に設定します。

     java:comp/env/mail/GmailSMTPServer
    


    JNDI の場所は、大文字と小文字を区別し、server.xml に指定したリソース名と一致する必要があることに注意してください。

  8. 変更を保存し、テスト メールを送信します。

最終更新日: 2018 年 9 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.