HTML インクルード マクロ

マクロ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

HTML インクルード マクロを使用すると、Confluence ページに外部 HTML ファイル (web ページ) のコンテンツを含めることができます。

HTML マクロは既定では無効になっています

このマクロは、管理者によって有効化されている場合にのみ利用可能です。このマクロを有効にすると、Confluence サイトがクロスサイトスクリプティング攻撃に対して脆弱になります。

HTML インクルード マクロを使用する

ページに HTML インクルード マクロを挿入する方法

  1. エディタのツールバーで、[挿入] > [その他のマクロ] を選択します。
  2. 対象のマクロを見つけて、選択します。

オートコンプリートを活用して素早く入力: {」とマクロ名の先頭を入力すると、マクロ候補の一覧が表示されます。この例では、cheese マクロを挿入します。

既存のマクロを編集する方法: マクロのプレースホルダをクリックして、[編集] を選択します。これによりマクロの詳細を開き、マクロのパラメーターを編集できます。

パラメーター

パラメーターは、マクロ出力の内容や形式を制御するために設定できるオプションです。Confluence の保存形式または wiki マークアップで使用されるパラメータ名がマクロ ブラウザで使用されるラベルと異なる場合、以下の一覧に括弧付きで表示されます (example)。

パラメーター必須既定説明
HTML ページの URL
(url
はいなしインクルードするページの URL。

HTML インクルード マクロを有効化する

HTML インクルード マクロは既定では無効になっています。このマクロを有効化するには、Confluence 管理者権限またはシステム管理者権限が必要です。

(warning) このマクロを有効にすると、Confluence サイトがクロスサイト スクリプティング攻撃に対して脆弱になる可能性があります。すべてのユーザーがこのような攻撃を試みない確信がある場合にのみ、このマクロを有効化してください。セルフサインアップ、または匿名ユーザーによるコンテンツ作成を許可している場合、このマクロは無効化したままにしておくことを強くおすすめします。

HTML インクルード マクロを有効化する方法

  1. > [アプリの管理] に移動します。

  2. ドロップダウンから [システム] を選択し、Confluence HTML Macros システム アプリを検索します。
  3. リストを展開し、html-include (html-include-xhtml) モジュールを有効化します。

管理者はホワイトリストを使用して、HTML インクルード マクロに表示できる URL を制限することもできます。

トラブルシューティング

  • 管理者は信頼済みの URL のホワイトリストを定義できます。URL がホワイトリストにない場合、HTML インクルード マクロはエラーメッセージを表示します。
  • HTML インクルード マクロは、絶対リンクを持つページにのみ使用可能です。マクロを使用して相対リンクの HTML ページを含めると、"ページが見つかりません" エラーが表示されます。 CONF-6567 - Getting issue details... STATUS を参照してください。

Wiki マークアップの例

以下の例は、エディタ外部 (スペースのサイドバー、ヘッダー、フッターのカスタム コンテンツなど) でマクロを追加する場合に便利です。

マクロ名: html-include

マクロ本体: なし。

{html-include:url=http://www.example.com}



最終更新日: 2018 年 9 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.