ファイル一覧 ブループリント

ファイル一覧ブループリントは、ファイルの一覧を作成してチームと共有するのに役立ちます。文書、画像、プレゼンテーションを整理するのに最適です。

スペースで初めてファイル一覧ブループリントを使用すると、Confluence によりインデックス ページが作成され、ショートカットがスペースのサイドバーに追加されます (既定のテーマを使用している場合)。インデックスページには、そのスペースの最新のファイル一覧ページが表示されます。必要な数のファイル一覧ページを作成できます。

tip/resting Created with Sketch.

空白ページを素早く作成するには、ヘッダーの作成ボタンをクリックします。テンプレートからページを作成するには、テンプレートから作成ボタンをクリックします。


  1. 空白ページの作成
  2. テンプレートによる作成

ファイル一覧を作成するには:

  1. Confluence ヘッダーで [テンプレートから作成] を選択します。
  2.  「ファイル リスト」を選択し、「次へ」をクリックする
  3. ファイル一覧の詳細を入力し、作成をクリックします。
  4. デスクトップからファイルをドラッグするか、ファイルを参照してコンピューター上のファイルを検索する

ファイル リスト ページの例:

  1. 展開: 各ファイルの詳細とプレビューを表示します。
  2. アップロードとダウンロード: アップロードするファイルをドロップ、およびすべてのファイルをダウンロードします。
  3. バージョン履歴: 他のファイルのバージョンを表示および管理します。 

添付ファイルがページに表示されます。各添付ファイルを展開し、ファイルをプレビューしたり、その詳細を表示したりします。

この例では、3 つのファイル一覧ページが作成され、プロジェクト関連のプレゼンテーション、画像、顧客からのフィードバックを保存しています。Confluence はファイルのバージョン管理を行うため、文書のファイル名を使用してバージョン番号を付ける必要はありません。

ページを保存すると、Confluence によりインデックス ページが作成され、ショートカットがスペースのサイドバーに追加されます。インデックス ページには、そのスペースの最新のファイル一覧ページが表示されます。必要な数のファイル一覧ページを作成できます。

  1. スペース ショートカット: このスペース内のすべてのファイル リストを素早く見つけることができます。 
  2. 新しいリストを作成: このスペースに追加のファイル リストを作成します。 
  3. 現在のファイル リスト: このスペース内のすべてのファイル リストを表示します。 

このブループリントをカスタマイズする

ファイル一覧ブループリントで使用されているテンプレートをカスタマイズできます - ブループリント テンプレートをカスタマイズする を参照してください。

ファイル一覧ブループリント テンプレートは添付ファイル マクロを使用しています。マクロをカスタマイズして、並び替え順を変更したり、バージョン履歴やアップロード添付ファイル フィールドなどの機能を非表示にしたりできます。

また、インデックスページで使用されるコンテンツ レポート表マクロを編集して、表示するページ数を指定できます。

最終更新日: 2018 年 9 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.