組み込み H2 データベース

外部データベースをセットアップせずに Confluence を有効にするには、Confluence インストールに組み込み H2 データベースを含めます。 

トライアル インストールを選択した場合、デフォルトで組み込み H2 データベースが使用されます。 

組み込みのデータベース ファイルは、Confluence のホーム ディレクトリ <confluence-home>/database に格納されます。 

組み込みの H2 データーベースは、Confluence の評価用にのみサポートされています。本番環境のシステムとして Confluence を使用する前に、サポートされている外部データベースへの移行が必要となります。 

組み込みデータベースを使用しているかどうかを調べるには、 > [一般設定] > [トラブルシューティングとサポート ツール] に進みます。

DB Visualizer を使用して組み込み H2 データベースに接続する

データベース内で直接変更を行う必要があり、H2 データベースを使用している場合は、次の方法で、DBVisualizer を使用して接続できます。 

DBVisualizerは、データベース管理ツールの1つです。組み込み H2 データベースをサポートする任意の管理ツールを使用することができます。手順は同様です。

  1. Confluence をシャットダウンします。
  2. <confluence-home>/database ディレクトリをバックアップします。
  3. DBVisualizer を起動します。
  4. 新しいデータベース コネクションを作成するを選択し、プロンプトに従ってコネクションをセットアップします。
    必要な情報は以下のとおりです。
    • データベース ドライバー: H2 embedded 
    • データベース ユーザー ID: sa
    • データベース パスワード: 空白のまま
    • データベース ファイル名: <confluence-home>/database/h2db
      (warning) ファイル拡張子 .h2.db は不要です。
  5. データベースに接続します。 

DBVisualizer の使用についてのヘルプは、「DBVisualizer マニュアル」を参照してください。

H2 コンソールを使用して組み込み H2 データベースに接続する

ブラウザベースの H2 コンソールを使用して接続することもできます。コンソールに簡単にアクセスするには、<installation-directory>\confluence\WEB-INF\lib\h2-x.x.x.jar の H2 データベース jar ファイルをダブル クリックします。 

サポートされている外部データベースへの移行 

H2 データベースを使用しているが、Confluence を本番システムとして実行している場合は、サポートされるデータベースへの移行計画を早急に開始する必要があります。 

サポートされている外部データベースに移行するには、次の手順を実行します。

  1. サポート対象プラットフォーム」で、サポートされているデータベースとバージョンを確認します。
  2. 個別の手順が必要な場合、「別のデータベースへの移行」を参照してください。 
最終更新日: 2018 年 9 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.