Confluence 内で HTTPレスポンスを圧縮する

Confluenceは HTTP GZIP 転送エンコーディングをサポートしています。つまり、Confluence はデータを圧縮してユーザーに送信するため、低速なインターネット リンクや輻輳したインターネット リンク上で Confluence の速度が上がり、Confluence サーバーで消費される帯域幅の量が減ることになります。

以下の場合は、Confluence の GZip エンコーディングを有効にします。

  • ユーザーがインターネット接続または限られた帯域幅の WAN 接続で Confluence にアクセスしている場合。
  • Confluence サーバーとクライアント間のデータ転送量を削減したい場合。

ローカル エリア ネットワークや特別に高速な WAN 経由で Confluence にアクセスしている場合は、GZIP エンコーディングを無効のままにしておいてもよいでしょう。ネットワーク速度が十分速いため、Confluence からユーザーへのデータ転送が制限要因とならない場合、各 HTTP レスポンスの圧縮に要する CPU 負荷が増加することによって、Confluence が遅くなる可能性があります。

HTTP 圧縮の有効化

  1. 設定アイコン を選択し、[一般設定] を選択します。
  2. 左側のパネルにある「一般設定」を選択します。
  3. HTTP 応答の圧縮」を有効にします。

Confluence 内のどのタイプのコンテンツを圧縮するか設定できます。既定では、次の mime タイプが圧縮されます。

  • テキスト/ html テキスト
  • javascript
  • テキスト / css
  • text/plain
  • アプリケーション / x-javascript
  • アプリケーション / javascript

圧縮するコンテンツのタイプを変更したい場合は、変更を記載した置き換え用の urlrewrite-gzip-default.xml ファイルを、Confluence インストール ディレクトリの WEB-INF/classes/com/atlassian/gzipfilter/ ディレクトリ内に追加します。サンプル ファイルを 添付ファイル として提供しています。このファイルはほとんど変更することなく使用できます。

最終更新日: 2018 年 9 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.