Cloud Migration Assistant for Confluence

Confluence Server から Cloud への移行

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

The  Cloud Migration Assistant for Confluence is an app that  helps you easily move content, users, and groups from Confluence Server to Confluence Cloud. Built and maintained by Atlassian, the app is free to install and use.

インストール後、Cloud への移動対象を選択し、好きなタイミングで移行を開始できます。移行プロセスの間は、すべての項目の進捗状況を監視できます。 

Cloud Migration Assistant for Confluence を使用するタイミング

  • 移行計画の移行前手順を完了した後。 
  • Jira Server インスタンスを Jira Cloud サイトに移行し、新しい Confluence Cloud サイトに移行する準備が整った後。Confluence の後に Jira を移行すると、移行されたデータの一部が上書きされる場合があります。
  • Confluence Server サイト全体を新しい Confluence Cloud サイトに移行したい場合。
  • Confluence Server から既存の Confluence Cloud サイトにスペースまたはユーザーを移行したい場合。
  • アトラシアン サポート チームからアプリの使用を推奨されたとき。

移行の前に

クラウド移行センターと FAQ で、移行に先立って必要な情報をご確認ください。アトラシアンの便利なガイドを使用して移行計画全体を作成することもできます。 

移行前のチェックリスト

Confluence Data Center

ステップ 1: クラウド サイトでのデータの競合の確認

サーバー インスタンスとクラウド サイトでいくつかの手動チェックを実行することで、問題の発生や移行の失敗のリスクを軽減できます。

グループ

クラウド サイト内に、サーバー サイトと同じ名前のグループが存在していないことを確認します (意図的に統合しようとしている場合を除く)。

クラウド サイト (Jira または Confluence) のグループと同じ名前を持つグループがサーバー インスタンス内に見つかった場合、ユーザーはサーバーのグループからクラウドのグループに統合されます。サーバー グループはクラウド グループの権限を継承します。これは、移行しようとしている Confluence グループと同じ名前の、Jira 製品アクセスを持つグループにも適用されます。これは、クラウド サイトではすべてのユーザーとグループが一元管理されるためです。

これを防ぐ場合、移行計画を実行する前に、サーバーとクラウドのすべてのグループの名前が一意であることを確認する必要があります。 

tip/resting Created with Sketch.

次の汎用グループはブラックリストに登録されており、移行されません: "site-admins"、"system-administrators"、"atlassian-addons"、"atlassian-addons-admin"。これらのグループ内のユーザーは移行されますが、移行後に対象のグループに手動で追加する必要があります。

スペースキー

また、サーバー インスタンスのスペースにクラウド サイトのスペースと同じスペース キーがある場合も、移行は失敗します。これは、Confluence Cloud 内の各スペースに、一意のスペース キーが必要であるためです。

Migration Assistant が競合を検出した場合、そのスペースは移行されません。この場合、一部のスペースは引き続き移行されますが、全体的な計画は失敗します。

移行前に、Server と Cloud サイトとの間で競合するスペース キーがないことを確認します。競合を見つけた場合、スペース キーを変更する回避策の使用や、ステップ 3 でそのスペースを移行対象外にすることを検討します。 

スペース キーの競合が過去のテスト移行によって発生している場合、移行前にクラウド サイトをリセットできます。 

ステップ 2: Cloud Migration Assistant for Confluence アプリのインストール

アプリを使用する前に、次のようないくつかの点を確認する必要があります。

これらの前提条件をすべて満たしたら、アプリの使用を開始できます。お使いの Confluence Server instance がバージョン 6.13 以降だった場合、アプリは事前にインストールされているため、別途インストールする必要はありません。ただし、アプリの更新を求められることがあります。ステップ 3 を参照し、サーバー インスタンス内で Migration Assitant を確認します。 

バージョン 5.10 ~ 6.12 でアプリをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. Confluence Server で、 > [アプリケーション管理] に進みます。
  2. [新しいアドオンを検索] を選択します。 
  3. Cloud Migration Assistant for Confluence アプリを検索します。 
  4. [インストール] を選択したら完了です。

ステップ 3: アプリを使用して移行を準備および実行

インスタンスを分析する

  1. Confluence Server で、  > [一般設定] > [Migration Assistant] に進みます。 
  2. [Create a migration plan] > [Run analysis] の順に選択します。

このステップでは、Confluence Server インスタンスが評価されます。現在のユーザー、グループ、スペース、ページ、および添付ファイルの数の概要が提供されます。 

また、無効なメール アドレス、メール アドレスの重複などのユーザー アカウントのエラーも確認されます。移行前に、これらのエラーを解決する必要があります。 

アプリをアップグレードする

Cloud Migration Assistant for Confluence を更新するように求められる場合があります。移行を実行する前にアプリを更新する必要があります。 

移行対象を選択する 

すべてをまとめて移行することも、別の段階に分割することもできます。

選択肢は次のとおりです。

  • すべてのユーザーおよびグループ、またはいずれも移行しない
  • 移行したい個別のスペース (およびそれらの添付ファイル) 

スペースを移行し、ユーザーは移行しない場合も、一部のユーザー データがスペースとともに移行されます。これは、メンションとコメントを有効化するための措置です。これらのユーザーはクラウド サイトに表示されますが、製品アクセス権は付与されず、ライセンスに計上されません。


ユーザーの移行をあとから選択した場合、このようなユーザーの製品アクセスは更新されます。

ユーザーとグループの移行

サーバー インスタンスからクラウド サイトにユーザーやグループを移行する際には、いくつかの点に考慮する必要があります

  • Confluence Cloud はサブスクリプションベースで、ユーザー単位で請求が行われます。ユーザーの移行を予定している場合、ライセンス オプションを確認するか、価格シミュレーターを使用してコストを計算しておくことをおすすめします。
  • If you use an external user management system, we recommend synchronizing it with your local directory before migrating. This is to make sure that your users and groups are up to date before you transfer any data. 
  • 移行の前に、すべてのユーザーに一意の有効なメール アドレスが必要です。無効なメール エラーの修正プロセスは、ユーザー データの格納先によって異なります。 
  • 無効ステータスのユーザーは、アクティブだが製品アクセスを持たないユーザーとして移行されます。つまり、請求時にはアクティブな Confluence ユーザーとしては計上されません。 
  • クラウド サイトのグループと同じ名前を持つグループがサーバー インスタンス内に見つかった場合、そのユーザーはサーバーのグループからクラウドのグループに統合されます。
  • グローバル設定とグローバル サイト権限はこのツールでは移行されません。これらは移行後に手動で設定する必要があります。

クラウド内にすでにユーザーが存在する場合

宛先のクラウド サイトにユーザーがすでに存在し、このアプリでユーザーを移行するよう選択した場合は、以下を考慮する必要があります。

  • ユーザーがクラウド製品アクセスを持ち、サーバー インスタンス内でステータスが無効化されている場合、移行後もクラウド内で製品アクセスを持ちます。 
  • ユーザーがクラウドで製品アクセスを持っていないが、サーバー インスタンス内で有効化されている場合、移行プロセスを通じて製品アクセスが付与されます。 
  • クラウド サイトのグループと同じ名前を持つグループがサーバー インスタンス内に見つかった場合、そのユーザーはサーバーのグループからクラウドのグループに統合されます。


ユーザーやグループを移行する際には、上記の問題を確認することをおすすめします。一部のユーザーではアクセス権が昇格する可能性があります。 

スペースを計画に追加する

スペースを計画に追加する準備が整ったら、[Continue] を選択します。 

移行計画に追加するスペースを選択します。一覧をフィルタリングすることも、特定のスペースを検索することもでkます。すべてをまとめて移行したい場合、[Select all] をクリックします。移行先の Confluence Cloud サイトに存在するスペース キーを使用しているスペースは移行できません。ステップ 1 でスペース キーの競合を確認するようにしてください。


すべてのスペースを選択したら、[Add items to plan] を選択します。 

計画に名前をつける 

[Migration plan name] フィールドに移行計画の名前を追加します。この名前は計画を把握するのに役立ちます (ユーザー移行、テスト移行、最終的な本番環境移行を区別する場合など)。

移行先の Confluence Cloud サイトを選択する

  1. [Choose cloud site] をクリックし、プロンプトに従って、Atlassian Cloud アカウントにサイト管理者として ログインします (まだログインしていない場合)。 
  2. ご使用の Atlassian Cloud アカウントに関連付けられているサイトが [Migration destination] ドロップダウン メニューに一覧表示されます。異なるアカウントを利用したい場合、[Change account] をクリックして別のアカウントでログインします。
  3. [Migration destination] フィールドからサイトを選択し、 [Confirm] を選択します。 
  4. 準備が整ったら、[Review plan] を選択します。 




移行計画のレビュー

すべてが適切に指定されており、移行を開始して問題ない場合は、[Run1] をクリックします。後で移行ダッシュボードから移行を開始する場合は、[Save] をクリックします。移行計画を実行するよう選択した場合も、移行計画は引き続き移行ダッシュボードに保存されます。ここで、移行の進捗状況と詳細を確認できます。 

移行計画を初めて実行すると、クラウド移行プロセスを開始するために移行データをアトラシアンとセキュアな方法で共有することについての同意を求められます。ここで許可することにより、アトラシアンはご使用の Confluence Server インスタンスから Confluence Cloud サイトにデータを安全にコピーできます。移行計画を実行する前に、同意を確認する必要があります。


すべてのメール エラーが解決されるまで、移行を実行することはできません。これは、これらのエラーによって移行が失敗するためです。 


移行計画を管理する

保存した移行計画は移行ダッシュボードに一覧表示されます。ここで、移行計画の詳細を表示したり、計画を実行したりすることができます。計画のステータスの確認、実行中の移行計画の進捗状況の監視、実行中の計画の停止、新しい計画の作成なども可能です。 

計画はいくつでも作成できます。現時点では、移行計画を編集または削除することはできません。したがって、不要な計画を作成した場合、新しい計画を作成して Cloud への移行を続行します。

計画ステータスの定義

READY 移行計画を実行できる状態です。

RUNNING 移行計画が現在進行中です。

FINISHED 移行計画の対象のすべてが移行されました

STOPPED 移行計画が停止されました。停止された計画を再開することはできません。すでに進行中のステップを終了すると、計画が完全に停止として表示されます。一部のユーザー、グループ、およびスペースはすでに Confluence Cloud サイトに移行されている場合があります。

FAILED: 移行計画を完了できませんでした。原因として、移行先のサイトにスペース キーがすでに存在していることや、移行で予期せぬエラーが発生した可能性が考えられます。一部のユーザー、グループ、およびスペースがすでに Confluence Cloud サイトに移行されている場合があります。

保存した移行計画の実行

計画の実行方法は、次のとおりです。

  1. Confluence Server で、  > [一般設定] > [Migration Assistant] に進みます。
  2. 実行する計画の [Run] を選択します。移行計画を初めて実行すると、クラウド移行プロセスを開始するために移行データをアトラシアンとセキュアな方法で共有することについての同意を求められます。ここで許可することにより、アトラシアンはご使用の Confluence Server インスタンスから Confluence Cloud サイトにデータを安全にコピーできます。移行計画を実行するには、同意を確認する必要があります。

進捗列で以降の進捗を確認するか、[View details] を選択して移行タスクの概要を表示できます。

スペースの移行後、それらがスペース ディレクトリに表示されるには時間がかかる場合があります。ただし、それらに直接リンク経由でアクセスすることはできます。



ステップ 4: 移行後

移行のタイプによっては、移行の完了後に実行が必要な操作があります。 

ユーザーとグループ

ユーザーとグループが正しくセットアップされていることを確認するには、次の手順を実行します。

  • [インポートしたグループを確認] に移動して、グループのメンバーを確認し、権限を承認します。
  • 必要に応じて、汎用グループにユーザーを追加します。汎用グループの例: "site-admins"、"system-administrators"、"atlassian-addons"、"atlassian-addons-admin"
  • 外部のユーザー管理システムを使用している場合は、ユーザーが正しく同期されていることを確認します。 
  • 準備が整ったら、リマインダー メールの送信機能を使用してユーザーを招待します。ユーザーが初めてログインすると、新しいパスワードを設定し、個人情報を追加するように求めるメッセージが表示されます。 

スペース

スペースの移行が正常に完了したことを確認するには、次の手順を実行します。

  • コンテンツとスペースを確認するか、ユーザーに自身のコンテンツを確認してもらいます。 
  • Former User のインスタンスがあるかどうかを確認します。これは、コンテンツをユーザーに関連付けることができなかったことを意味します。 

その後、必要なアプリをインストールして、ユーザーのオンボーディングを実行できます。 

移行後の推奨事項の完全な一覧については、「Confluence 移行計画ガイド」を参照してください。


詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。Confluence の移行計画の詳細情報や FAQ については、Atlassian Cloud 移行センターを参照してください。

ストラテジー、ベスト プラクティス、または計画の疑問について支援が必要な場合、アトラシアンの移行計画のスペシャリストが Jira Server から Jira Cloud への移行計画をサポートします。 

技術的な質問がある場合や、問題が発生している場合は、テクニカル サポート チームにお問い合わせください。

また、アトラシアン コミュニティもご利用ください。

フィードバックを送信する

皆様からお寄せいただくフィードバックは製品を改善するうえで非常に重要です。Atlassian Marketplace の Cloud Migration Assistant for Confluence についてレビューを作成し、ご意見やご感想をお寄せいただきますよう、ご協力をお願い申し上げます。 

最終更新日: 2018 年 12 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.