サーバーのハードウェア要件ガイド

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

サーバー管理者向けに提供されるこのガイドは、Confluence 無料トライアル期間を活用してサーバーのハードウェア要件を見積もるためのものです。サーバーに対する負荷は予測困難であり、プロダクション時の Confluence ハードウェア要件を評価するためには実際にテストを行うことが最良の方法です。

ピークビジター数は、Confluence へのアクセスやページの更新を同時にリクエストするブラウザーの最大数を意味します。ビジターは最初にページリクエストを発行してから接続が終了するまでビジター数にカウントされ、外部からのアクセスが許可されている場合はログインしてい るユーザーに加えてインターネット経由のビジターもその数に含まれます。ストレージ要件は、Confluence 内に保存するページ数や添付ファイル数に依存します。

エンタープライズ規模の Confluence サイト

これらの推奨事項は小規模または中規模の Confluence サイト向けに作成されています。大規模または超大規模のサイト向けのガイダンスについては、当社の「エンタープライズ規模でのインフラストラクチャの推奨事項」をお読みください。

サイトの規模の判別に役立てていただけるように、ロード プロファイルも作成しました。


ハードウェアの最小要件

Confluence を単独で実行する際に必要となるハードウェア最小要件を以下の通りです。例えば Confluence のアロケーションに必要な最小ヒープサイズは 1 GB で、Synchrony 用に 1 GB です(共同編集に必要)。この他に、オペレーティング システムやサーバー上で実行する他のアプリケーションがあればそれらを稼動させるための最低限のハードウェアも追加する必要が あります。

(info)小規模インスタンスでは、サーバーの負荷は主にピークのビジター数で決まるため、最小システム要件を判断するのは困難です。以下の数字は、Confluence を実行する際の絶対的な最小要件の目安です。これ以上の規模のハードウェアが必要となる可能性があります。

ハードウェアの最小推奨要件は以下のとおりです。

  • CPU: クアッド コア 2GHz 以上の CPU
  • RAM:6GB
  • データベースの最小空き領域:10GB

注意:一部のお客様は、SPARC ベースのハードウェアで Confluence を実行されている場合がありますが、弊社が正式にサポート対象としているのは x86 ハードウェア、および x86 ハードウェアの 64-bit 版派生物で実行されている Confluence のみである点をご了承ください。なお、例えばアマゾン ウェブサービスの micro.t1 インスタンスのような、制約の多い共同利用環境においては、Confluence は十分に性能を発揮することができません。必要な処理能力やメモリー容量を(特に高い処理能力が必要な起動時に)サーバーに対して持続的に割り当てることが可能なホストプラットフォームを選択するようにしてください。

ハードウェア仕様の実例

Confluence インスタンスが非クラスタの場合のハードウェア仕様の実例は以下の通りです。RAM 容量がサーバーのサーバー全体の容量であるか、 JVM に割り当てられた容量であるかは不明です。情報が入手できなかった部分に関しては空欄になっています。

アカウント数

スペース

ページ

CPU コア数

CPU 動作周波数 (GHz)

RAM (MB)

注意

150

30

1,000

1

2.6

1,024


350

100

15,000

2

2.8

1,536


5,000

500


4

3

2,048


10,000

350

16,000

2

3.8

2,048


10,000

60

3,500

2

3.6

4,096


21,000

950


2

3.6

4,096


85,000

100

12,500

4

2.6

4,096

合計 3 マシン: アプリケーションサーバー、データベースサーバー、Apache HTTPD + LDAP トンネルサーバー。

サーバー負荷とスケーラビリティー

Confluence に必要なサーバーハードウェア構成を計画する際には、ピークビジター数やエディター/ビューアー比、トータルのコンテンツ規模の3つの要素に基づいてサーバーのスケーラビリティーを見積もっておく必要があります。

  • エディター/ビューアー比とは、コンテンツに書き込みを行うビジター数の、コンテンツの閲覧のみを行うビジター数に対する比です。
  • トータルのコンテンツ規模を見積もるためにはトータルのスペース数を用いるのが最も妥当な方法です。

Confluence はビジター数が安定している場合にはスケーリングに十分対応できますが、ビジターがあらかじめ定めたピークビジター数に達した場合、エディター数やスペース数が非常に少ない場合などはスケーリングが難しくなります。また、ユーザーは次の点に留意する必要があります:

大規模な実使用例

以下、アトラシアンがお客様から報告を受けている、実使用時または性能テスト時のパラメーター最大値です。この値を超える場合は、 クラスタリング、データベースチューニング、またはその他のパフォーマンスチューニングの実施を推奨します。

最大スペース数

1700

最大内部ユーザー数

15,000

最大 LDAP ユーザー数

100,000

最大ページ数

80,000

ハードディスク要件

すべてのページ コンテンツはデータベースに保存されますが、添付ファイルはファイル システムに保存される場合があります。添付ファイルが多いほど多くのディスク領域が必要となります。


プライベートインスタンスとパブリックインスタンスの比較

プライベートインスタンスでは、ユーザーは内部のみでまたは LDAP などのリポジトリを使用して管理しますが、オンラインインスタンスでは外部からのサインアップが許可されており、さらにインターネットからの匿名ビジターによる負荷にも対応しなければなりません。なお、以下は実使用例を示したものであり、推奨値ではないことにご留意ください:

ユースケース

スペース

ユーザー
アカウント数

エディター数

エディター/
ビューアー比

ページ

ページ修正回数

添付ファイル

コメント

トータルデータ
サイズ (GB)

注意

オンライン ドキュメンテーション

140

11,500

1,000

9%

8,800

65,000

7,300

11,500

10.4


プライベート イントラネット

130

180

140

78%

8,000

84,000

3,800

500

4.5


全社規模のコラボレーション

100

85,000

1,000+

1%+

12,500

120,000

15,000




高度なサポート

大規模システムの場合は、ハードウェアの規模、テスト、パフォーマンスチューニング等の専門知識を有する Atlassian ソリューションパートナーにご相談ください。

サンプル サイト

以下は、大規模なドキュメント サイトの 2013 年 4 月時点でのディスク使用状況の詳細です:

データベースサイズ

2827 MB

ホームディレクトリサイズ

メモリーの平均使用量

メモリーの平均使用量 1.9 GB
メモリーの平均使用量

データ

該当するテーブル

行数

サイズ

添付ファイル メタデータ

attachments

193903

60 MB

コンテンツおよびユーザーのプロパティ

os_propertyentry (?)

639737

255 MB

コンテンツ本体 (ブログ、ページ、コメントのバージョン履歴をすべて含む)

bodycontent

517520

1354 MB

コンテンツメタデータ (タイトル、作成者など)

content

623155

459 MB

Labels

label (5982, 1264 kB),
content_label (134151, 46 MB)

140133

47.2 MB

Users

users

38766

6200 kB

注意: すべてのデータベーステーブルとインデックスを示したものではありません。平均行数はインスタンスに依存します。

ホームディレクトリコンポーネントのサイズ

データ

ファイル

サイズ

添付ファイル (すべてのバージョン履歴を含む)

207659

105 GB

Did-you-mean インデックスサーチ

10

14 MB

オフィスコネクターのキャッシュ

3506

456 MB

プラグインファイル

1851

669 MB

検索インデックス

448

3.9 GB

一時ファイル

14232

5 GB

サムネール

86516

1.7 GB

使用状況インデックス (現在機能停止中)

239

2.6 GB

注意: すべてのファイルを示したものではありません。平均ファイルサイズはインスタンスに依存します。

最終更新日 2019 年 5 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.