コンテンツを Word、PDF、HTML、XML にエクスポートする

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Confluence スペースの全体または一部分を、Microsoft Word、HTML、PDF、XML などのさまざまなフォーマットにエクスポートできます。

スペースのエクスポート機能を使用するには、"スペースのエクスポート" 権限が必要です。説明については「スペース権限」を参照してください。

1 つのページを PDF にエクスポートする

Confluence へのアクセス権限を持たない人物にコンテンツを送信する必要がある場合、1 つのページやブログ投稿を PDF にエクスポートできます。 

Confluence ページの閲覧権限がある場合は、次の方法でエクスポートできます。該当のページに移動し、(ツール) > [PDF へエクスポート] を選択します。

公開されたコンテンツのみをエクスポートできます。つまり、他の人物がページ上で作業している間でも PDF エクスポートを作成できます。 

1 つのページを PDF にエクスポートする際、PDF スタイルシートのカスタマイズは適用されますが、PDF のレイアウトのカスタマイズは適用されません。PDF にエクスポートされる 1 ページに PDF のレイアウトのカスタマイズを適用するには、以降の複数ページ用の方法を使用してその 1 ページをエクスポートする必要があります。「PDF へのエクスポートをカスタマイズする」を参照してください。

1 つのページを Word にエクスポートする

1 つのページを Microsoft Word で開ける .doc ファイルにエクスポートすることもできます。

Confluence ページの閲覧権限がある場合は、次の方法でエクスポートできます。該当のページに移動し、[ツール] > [Word へエクスポート] を選択します。

公開されたコンテンツのみをエクスポートできます。つまり、他の人物がページで作業している間でも Word エクスポートを作成できます。また、エクスポートには最初の 50 件の添付画像のみが含まれます。詳細については、下記の情報を参照してください。 

このファイル形式のため、このファイルは Microsoft Wordでのみ開くことができ、Open Office、Libre Office、Google Docs などの他のアプリケーションとの互換性はありません。 

複数のページを HTML、XML、PDF にエクスポートする

スペースまたはスペース中で選択した複数のページを HTML、XML または PDFにエクスポートする場合、Confluence は HTML または XML ファイルの複数の ZIP アーカイブか、ダウンロード可能な 1 つの PDF ファイルを作成します。

PDF エクスポートは、印刷可能なユーザー マニュアルをドキュメント スペースから作成する場合などに便利です。HTML エクスポートはサイトのコンテンツを静的な Web サイトに変換するために使用できます。XML エクスポートはスペースのコンテンツを (同じまたは以降のバージョンの Confluence を実行している) 別の Confluence スペースにインポートするために使用できます。 

ページを HTML、XML、PDF にエクスポートする方法

  1. スペースに移動して、サイドバーの下部から、[スペース ツール] > [コンテンツ ツール] を選択します。
  2. [エクスポート] を選択します。
  3. HTMLXML または PDF を選択し、[次へ] を選択します。
  4. HTML または PDF の場合は通常またはカスタム エクスポートを、XML の場合はフルまたはカスタム エクスポートを選択します。
    • 通常のエクスポート(HTML および PDF) - 閲覧権限のあるすべてのページを含む HTML ファイルを作成します。
    • フルエクスポート (XML) - 閲覧権限のないページも含め、スペースのすべてのページを含む XML ファイルを作成します。
    • カスタム エクスポート - 選択したページのみをエクスポートしたい場合、あるいはコメントをエクスポートから除外したい場合に利用します。
  5. [エクスポート] を選択します。

エクスポートの処理が終了したら、ZIP アーカイブまたは PDF をダウンロードできます。

エクスポートに含まれるもの

次のコンテンツがスペース エクスポートに含まれます。

エクスポートタイプページブログコメント添付ファイル未公開の変更
HTMLはいいいえ任意はいいいえ
PDFはいいいえいいえ画像のみいいえ
XMLはいはい任意はいはい

PDF エクスポートの表示をカスタマイズする

出力する PDF に、タイトル ページ、目次、カスタマイズしたヘッダーとフッターを追加できます。高度なカスタマイズとして、カスケーディング スタイルシート (CSS) の変更を適用できます。これらのカスタマイズは各スペースに固有であるため、適用するには "スペース管理者" 権限が必要です。詳細は、「PDF へのエクスポートをカスタマイズする」を参照してください。

PDF エクスポートについての注意

  • 多言語テキストを含む PDF のエクスポートについては、「別の言語での PDF の作成」を参照してください。
  • Confluence の PDF エクスポート機能はさまざまなコンテンツを処理できるよう設定されていますが、稀に、カスタマイズを認識できずに PDF のエクスポートに失敗することがあります。失敗した場合、PDF エクスポート画面に問題が発生したページのタイトルが表示されます。失敗の原因を診断する参考にしてください。
  • ページの幅を超えた表 (特に画像が含まれているもの) は、PDF で切れて表示されることがあります。推奨される回避策については、「幅の広いテーブルが PDF エクスポートで切り捨てられる」を参照してください。

Word のエクスポートについての注意

  • ページに添付されている最初の 50 枚の画像のみが Word ドキュメントにエクスポートされます。これにより、Confluence サイト全体に影響するメモリ不足エラーの発生を防ぎます。詳細や、システム プロパティを使用してこの制限を一時的に増やす方法について、CONFSERVER-34211 - 課題詳細を取得中... ステータス をご参照ください。 

HTML エクスポートについての注意

  • zip ファイルでは、ページの添付ファイルは以下の形式の名前を持つ個別のフォルダに振り分けられます。
    ...\download\attachments\xxxxxx
    ここでの 2xxxxxx''"は、添付ファイルを含むページのページ ID です。
  • HTML アウトプットをカスタマイズするには、confluence-x.y.z-jar/com/atlassian/confluence/pages/Page.htmlexport.vm ファイルを編集する必要があります。このファイルを再度パッケージ化する方法については、「Confluence JAR ファイル内のファイルの編集方法」を参照してください。

XML エクスポートついての注意

  • スペースは、同じまたは以降の Confluence バージョンにのみインポートできます。以前のバージョンにスペースをインポートすることはできません
  • Team Calendars は XML エクスポートには含まれません。 
  • バックアップの目的でエクスポートを行おうとしている場合は、他の方法によるバックアップも検討してください。「本番環境のバックアップ戦略」を参照してください。
  • Confluence を Apache HTTP サーバーの背後で実行しており、タイムアウト エラーが発生している場合は、Apache ではなく Tomcat から直接エクスポートを作成することを検討してください。これにより、処理速度が増して、タイムアウトを防止できます。
  • Confluence Server にスペースをインポートする際の制限に関する注意事項については、「スペースの復元」を参照してください。
最終更新日 2018 年 8 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.