共同編集のトラブルシューティング

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

共同編集は、リアルタイムでデータを同期する Synchrony によって動作しています。通常の状態では、管理者によって手動で管理する必要はありません。

このページは、お客様のインスタンスにおける Synchrony での問題のトラブルシューティングに役立ちます。 

最初のステップ

Synchrony が実行中かどうかを確認する

Synchrony が実行中かどうかを確認するには > [一般設定 > [共同編集] に移動します。 

注: Confluence Data Center を実行中の場合は、このページで、現在の Confluence ノードがお使いの Synchrony クラスターに接続されているかどうかがわかります。Synchrony クラスターの監視をサポートするため、サードパーティ製監視ツールを使用する場合があります。  

ページを編集できることを確認する

ページの編集中にエラーが表示されるけれど Synchrony が実行中である場合、何らかの原因でブラウザーを Synchrony に接続できない可能性があります。 

最も一般的な問題は、リバース プロキシの設定ミスです。このページで後述されているプロキシのトラブルシューティングのヒントを参照するか、「共同編集の管理」へ移動して、使用可能なプロキシと SSL の構成についての詳細をご覧ください。  

このページの内容:

関連ページ:

ログの確認

You can find the Confluence application logs at <home-directory>/logs/atlassian-confluence.log and Synchrony specific logs at   <home-directory>/logs/atlassian-synchrony.log.

Synchrony の再起動

 > [一般設定] > [共同編集] へ移動し、[Synchrony の再起動] を選択します。  

ポート 8091 が利用可能か確認する

Synchrony は、既定でポート 8091 で実行されます。このポートがサーバー上の別のアプリケーションによってすでに使用されている場合は、synchrony.port システム プロパティを使用して、利用可能なポートを変更します。  

(Confluence 6.0.3 以前を使用している場合、synchrony.port の代わりに reza.port を使用する必要があります)

これの変更方法の詳細は、「システム プロパティの設定」を参照してください。 

Confluence Data Center の場合、Synchrony の実行方法は異なります。詳細は、「Data Center 用の Synchrony の設定」を参照してください。

リバース プロキシの問題

リバース プロキシを既に設定しているにも関わらず、ページが編集できない場合は、設定で以下を確認してください:

  • Go to installation-directory>/conf/server.xml and check the Connector directive. Make sure that you have correct values for <protocol> and <proxyName>. See the examples in the guides below for more information.  
  • SSL を設定していたり AJP コネクタを使用していたりする場合も、http コネクタは常に <installation-directory>/conf/server.xml ファイル内に存在する必要があります。Synchrony ヘルス チェックは HTTP を使用し、このコネクタが存在しない場合は失敗します。http コネクタを含めたくない場合は、synchrony.proxy.healthcheck.disabled システム プロパティを使用してヘルス チェックを無効化することができます。 
  • Apache を使用している場合、Apache 2.4 (WebSockets 対応) を使用しており、すべての必要なモジュールが有効化されている (mod-proxymod_rewriteproxy_wstunnel) ことを確認します。
  • Apache を使用していて Synchrony に直接接続したい場合は、プロキシ構成ファイルで、/synchrony が含まれており、Confluence および Synchrony ディレクティブと location ブロックの順序が適切であることを確認します。詳細については、上記のガイドの例を参照してください。 

共同編集の管理を参照し、使用可能なプロキシや SSL 構成についての詳細を確認します。その後、Synchrony に直接接続する場合は、次のガイドで、お使いのリバース プロキシ設定に Synchrony を含める方法の詳細を確認してください。

フォワード プロキシの問題

フォワード またはアウトバウンド プロキシを使用している場合は、Synchrony がリスンする IP を config に追加し、バイパスされるようにする必要があります。詳細は、「Confluence 用に Web プロキシサポートを設定する」を参照してください。

既定では、IP は 127.0.0.1 または synchrony.host システム プロパティの値になります (Confluence が Synchrony への接続に使用するホスト名または IP をカスタマイズした場合)。 

Websocket の問題

共同編集は、 WebSocketの接続に最適稼働します。 タイムアウトが原因で接続できない場合、またはのWebSocket接続を許可しないプロキシサーバーまたはファイアウォールに確立できない場合は、エディタは、XML HTTPリクエスト(XHR)を介して接続しようとします。

また、http://websocket.org/echo.html を使用して、エコー サーバーに対する簡易 HTML 5 WebSocket テストを実行することもできます。

SSL の課題

Synchrony では、ダイレクト HTTPS 接続を使用できません。そのため、リバース プロキシまたはロード バランサ (リバース プロキシを使用していない場合は Tomcat) で SSL を終了する必要があります。

メモリの問題

Synchrony に関連してメモリ不足エラーが発生した場合は、synchrony.memory.max システム プロパティを使用して、Synchrony に割り当てられているヒープ サイズを変更できます。

Confluence 6.0.3 以前を使用している場合は、synchrony.memory.max の代わりに reza.memory.max を使用する必要があります。

これの変更方法の詳細は、「システム プロパティの設定」を参照してください。  

Confluence Data Center の場合、Synchrony の実行方法は異なります。詳細は、「Data Center 用の Synchrony の設定」を参照してください。

複数の Synchrony プロセス

エディターに直ちにエラーが表示されないのに、Confluence reports that Synchrony が実行中であることを報告する場合は、実行中の Synchrony プロセスが 1 つのみであることを確認してください。 

複数の Synchrony プロセスを実行中の場合は、Confluence を停止し、追加 Synchrony プロセスを終了してから、Confluence を再起動してください。

Confluence の終了時に Tomcat ウィンドウを使用するのではなく stop-confluence.sh / stop-confluence.bat を使用することで、この問題を回避できます。 

ブラウザー拡張子の互換性がない 

エディターと相互作用する一部のサードパーティ製ブラウザー拡張子 (Grammarly など) は、共同編集が正常に機能しない場合があります。Confluence サイトでのみ Grammarly を無効にする方法については、「Confluence 共同編集により Grammarly 拡張子がブロックされる」を参照してください。

ファイアウォールまたはウイルス対策の干渉

ファイアウォールまたはウイルス対策ソフトウェアによって、サーバーへの一部のリクエストがブロックされ、エディターで予期せぬ動作が発生するという報告をいくつか受けています。問題が発生した場合は、Confluence をホワイトリスト/信頼済み URL に追加する必要が出る場合があります。詳細は、Kaspersky インターネット セキュリティでの異常なページまたはエディターの動作を参照してください。

エディターを使用中のユーザーが多すぎる

同時に編集可能なユーザーの最大数は設定されていませんが、同時に同じページを編集するユーザーが 12 人を超えないようにすることをお勧めします。必要に応じて、将来のリリースでエディター内に入ることができるユーザー数の制限を実施する可能性があります。

最終更新日 2018 年 6 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.