Windows での JAVA_HOME 変数の設定

Confluence 用に Java をインストール

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

After you've installed Java in Windows, you must set the  JAVA_HOME  environment variable to point to the Java installation directory.

これは、Confluence を Windows サーバーに手動でインストールする場合にのみ関連する情報です。インストーラーを使用している場合、この操作を行う必要はありません

If you installed the Java Development Kit (JDK) you'll be setting the JAVA_HOME environment variable. If you installed the Java Runtime Environment (JRE) you will follow the same steps but set the JRE_HOME environment variable instead. 

JAVA_HOME 変数を設定する

JAVA_HOME 変数を設定するには:

  1. インストール ディレクトリを見つけます。

    tip/resting Created with Sketch.

    インストール中にパスを変更していない場合は、C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_65 のようになります。

  2. 次のいずれかを実行します。
    Windows 7 マイコンピューター を右クリックして プロパティ > 詳細
    Windows 8コントロール パネル > システム > システムの詳細設定
    Windows 10 環境変数 を検索してから、システム環境変数の編集
  3. 環境変数 ボタンをクリックします。
  4. システム環境変数 領域で、新規 をクリックします。
  5. 変数名フィールドに、以下のいずれかを入力します。
    • JAVA_HOME (JDK (Java 開発キット) をインストールしている場合)
      または
    • JRE_HOME: JRE (Java Runtime Environment) がインストールされている場合 
  6. 変数値フィールドで、JDK や JRE のインストール パスを入力します

    tip/resting Created with Sketch.

    パスにスペースが含まれる場合は、短縮したパス名を使用します。例: C:\Progra~1\Java\jdk1.8.0_65


     

    64 ビットシステムの Windows ユーザー向け注記

    Progra~1 = 'Program Files'
    Progra~2 = 'Program Files(x86)'

  7. プロンプトが表示されたら [OK] および [変更を適用] をクリックします

アクティブなコマンド プロンプトから環境変数を再ロードすることはできないため、これらの変更を加える前に開いていたコマンド ウィンドウを閉じてから再度開く必要があります。コマンド プロンプトを一旦閉じ、再度開いても、変更が反映されない場合は、Windows を再起動してください。

コマンドライン経由で JAVA_HOME を設定します。

コマンド ライン経由で JAVA_HOME (or JRE_HOME) 変数を設定する場合:

  1. コマンド プロンプトを開きます (システム環境変数を追加できるよう、管理者として実行するようにしてください)。
  2. 次のように、環境変数の値を JDK (または JRE) インストール パスに設定します。

    setx -m JAVA_HOME "C:\Progra~1\Java\jdk1.8.0_XX"

    パスにスペースが含まれる場合は、短いパス名を使用してください。

  3. コマンド プロンプトを再起動して環境変数を再ロードしてから、次のコマンドを使用して正しく追加されていることを確認します。 

    echo %JAVA_HOME%

    JDK (または JRE) インストールへのパスが表示されるはずです。 

最終更新日 2018 年 6 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.