Cloud Migration Assistant for Confluence

Confluence Server から Cloud への移行

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

description Step-by-step instructions on how to use the Cloud Migration Assistant for Confluence to move your data from Confluence Server or Data Centre to Confluence Cloud.

Cloud Migration Assistant for Confluence は、 Confluence Server または Data Center から Confluence Cloud への、コンテンツ、ユーザー、およびグループの簡単な移動を支援するアプリです。このアプリの構築と保守はアトラシアンが行なっています。アプリは無料でインストールおよび使用できます。

インストール後、Cloud への移動対象を選択し、好きなタイミングで移行を開始できます。移行プロセスの間は、すべての項目の進捗状況を監視できます。

Cloud Migration Assistant for Confluence を使用するタイミング

  • Confluence Server または Data Center のデータを新しいクラウド サイトまたは既存のクラウド サイトに移行したいとき。

  • Confluence Server または Data Center のユーザーを既存の Confluence Cloud サイトに移動したいとき。

  • Confluence Server または Data Center から Confluence Cloud へのテスト移行を行いたいとき。

  • アトラシアン サポート チームからアプリの使用を推奨されたとき。

Cloud Migration Assistant for Confluence を Jira 製品で使用することはできません。

移行の前に

クラウド移行センターで、移行に先立って必要な情報をご確認ください。アトラシアンの便利なガイドを使用して移行計画全体を作成することもできます。


移行前のチェックリスト

クラウド サイトでのデータの競合の確認

サーバーとクラウド サイトでいくつかの手動チェックを実行することで、問題の発生や移行の失敗のリスクを軽減できます。

1. グループの競合の確認

クラウド サイト内に、サーバー サイトと同じ名前のグループが存在していないことを確認します (意図的に統合しようとしている場合を除く)。

クラウド サイト (Jira または Confluence) のグループと同じ名前を持つグループがサーバー サイト内に見つかった場合、ユーザーはサーバーのグループからクラウドのグループに統合されます。サーバー グループはクラウド グループの権限を継承します。これは、移行しようとしている Confluence グループと同じ名前の、Jira 製品アクセスを持つグループにも適用されます。これは、クラウド サイトではすべてのユーザーとグループが一元管理されるためです。

これを防ぐ場合、移行計画を実行する前に、サーバーとクラウドのすべてのグループの名前が一意であることを確認する必要があります。 


tip/resting Created with Sketch.

一部のグループは管理者アクセスを管理しているため、ブラックリストに登録されています。"site-admins"、"system-administrators"、"atlassian-addons"、"atlassian-addons-admin" グループは一切移行されません。これらのグループのユーザーは引き続き移行されます。ブラックリストの対象グループのいずれかにユーザーを含めたい場合、移行後に手動で追加する必要があります。

2. スペース キーの競合の確認

移行前に、サーバーとクラウド サイトとの間に同じスペース キーを持つスペースがないことを確認します。

サーバー サイトのスペースがクラウド サイトのスペースと同じスペース キーを持っていた場合、移行は失敗します。これは、Confluence Cloud 内の各スペースに、一意のスペース キーが必要であるためです。競合が見つかった場合、次の操作を行うことができます。

Migration Assistant が競合を検出した場合、そのスペースは移行されません。

スペース キーの競合が過去のテスト移行によって発生している場合、移行前にクラウド サイトをリセットできます。


Cloud Migration Assistant for Confluence アプリのインストール

Confluence Server サイトがバージョン 6.13 以降だった場合、 アプリは事前にインストールされているため、別途インストールする必要はありません。ただし、アプリの更新を求められることがあります。サーバー サイトで Migration Assistant を確認するには、次のステップを参照してください。


バージョン 5.10 ~ 6.12 でアプリをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. Confluence Server で、 > [アプリケーション管理] に進みます。
  2. [新しいアドオンを検索] を選択します。 
  3. Cloud Migration Assistant for Confluence アプリを検索します。 
  4. [インストール] を選択したら完了です。

Confluence Server サイトがファイアウォールの内側にある場合、ドメインatlassian.com へのアクセスを許可する必要があります。

アプリを使用して移行をセットアップおよび開始する

アプリをインストールしたら、次の 5 つのステップで Server または Data Center から Cloud への移行をセットアップおよび実行します。

  1. クラウドに接続

  2. 移行対象を選択

  3. エラーの有無の確認

  4. 移行の確認

  5. 移行

以降のセクションでは各ステップを詳細に説明するとともに、発生する可能性がある一般的なエラーについて解説します。Migration Assistant の使用中に質問や問題があった場合、アトラシアンのテクニカル サポート チームお問い合わせください。

テスト移行を実行する

テストまたはステージング サイトへのテスト移行を行ってから最終移行を行うことを強く推奨します。移行テストのガイダンスをご参照ください。

1. 移行先の Confluence Cloud サイトに接続する

移行に名前を設定し、移行先のクラウド サイトを選択することを求められます。サーバー サイトと宛先のクラウド サイトの両方で管理者である必要があります。

すでにクラウド サイトに接続済みの場合、ドロップダウンでそれを確認できます。何も表示されない場合、新しいクラウド サイトに接続するか、新しいクラウド ライセンスにサインアップする必要があります。

準備が整ったら、サーバー サイトからクラウド サイトへのデータの転送をアトラシアンに許可するチェックボックスを選択します。このアクセスをアトラシアンに許可できない場合、Migration Assistant を使用した移行は行えず、代わりにスペース インポートを実行する必要があります。

2. 移行対象を選択する

すべてをまとめて移行することも、別の段階に分割することもできます。

選択肢は次のとおりです。

  • すべてのユーザーおよびグループを移行する、またはいずれも移行しない

  • 移行する個別のスペース (およびそれらの添付ファイル)

ユーザーとグループ

ユーザーをすべて移行するか、まったく移行しないことを選択できます。

すべてのユーザーを移行した場合、それらのユーザーはクラウドで該当するグループに追加されます。ユーザーを初めて移行した場合、移行後にグループ権限を確認および承認する必要があります。グループ権限を承認すると、ユーザーには Confluence へのアクセス権が与えられ、ユーザーは請求対象に含められます。

ユーザーへの招待は送信されません。ユーザーを招待するには、移行後に管理スペースから招待を送信するか、自身でログインできるよう、当該ユーザーにリンクを送信します。

ユーザーを選択しない場合

ユーザーとグループで [none] を選択しても、移行しているスペースに関連付けられている一部のユーザー データは引き続き移行されます。これは、メンション、コメント、およびページ履歴をアクティブな状態に保つためです。

必ず移行されるユーザー データには、次の情報が含まれます。

  • 氏名

  • ユーザー名 (移行後に破棄)

  • メール アドレス

移行するスペースに直接関連付けられているユーザーの情報のみが移行されます。これらのユーザーに製品アクセスが付与されたり、これらのユーザーがグループに追加されたりすることはありません。これらのユーザーはクラウド サイトのユーザー一覧に表示されます。

ユーザーをあとから移行することを選択した場合、それらのユーザーの製品およびグループ アクセスはあとで更新されます。

ユーザーおよびグループの移行時には、次の点にもご注意ください。

  • Confluence Cloud はサブスクリプションベースで、ユーザー単位で請求が行われます。ユーザーの移行を予定している場合、ライセンス オプションを確認するか、価格シミュレーターを使用してコストを計算しておくことをおすすめします。

  • 外部のユーザー管理システムを使用している場合、移行前にローカル ユーザー ディレクトリと同期させることをおすすめします。これは、データを転送する前にユーザーやグループが最新であることを確認するためです。

  • サーバー サイトの無効ステータスのユーザーは、アクティブだが製品アクセスを持たないユーザーとして移行されます。つまり、請求時にはアクティブな Confluence ユーザーとしては計上されません

  • クラウド サイトのグループと同じ名前を持つグループがサーバー サイト内に見つかった場合、そのユーザーはサーバーのグループからクラウドのグループに統合されます。

  • グローバル設定とグローバル サイト権限はこのツールでは移行されません。これらは移行後に手動で設定する必要があります。

  • 宛先クラウド サイトにすでにユーザーが存在していて、このアプリでユーザーを移行することを選択した場合、次のようになります。

    • ユーザーがクラウド製品アクセスを持ち、サーバー サイト内でステータスが無効化されている場合、移行後もクラウド内で製品アクセスを持ちます。

    • ユーザーがクラウドで製品アクセスを持っていないが、サーバー サイト内で有効化されている場合、移行プロセスを通じて製品アクセスが付与されます。

Confluence を Jira Service Desk のナレッジベースとして使用している場合、Jira Service Desk ユーザーが Confluence ユーザーとともに移行される可能性があります。これは、Confluence の cwd_user テーブルに Jira Service Desk ユーザーが含まれている場合に発生します。

スペース

スペースのすべてまたは一部を移行したい場合、オプションの [Select spaces] を選択します。移行するスペースを選択できます。スペースを移行しない場合、エラーの有無の確認に直接転送されます。

移行に含めたいスペースを選択します。一覧をフィルタリングすることも、特定のスペースを検索することもできます。すべてをまとめて移行したい場合、[Select all] をクリックします。宛先の Confluence Cloud サイトにすでに存在するスペース キーを持つスペースを移行することはできません。

スペースが MIGRATED ステータスの場合、対象のスペースは同じクラウド サイトにすでに移行されています。

スペースが QUEUED ステータスの場合、対象のスペースは実行待ちの移行にすでに追加されています。

多数のスペースや添付ファイルがある場合、または Data Center を使用している場合、小規模に分割した移行を行うことができます。Migration Assistant では、処理量が多い場合、読み込みやタスク処理の速度が低下する場合があります。

すべてのスペースを選択したら、[Add items to plan] を選択します。 

3. エラーを確認する

このステップでは、Cloud Migration Assistant for Confluence が移行を確認して一般的なエラーを見つけます。次の内容が確認されます。

  • Migration Assistant アプリが最新かどうか

  • ユーザーに有効で一意のメール アドレスが紐付けられているかどうか

  • 移行プロセスでのグループの統合

  • クラウド サイトにすでに存在するスペース

このステップでは上述の問題のみが確認されます。移行プロセスではほかの問題が発生する可能性があります。

緑色のチェック マーク (tick) が表示された場合、チェックは完了しています。警告サイン (warning) が表示された場合、続行できますが、潜在的な問題がある点を確認しておく必要があります。

赤いエラー (error) が表示された場合、移行を実行する前にエラーを解決する必要があります。

[Continue and fix later] を選択した場合、移行を保存し、あとから再開してエラーを確認できます。

アプリのアップグレード

Migration Assistant が古くなっている可能性があります。このエラーが表示されたら、移行を実行する前にアプリを更新する必要があります。

ユーザーとグループのエラー

すべてのユーザーが有効で一意なメール アドレスを持っている必要があります。無効なメール アドレスや、複数のユーザーが同じメール アドレスを使用していることが検出された場合、エラーが表示されます。移行を実行する前にこれらのメール アドレスを修正する必要があります。

すべてのユーザーを移行することを選択した場合、クラウド サイトに同じ名前のグループがないかどうかが確認されます。同じ名前のグループが見つかった場合、サーバー グループのユーザーが同じ名前のクラウド グループに統合されます。この問題は修正せずに続行できますが、権限昇格が行われていないことを確認することをおすすめします。

tip/resting Created with Sketch.

一部のグループは管理者アクセスを管理しているため、ブラックリストに登録されています。"site-admins"、"system-administrators"、"atlassian-addons"、"atlassian-addons-admin" グループは一切移行されません。これらのグループのユーザーは引き続き移行されます。ブラックリストの対象グループのいずれかにユーザーを含めたい場合、移行後に手動で追加する必要があります。

スペースのエラー

スペースを移行する場合、スペース キーの競合が確認されます。エラーが発生した場合、次のいずれかを行えます。

移行を実行するには、スペース キーのすべての競合を解決する必要があります。

4. 移行の確認

これは移行のセットアップの最終ステップです。

すべてが適切に指定されており、移行を開始して問題ない場合は、[Run] をクリックします。後で移行ダッシュボードから移行を開始する場合は、[Save] をクリックします。移行計画を実行するよう選択した場合も、移行計画は引き続き移行ダッシュボードに保存されます。ここで、移行の進捗状況と詳細を確認できます。

5. 移行の管理

保存した移行は移行ダッシュボードに一覧表示されます。ここで、移行の詳細を表示したり、移行を実行したりすることができます。移行のステータスおよび実行中の移行の進捗状況の確認、実行中の移行の停止、新しい移行の作成なども可能です。

移行はいくつでも作成できます。現時点では、移行を編集または削除することはできません 。不要な移行を作成した場合、新しい移行を作成します。

計画ステータスの定義

SAVED 移行が保存済みで、移行を実行できる状態です。

RUNNING 移行が現在進行中です。

FINISHED  移行のすべてのタスクが完了しています。

STOPPED 移行が手動で停止されました。停止された移行を再開することはできません。プランが完全に停止するには、進行中のすべてのプロセスが終了する必要があります。一部のユーザー、グループ、およびスペースがすでに Confluence Cloud サイトに移行されている場合があります。

FAILED 移行計画を完了できませんでした。原因として、移行先のサイトにスペース キーがすでに存在していることや、移行で予期せぬエラーが発生した可能性が考えられます。一部のユーザー、グループ、およびスペースがすでに Confluence Cloud サイトに移行されている場合があります。

移行後

スペースの移行後、それらがスペース ディレクトリに表示されるには時間がかかる場合があります。ただし、直接リンク経由でアクセスすることはできます。

移行のタイプによっては、移行の完了後に実行が必要な操作があります。

ユーザーとグループ

ユーザーとグループが正しくセットアップされていることを確認するには、次の手順を実行します。

  • [インポートしたグループを確認] に移動して、グループのメンバーを確認し、権限を承認します。

  • 必要に応じて、汎用グループにユーザーを追加します。汎用グループの例: "site-admins"、"system-administrators"、"atlassian-addons"、"atlassian-addons-admin"

  • 外部のユーザー管理システムを使用している場合は、ユーザーが正しく同期されていることを確認します。

  • 準備が整ったら、ユーザー ページの [招待の再送] リンクを使用してユーザーを招待します。ユーザーが初めてログインすると、新しいパスワードを設定し、個人情報を追加するように求めるメッセージが表示される場合があります。

スペース

スペースの移行が正常に完了したことを確認するには、次の手順を実行します。

  • コンテンツとスペースを確認するか、ユーザーに自身のコンテンツを確認してもらいます。

  • Former Userインスタンスがあるかどうかを確認します。これは、コンテンツをユーザーに関連付けることができなかったことを意味します。

  • [設定] > [アプリケーション リンク] に移動して、他のアトラシアン製品をリンクします。

  • Jira マクロ リペアを使用して、Jira への任意のリンクを更新します。クラウド サイトで [設定] > [Jira Macro Repair] に移動し、ステップに従います。

移行後、https://confluence.example.com/x/PywS などの Confluence の短縮リンクが動作しない可能性があります。これを回避するには、移行前にこれらを内部リンク (Confluence サイト内のページではない場合は完全な URL) に置き換えます。

その後、必要なアプリをインストールして、ユーザーのオンボーディングを実行できます。

移行後の推奨事項の完全な一覧については、「Confluence 移行計画ガイド」を参照してください。

詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。


フィードバックを送信する

皆様からお寄せいただくフィードバックは製品を改善するうえで非常に重要です。Atlassian Marketplace の Cloud Migration Assistant for Confluence についてレビューを作成し、ご意見やご感想をお寄せいただきますよう、ご協力をお願い申し上げます。

最終更新日 2019 年 6 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.