Data Center 検索インデックスの管理

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

検索インデックスの場所

Confluence インデックスの完全なコピーは各 Confluence ノードに個別に格納されます。ジャーナル サービスは同期で各インデックスを保持します。

Confluence Data Center は、共有ホーム ディレクトリに検索インデックスのスナップショットも保存します。このスナップショットは、災害復旧の際に便利です。これらのスナップショットは、既定では 1 日 1 回数実行する、Clean Journal Entries スケジュール ジョブの一部として作成されます。

インデックス復元

新しいノードを起動すると、Confluenceは、インデックスが最新のものかチェックします。そうでない場合、共有ホームディレクトリから、復元スナップショットを要求します。スナップショットを利用できない場合は、実行しているノード(マッチングビルド番号付き)からスナップショットを生成します。回復スナップショットがインデックス ディレクトリに展開さえると、Confluence はスナップショット プロセスを続行します。

スナップショットが生成されなかったり、時間内に受信されない場合、既存のインデックス ファイルは削除され、Confluenceはそのノードで再インデックスを実行します。インデックスが非常に大きい場合や、ファイル システムの速度が遅い場合、confluence.cluster.index.recovery.generation.timeout システム プロパティを使用して、Confluence がスナップショットを待機する時間を増やす必要がある場合があります。

インデックス復元はノードの起動時にのみ行われます。そのため、特定のクラスタ ノードのインデックスに問題が疑われる場合、ソノノードを再起動してインデックス復元をトリガーします。

検索インデックスの再構築

すべてのノードのインデックスに問題がある疑いがある場合は、1 つのノード上のインデックスのみを再構築してから、それを別のノードにコピーします。開始する前に、ローカル ホーム ディレクトリと、共有ホーム ディレクトリにバックアップを作成することをお勧めします。

この例では、ノード 1 でインデックスを再構築します。インデックスが再構築されている間、ロード バランサを使用してノード 1 からのトラフィックを軽減する場合があります。これにより、ユーザーが未完全のインデックスが付いた Confluence ノードをヒットするのを防ぎます。

  1. ノード 1 で Confluence を停止します。
  2. confluence.cluster.index.recovery.num.attempts プロパティを 0 に設定します。
    これにより、ノード 1 のインデックス リカバリが無効化され、このノードを再起動したときに残りのノードの不良インデックスのリカバリを試みることがなくなります。  
  3. ノード 1 の次のインデックス ディレクトリをバックアップしてから削除します。
    • <local-home>/index
    • <local-home>/journal
  4. 共有ホーム ディレクトリの次のインデックス ディレクトリをバックアップしてから削除します。
    • <shared-home>/index-snapshots
  5. ノード 1 で Confluence を起動します。Confluence は、インデックスの構築を自動的に開始します。 
  6. 再インデックスが完了したら、ノード 1 とノード 2 の両方で Confluence を停止します。
  7. ノード 2 の次のインデックス ディレクトリをバックアップしてから削除します。
    • <local-home>/index
    • <local-home>/journal
  8. <node1-local-home>/index ディレクトリをノード 2 ローカル ホームにコピーします。
  9. ノード 2 で Confluence を開始する。
  10. 残りの各ノードに対し、同様のプロセスを繰り返します。
    問題を回避するため、コピーの間、コピーとコピーの両方のノードを停止する必要があります。 
  11. 最後に、ノード 1 で Confluence を停止します。
  12. confluence.cluster.index.recovery.num.attempts システム プロパティを 1 に戻します。
    これにより、ノード 1 のインデックス リカバリを再度有効化します。

これで、すべてのノードがインデックスの再インデックスを実行しています。

最終更新日 2018 年 6 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.