自身の個人プロファイル

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プロファイルを使って自分自身を紹介しましょう。

ほかのユーザーが顔と名前を確認できるようにプロファイル写真をアップロードできます。また、ヘッダー写真をアップロード(画像にマウスを重ねる) してプロファイルをカスタマイズすることができます。

共同で作業しているユーザーの確認

プロファイルには、サイトで共同作業を行っている他の 8 人のユーザーの一覧が表示されます。この一覧は、互いにコラボレーションを行っている作業項目 (Jira チケットまたは Confluence ページ) の数で決定されます。コラボレーションを行う作業項目が多くなれば、この一覧でランクも上位になります。

アルゴリズムには、プロファイルを参照しているユーザーがアクセスできない可能性があるコンテンツも含まれます。たとえば、2 人のユーザーにのみ制限されている Confluence ページが 10 個あった場合、この 2 ユーザーは対象として計上されます。つまり、プロファイルを参照できるユーザーは、プロファイルのユーザーとこれら 2 人のユーザーとの関係を見ることができます。

プロファイルの管理

[アカウントを管理] をクリックすると、プロファイル情報、セキュリティ、およびプライバシー設定を編集したり、任意の Atlassian Cloud 製品へのリンクを確認したりできます。

一般

プロファイル情報を管理し、プロファイル写真をクリックして削除または変更できます。

メール

メール アドレスを変更し、メール設定を管理できます。

ご利用の Atlassian アカウントが企業または Google G Suite で管理されている場合、メール アドレスを変更するには、管理者に問い合わせるか、Google アカウント設定にアクセスする必要があります。

セキュリティ

パスワードを変更し、Atlassian アカウントにアクセスして 2 段階認証や API トークンを管理できます。 

ご利用の Atlassian アカウントが Google G Suite で管理されているか、ユーザーのログイン時に SAML シングル サインオンを使用している場合、パスワードを変更するには、Google アカウント設定にアクセスするか、管理者に問い合わせる必要があります。

プライバシー

アカウントのプライバシー レベルを選択して、プロファイル情報の公開範囲を制御します。

  • 自分のみ - プロファイル情報は他のユーザーに公開されません。

  • 全員 - プロファイル情報は、同じメール ドメインを使用するユーザーに公開されます。これが既定の設定です。

  • 公開 - プロファイル情報は、ユーザーをメールアドレスで招待したすべてのユーザーに公開されます。

ユーザーの氏名、ニックネーム、およびプロファイル画像は、ユーザーをメール アドレスでサイトに招待したユーザーに必ず公開されることにご注意ください。詳細は、Atlassian Cloud における「プライバシー制御の仕組み」を参照してください。

これらのプロファイルの公開設定は、Atlassian のピープル ディレクトリでのプロファイル表示でのみ適用されます。

現時点では、Jira、Confluence、Bitbucket、および Trello のプロファイルにはこれらの設定は適用されません。現在、これらの製品にもプライバシー制御機能を提供し、複数製品にわたってプロファイルを制御できるようにするために取り組んでいます。

製品

対象の Atlassian Cloud サイト (site-name.atlassian.net などのサイト URLに基づきます) でアクセス権を持つ製品を確認できます。製品をクリックすると、その製品内でのプロファイル (メール通知設定など) を変更できます。

接続されたアプリ

Atlassian アカウント情報やコンテンツへの OAuth 経由でのアクセスが許可されているサードパーティ製アプリを確認できます。各アプリについて、詳細を確認したり、アクセスを取り消したりすることができます。

最終更新日 2019 年 1 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.