Jira Cloud Migration Assistant を使用してサーバーからクラウドに移行する

descriptionStep-by-step instructions on how to use the Jira Cloud Migration Assistant to move your projects from Jira Server to Jira Cloud.

Jira Cloud Migration Assistant は、サーバー上の Jira Core または Software のプロジェクト、ユーザー、およびグループを簡単にクラウドに移動するために役立つアプリです。このアプリの構築と保守はアトラシアンが行なっています。アプリは無料でインストールおよび使用できます。

インストール後、クラウドへの移動対象を選択し、好きなタイミングで移行を開始できます。移行プロセスの間は、すべての項目の進捗状況を監視できます。

Jira Cloud Migration Assistant を 使用する タイミング

Jira Cloud Migration Assistant を使用して、必要なプロジェクトのみをサーバーからクラウドに移行できます。プロジェクトを新規または既存のクラウド サイトに移行できます。

利用を開始して Jira Server から Cloud への移行を計画するための、アトラシアンのリソースをご確認ください。その後、ご自身の環境に最適なタイミングでデータを移行できます。

Jira Cloud Migration Assistant では、Jira Service Desk プロジェクトまたは Confluence スペースを移行することはできません。Confluence スペースを移行するには Confluence Cloud Migration Assistant を使用します。

また、現時点では Jira Data Center で使用することもできません。ご利用のセットアップに最適な移行方法を選択するためのガイドをご確認ください。

Jira Cloud Migration Assistant について

Jira Cloud Migration Assistant を使用する移行は、Jira のサイト インポート機能の使用とは異なります。このツールを使用する前に、次の点をご確認ください。

  • データの上書きまたは削除は行いません。Jira Cloud Migration Assistant でデータを移行すると、それはクラウド サイトにすでに存在するデータに追加されます。サーバーまたはクラウド サイトからデータが削除されることはありません。

  • 一部のデータがリンクされます。複数回の移行を行う場合、重複を防ぐためにデータのリンクが試行されます。データのリンク方法についてご確認ください。 
  • Jira Core と Jira Software のデータのみ。最新のバージョンの Jira Cloud Migration Assistant では Jira Core または Software のプロジェクトを移行でき、ほとんどのフィールドがサポートされます。Jira Service Desk と一部のカスタム フィールドは、まだサポートされていません。移行対象のデータと対象外のデータの最新情報をご確認ください。

  • すべてのユーザーとグループを都度移行。移行を行うたびにすべてのユーザーとグループのコピーがクラウド サイトに送信されます。これは、課題やそれらのフィールドが適切に移行されるようにするためです。ユーザーがクラウド サイトにすでに存在する場合、再移行は行われません。Jira の製品アクセスを含めずにユーザーを移行するオプションを利用できます。これにより、請求対象にユーザーを追加することなくテストを実行できます。大量のユーザーを移行する場合の推奨事項をご確認ください。 

  • クラシック プロジェクトのみ。Jira Cloud の次世代プロジェクトへの移行はサポートされていません。 

Jira Cloud Migration Assistant を移行に使用するのを決定する前に、Jira Cloud Migration Assistant で移行可能なデータを確認することをおすすめします。 

はじめる前に

テストまたは本番環境の移行を試行する前に、移行前のチェックリストで Jira Cloud Migration Assistant 用のすべてのステップを完了していることをご確認ください。このチェックリストは、移行に向けて環境やデータを準備し、移行の失敗となる一般的な原因を回避するのにも役立ちます。

Jira Cloud Migration Assistant アプリのインストール

アプリを Jira バージョン 7.6 以降にインストールするには、次の手順を実行します。

  1. Jira Server で [設定] > [アプリの管理] の順に移動します。

  2. [新しいアプリを見つける] を選択して「Jira Cloud Migration Assistant」を検索します。

  3. [インストール] を選択したら完了です。

Atlassian Marketplace からインストールすることもできます。

インストールしたら、[設定] > [システム] > [インポートとエクスポート] カテゴリで [Migrate to cloud] を選択して、移行アシスタントにアクセスできます。

移行アシスタントが見つからない場合、Jira のサポート対象バージョンを利用しているかどうかをご確認ください。

ご利用の Jira Server サイトがファイアウォールの背後にある場合、ドメイン atlassian.com へのアクセスを許可する必要があります。

Assess your apps

[Assess your apps] オプションを選択して、現在サーバーにインストールされているアプリを確認することができます。その後、弊社のガイドを使用して、クラウドへの移行時に必要なアプリを特定できます。

サーバーで、アプリが管理しているデータにクリティカルなものがあった場合、そのデータを移行するにはアプリのベンダーに問い合わせる必要がある場合があります。

移行のセットアップと実行

アプリをインストールしたら、次の 5 つのステップでサーバーからクラウドへの移行をセットアップおよび実行します。

以降のセクションでは各ステップを詳細に説明するとともに、発生する可能性がある一般的なエラーについて解説します。移行アシスタントの使用中に質問や問題があった場合、アトラシアンのテクニカル サポート チームにお問い合わせください。

以降のセクションでは各ステップを詳細に説明するとともに、発生する可能性がある一般的なエラーについて解説します。移行アシスタントの使用中に質問や問題があった場合、アトラシアンのテクニカル サポート チームにお問い合わせください 。

1. 移行先の Jira Cloud サイトに接続する

まず、移行に名前を設定し、移行先のクラウド サイトを選択することを求められます。サーバー サイトと宛先のクラウド サイトの両方で管理者である必要があります。

すでにクラウド サイトに接続済みの場合、ドロップダウンでそれを確認できます。何も表示されない場合、新しいクラウド サイトに接続するか、トライアルにサインアップする必要があります。 

準備が整ったら、サーバー サイトからクラウド サイトへのデータの転送をアトラシアンに許可するチェックボックスを選択します。 このアクセスをアトラシアンに許可できない場合、移行アシスタントを使用した移行は行えず、 代わりに手動でのインポートを実行する必要があります。

ご利用の Jira Server サイトがファイアウォールの背後にある場合、ドメイン atlassian.com へのアクセスを許可する必要があります。また、他の Atlassian ドメインへのアクセスを許可する必要がある場合もあります。 



2. 移行対象を選択する

プロジェクト、ユーザーおよびグループ、またはユーザーとグループのみ (プロジェクト データを含めない) の移行を選択できます。移行対象を選択する前に、移行アシスタントでの移行対象のデータと移行対象外のデータをご確認ください。



次に、移行時にユーザーに Jira へのアクセスを付与するかどうかを指定する必要があります。ユーザーに Jira へのアクセスを付与することを選択した場合でも、移行アシスタントは招待メールを送信しません。Jira アクセスを付与することを選択した場合、ユーザーにはサーバーでのアクセス権と同じものが個々に付与されます。詳細についてはユーザーとグループについての以降のセクションをご確認ください。 


ユーザーとグループ

初回の以降時にすべてのユーザーとグループが移行されます。以降の移行では、クラウドの既存のユーザーにデータをリンクします。これには、Jira Core および Jira Software ユーザー、および Jira Service Desk エージェントが含まれます。すべてのユーザーの移行は、課題、フィールド、コメント、およびメンションが移行後もアクティブになるようにするために必要です。

削除済みのユーザーまたは非アクティブなディレクトリ

Jira データで参照されている任意の削除済みのユーザーや非アクティブなディレクトリのユーザーは、移行後に Former user と表示されます。これらのユーザーへの参照を移行する必要がある場合、移行前にそのユーザー (またはディレクトリ) を再有効化します。


ユーザーに Jira サーバーでの Jira アクセス権と同じものを付与するか、ユーザーに Jira アクセス権を付与しないかを選択できます。アクセス権を付与しないことを選択した場合、あとからクラウド サイトで手動でアクセスを付与できます。

初めて移行した場合、移行後にグループ権限を確認および承認する必要があります。グループ権限を承認すると、クラウド サイトの任意のアクティブ ユーザーが請求対象に追加されます。

ユーザーにアクセス権を付与することを移行時に選択した場合であっても、ユーザーへの招待は送信されません。ユーザーを招待するには、移行後に管理スペースから招待を送信するか、自身でログインできるよう、当該ユーザーにリンクを送信します。

ユーザーおよびグループの移行時には、次の点にもご注意ください。

  • Jira Cloud はサブスクリプションベースで、ユーザー単位で請求が行われます。ユーザーの移行を予定している場合、ライセンス オプションを確認するか、価格シミュレーターを使用してコストを計算しておくことをおすすめします。クラウド サブスクリプションでは、既定では月単位での請求が行われますが、必要に応じて年間プランを選択できます。 

  • クラウドで外部のアイデンティティ プロバイダーを使用することを予定している場合、ユーザーおよびグループの移行のガイドをご確認ください。 
  • 外部のユーザー管理システムを使用している場合、移行ローカル ユーザー ディレクトリと同期させることをおすすめします。これは、データを転送する前にユーザーやグループが最新であることを確認するためです。

  • サーバー サイトの無効ステータスのユーザーは、アクティブだが製品アクセスを持たないユーザーとして移行されます。つまり、請求時にはアクティブな Jira ユーザーとしては計上されませんクラウドでのユーザーの管理方法をご確認ください。

  • 移行アシスタントでのグループと権限の移行方法をご確認ください。 

  • グローバル設定とグローバル サイト権限はこのツールでは移行されません。これらは移行の前後に手動で設定する必要があります。

  • 宛先クラウド サイトにすでにユーザーが存在していて、この アプリ でユーザーを移行することを選択した場合、次のようになります。

    • ユーザーがクラウド製品アクセスを持ち、サーバー サイト内でステータスが無効化されている場合、移行後もクラウド内で製品アクセスを持ちます。

    • ユーザーがクラウドで製品アクセスを持っていないが、サーバー サイト内で有効化されていて製品アクセスを持っている場合、移行プロセスを通じて製品アクセスが付与されます。

プロジェクト

プロジェクトのすべてまたは一部を移行したい場合、オプションの [Select project] を選択します。移行するプロジェクトを選択できます。プロジェクトを移行しない場合、エラーの有無の確認に直接転送されます。



移行に含めたいプロジェクトを選択します。特定のプロジェクトを選択することも、上部のボックスを選択してすべてのプロジェクトを選択することもできます。宛先の Jira Cloud サイトにすでに存在するプロジェクト キーを持つプロジェクトを移行することはできません。

多数のプロジェクトや添付ファイルがある場合、いくつかの小規模な移行に分割することもできます。これにより、メンテナンス時間またはダウンタイムを短くすることができます。 

すべてのプロジェクトを選択したら、[Add to migration] を選択します。

3. エラーを確認する

このステップでは、Jira Cloud Migration Assistant が移行を確認して一般的なエラーを見つけます。次の点が確認されます。

  • ユーザーが有効なメール アドレスを持っているかどうか

  • ユーザーが一意のメール アドレスを持っているかどうか

  • グループが統合されるかどうか
  • プロジェクトが競合するかどうか 
  • 移行アシスタントが最新かどうか

このステップでは上述の問題のみが確認されます。 移行プロセスでは ほかの問題が発生する可能性があります。


(tick) 緑色のチェック マークが表示された場合、チェックは完了しています。

(warning) 警告サインが表示された場合、続行できますが、潜在的な問題がある点を確認しておく必要があります。

(error) 赤いエラーが表示された場合、移行を実行する前にエラーを解決する必要があります。


エラーおよび警告メッセージを展開して、詳細情報やリンクを確認できます。 


[Continue and fix later] を選択した場合、移行を保存し、あとから再開してエラーを確認できます。

4. 移行の確認

これは移行のセットアップの最終ステップです。

すべてが適切に指定されており、移行を開始して問題ない場合は、[Run] をクリックします。後で移行を開始する場合、または修正が必要なエラーがある場合は、[Save] をクリックします。



移行を実行するよう選択した場合も、移行は引き続き移行ダッシュボードに保存されます。ここで、すべての移行の進捗状況と詳細を確認できます。

5. 移行の管理と実行

保存した移行は移行ダッシュボードに一覧表示されます。ここで、移行の詳細を表示したり、移行を実行したりすることができます。移行のステータスの確認、進捗の監視、新しい移行の作成を行うこともできます。

移行はいくつでも作成できます。現時点では、移行を編集または削除することはできません 。不要な移行を作成した場合、新しい移行を作成します。



ステータスの定義

SAVED 移行が保存済みで、移行を実行できる状態です。

RUNNING 移行が現在進行中です。

FINISHED  移行のすべてのタスクが完了しています。

INCOMPLETE 一部のタスクが完了されましたが、エラーまたは移行できなかった情報があります。このステータスが表示される場合、一部のデータ (ユーザー、グループ、プロジェクト、課題など) は移行されており、同じプロジェクトの再移行を行いたい場合はクラウド サイトからこのデータを削除する必要がある可能性があります。

FAILED 移行を完了できませんでした。原因として、移行先のサイトにプロジェクト キーがすでに存在していることや、移行で予期せぬエラーが発生した可能性が考えられます。

移行の詳細

移行ダッシュボードで [View details] を選択することで、移行のすべての詳細情報を確認できます。詳細ページでは、移行の概要と、移行に含まれる各プロジェクトの詳細な進捗を確認できます。 

エラー ログ

移行が INCOMPLETE または FAILED の場合、エラー ログをダウンロードして詳細を確認できます。移行が停止されると、詳細ページの上部にエラー ログをダウンロードするためのリンクが表示されます。 



移行後

プロジェクト データの移行が完了したら、添付ファイルの移行が完了していない場合であっても、クラウド サイトでプロジェクトを確認できます。移行の詳細ページでプロジェクト名を選択します。

移行のタイプによっては、移行の完了後に実行が必要な操作があります。移行後の推奨事項の完全な一覧については、「移行計画ガイド」を参照してください。

ユーザーとグループ

ユーザーとグループが正しくセットアップされていることを確認するには、次の手順を実行します。

  • [管理] > [ユーザー管理] に移動して、グループのメンバーを確認し、権限を承認します。

  • 必要に応じ、汎用の管理グループにユーザーを追加します。汎用グループの例: "site-admins"、"system-administrators"、"atlassian-addons"、 "atlassian-addons-admin"。

  • 外部のユーザー管理システムを使用している場合は、ユーザーが正しく同期されていることを確認します。

  • 準備が整ったら、ユーザーを招待します。[管理] > [ユーザー] > [詳細の表示] の順に選択し、[招待の再送] を選択します。ユーザーが初めて ログイン すると、新しいパスワードを設定し、個人情報を追加するように求めるメッセージが表示される場合があります。

プロジェクト

プロジェクトの移行が正常に完了したことを確認するには、次の手順を実行します。

  • プロジェクトおよび課題を確認するか、ユーザーに自身のプロジェクトの確認を依頼します。

  • Former User が意図せず表示されているところがないかどうかを確認します。これは、コンテンツをユーザーに関連付けることができなかったことを意味します。

  • JQL およびクイック フィルターに (migrated) フレーズがあるかどうかを確認します。これが見つかった場合、フィルターを動作させるには、(migrated) フィールドをクラウドの既存のバージョンに統合する必要があります。 
  • [設定] (歯車アイコン) > [Jira 設定] > [製品] > [アプリケーション リンク] に移動し、他のアトラシアン製品にリンクします。

  • その後、必要な他のアプリをインストールして、ユーザーのオンボーディングを実行できます。



既知の問題およびトラブルシューティング

  • データの整合性。ご利用の Jira サーバー サイトが高度にカスタマイズされている場合、移行時に他の問題が発生する可能性があります。たとえば、必須フィールドに null 値が使用されている場合、これはクラウド サイトではサポートされていないため、移行は失敗します。移行前にサーバー データのクリーン アップを行うことをおすすめします。

  • 特に大規模なプロジェクト。1 つのプロジェクトに 100,000 件以上の課題がある場合、Jira Cloud Migration Assistant がタイムアウトする可能性があります。100,000 件未満の課題を持つプロジェクトのみを移行することをおすすめします。複数の小規模なプロジェクトが合計で 100,000 件を超える課題を含む場合、それらは引き続き移行できます。 

  • すべてのユーザーとグループの移行。移行を行うたびに、すべてのユーザーとグループが移行されます。ユーザーおよびグループの数が多い場合、これによって大幅に時間がかかる可能性があります。最大で 5000 人のアクティブ ユーザーと無制限の非アクティブ ユーザーを移行できます。しかしながら、移行するユーザーの数が増えると、問題が発生する可能性が高まり、移行の時間も多くかかります。

  • 不完全な移行とプロジェクト。Incomplete ステータスが表示される場合、一部の情報は移行されていますが、少なくとも 1 個のエンティティの移行が行えていません。たとえば、プロジェクトの移行には成功したが、カスタム フィールドの値に null 値が使用されているために 1 件の課題の移行に失敗している可能性があります。このような場合、実際のデータはすべて完了していても、プロジェクトは incomplete と表示されます。多くの場合、このステータスが表示されても移行に問題はありません。エラー ログをダウンロードして問題の原因を確認できます。 
  • 移行前のサーバーへの変更。サーバー サイトへの変更を行った場合、すべてのデータを最新の状態にするため、10 分以上待ってから移行を行うようにします。 
  • プロジェクト キーの変更。移行前または移行中にサーバーでプロジェクト キーを変更することを選択した場合、すべての構成、フィルター、およびボードが新しいプロジェクト キーで更新されていることを確認してから新しい移行を試行するようにします。 
  • 移行に含まれないプロジェクトおよび課題へのリンク。小規模なバッチでの移行を行うことを選択した場合、未移行のプロジェクトまたは課題へのリンクは、リンクされた項目が移行されるまでは欠落した状態になります。 
  • 履歴エントリでの参照情報の欠落。履歴エントリが、欠落しているリンクまたは添付ファイルを参照している場合、履歴エントリは移行されません。リンクされた課題またはプロジェクトが後から移行された場合、履歴エントリが更新されます。 
  • Jira Software ボードでの結果の不一致。移行アシスタントは、移行後にボードの JQL フィルタが適切な値を返しているかどうかの確認は行いません。ボードのフィルターが未移行のプロジェクトまたはフィールドを参照している場合、移行後にそのボードで同じ結果が返されない可能性があります。この問題を解決するには、移行後にボードの JQL フィルタを編集します。 
  • Jira の新しい課題ビュー。クラウド サイトで新しい課題ビューを使用している場合、ユーザーが 2 つのビューの違いを確認できるようなトレーニングやチュートリアル ビデオを用意することができます。従来の課題ビューと新しい課題ビューとを切り替える方法についてはこちらの手順をご確認ください。



詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。






最終更新日 2020 年 5 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.