2012 年 9 月

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

今月の変更

 

2012 年 9 月 24 日

JIRA OnDemand アップグレード

JIRA OnDemand has been upgraded, as part of our ongoing commitment to regularly deliver new functionality to JIRA OnDemand. To check out what other JIRA features we've added in previous weeks, see this page: JIRA 5.2.

This upgrade introduces a number of new improvements including the new workflow scheme designer, an overhaul to the screen designer and improvements to webhooks.

Workflow scheme designer

We've enhanced the workflow scheme viewer from the previous upgrade, so that you can now configure as well as view workflow schemes. Want to preview changes as a draft before publishing? Want to browse through diagrams of the workflows in the system when adding a workflow? Want to assign multiple issue types to a workflow in a single step? You can now do all of these tasks and more.

Please note, the workflow scheme designer replaces the existing workflow scheme page for a project only. It is not available from the global list of workflow schemes.

Screen design made easy

The screen designer has been overhauled in this upgrade. Screens are just as customizable as ever, however the user interface is faster and much simpler to use. You won't have to wrestle with controls when reordering — just drag and drop to move a field or tab. Autocomplete is now used when adding fields, making this process quicker and easier as well.

Webhooks for issues

We added webhooks for issues in an upgrade earlier this month. In this upgrade, you can now constrain a webhook to fire for a set of issues (using JQL) and/or specific issue events, like when an issue is commented.

Webhooks for issues is a Labs feature, so you can start to experiment with it. We'll be moving it out of Labs in the near future. For more information about Labs features, see Labs Features in JIRA.

Further UI improvements for JIRA projects pages

UI 機能 注意 Screenshot of new UI
Browse Project > Summary tab redesigned:
  • 課題: 最近更新セクションが削除されました 
  • 課題:未解決セクションが削除されました
  • Versions: Unreleased section moved to different position on tab and show/hide toggle for additional versions removed.
  • 「目玉」トグルが削除されました
  • 課題:最近更新および課題:未解決セクションはアクティビティ ストリームに置き換えられました。


 

Bitbucket および GitHub コネクタ(JIRA DVCS コネクタ)のアップグレード

このアップグレードでは、以下の新機能が提供されます。

スクリーンショット: Bitbucket アカウントと JIRA OnDemand のリンク

既存のリンクされているアカウントとリポジトリについて

  • スマート コミットの設定は無効です。リポジトリ ベースで、既存のリンクされているリポジトリについて、スマート コミットを有効化することができます。
  • デフォルト グループは設定されていません。グループはアカウント ベースで簡単に指定することができます。

スクリーンショット: Bitbucket グループを選択し、Bitbucket に参加するための電子メールがユーザーに送信されます


Bonfire アップグレード

Bonfire has been upgraded from 2.4 to 2.5. Check out the Bonfire 2.5.1 Release Notes for details.

Tempo アップグレード

Tempo has been upgraded from 7.2 to 7.3. This upgrade includes a number of new features and 8 new gadgets: Tempo 7.3 Release Notes

Confluence OnDemand アップグレード

Confluence OnDemand has been upgraded, as part of our ongoing commitment to deliver improved functionality regularly.

最上位スペースへのリンクの宛先は設定できなくなりました

We have removed a little-used option from the Confluence site configuration. Up to now, Confluence had an option called 'View Space Goes to Browse Space'. It determined what happened when people clicked a link that pointed to the root of a space. For example, http://my.confluence.com/display/MYSPACE.

このオプションを設定すると、Confluence は、ユーザーをスペースのホーム ページではなく「スペースの参照」ビューに転送していました。このオプションは削除され、Confluence はこのようなリンクがクリックされると常に、ユーザーをスペースのホーム ページに転送するようになりました。

これによる影響

  • 何もする必要はありません。
  • 「スペースの表示をスペースの参照に移動する」設定は、このオプションを以前設定していた場合でも、いずれのスペースにも適用されなくなります。
  • When people click a link that ends in the space key, like http://my.confluence.com/display/MYSPACE, they will go to the space home page.

Bamboo OnDemand アップグレード

Bamboo OnDemand has been upgraded from 4.1 to 4.2. Improvements include:

  • プラン ブランチ: 通常のプランと同様に、通知、ビルド戦略、およびプラン ブランチの依存関係を使用できるようになりました。
  • JIRA 統合: リポジトリ名に JIRA 課題キーが含まれている場合、自動的に新しいリポジトリ ブランチが JIRA 課題にリンクされます。
  • Git: Bamboo Bitbucket コネクタが Git リポジトリをサポートするようになりました。
  • Subversion: Bamboo は、Subversion ブランチのプラン ブランチを自動的に作成できるようになり、Subversion 1.7 をサポートするようになりました。
  • ショートカット: ビルド サマリまたは結果ページで E キーを押すと、プラン、ジョブ、およびプラン ブランチの設定に移動します。L キーを押すとラベルを追加でき、プランと結果の整理に役立ちます。

See the Bamboo 4.2 Release Notes.

2012 年 9 月 10 日

A new user interface for login

お客様に新しいログイン ユーザー インターフェースを提供します。このインターフェースは、JIRA のみ、および複数アプリのサイトに提供されます(Confluence OnDemand のみのお客様には提供されません)。

「ログイン情報を記憶する」で使用される cookie が変更されました。詳細については、OnDemand Cookie のドキュメントを参照してください。

Please note the the following with regards to settings on the General Configuration page for JIRA:

  • The maximum authentication attempts allowed is now 5 times, and after the 5th time, users will see the CAPTCHA field. Your corresponding settings in JIRA are ignored.
  • The Contact Administrators Form setting does not take effect and the contact administrator link is not shown on the login page even if the option is set to ON.
  • ログアウト確認設定は反映されません。ユーザーは常にログアウトを確認する必要があります。

また、ユーザーの管理ページでは、失敗したログイン数が正確ではなく、失敗ログインのリセットオプションが存在しません。

スクリーンショット: 標準の OnDemand サイトへのログイン

スクリーンショット: Google Apps を使用した OnDemand サイトへのログイン

JIRA OnDemand アップグレード

JIRA OnDemand has been upgraded, as part of our ongoing commitment to regularly deliver new functionality to JIRA OnDemand. To check out what other JIRA features we've added in previous weeks, see this page: JIRA 5.2.

Webhooks for issues

 

Webhook は、リモート アプリケーションが JIRA からプッシュ通知を受信するための軽量なメカニズムを提供します。たとえば、JIRA のバグに何か変更があれば、その変更がテスト管理システムにプッシュされ、再試験できます。

In this release, we've implemented webhooks for issues. Registering a webhook is as simple as entering the name of a webhook and the URL where the callback should be sent. Any time any issue changes in JIRA, a JSON notification will be sent to the URL. No polling required.

We've released webhooks for issues as a Labs feature, so you can start to experiment with it. We'll be moving it out of Labs in the near future.

続きを読む

プロジェクト ユーザー インターフェースに対するその他の改善

このアップグレードには、以下を含む、プロジェクトのユーザー インターフェースに対するその他の改善が含まれています。

UI 機能 場所 スクリーンショット
バージョンの参照 > 課題ページで直接利用可能な標準課題フィルタ バージョンの参照 > 概要タブのフィルタ ドロップダウン
(現在は削除されています)
コンポーネントの参照 > 課題ページで直接利用可能な標準課題フィルタ コンポーネントの参照 > 概要タブのフィルタ ドロップダウン
(現在は削除されています)
プロジェクト概要およびページのユーザー セクションがロールという名前に変更されました 該当なし
プロジェクト > 人気の課題ページが再設計されました 該当なし
プロジェクト > ラベル ページが再設計されました 該当なし

GreenHopper upgrade

GreenHopper has been upgraded from 6.0 to 6.0.2. For details, please see GreenHopper OnDemand Release Summary.

2012 年 9 月 3 日

Confluence OnDemand アップグレード

新しい機能を定期的に提供する継続的な取り組みの一環として、Confluence OnDemand で利用可能な新しいエキサイティングな機能をいくつか追加しました。

Choose the new workbox option  in the top menu bar in Confluence, where you can access your notifications and personal tasks. Tap into Confluence on your iPhone to see the smart new mobile interface.

ワークボックス通知

新しい Confluence ワークボックスは、ページのウォッチ、共有、およびメンションから通知を収集します。インライン アクションを使用して、コメントしたり、ページをウォッチしたりします。詳細...

後で見るために通知をマークする場合、タスク リストに追加すると、後で見ることができます。

 

個人のタスク

 

As part of your workbox, you can now create and manage all your tasks in Confluence: personal tasks, tasks from notifications, and tasks assigned to you on Confluence pages. Plan your day's work, drag your tasks into order of priority, make notes, and mark your tasks as complete – all in one place. More...

 

Confluence モバイル

 

iOS 5 用に最適化された新しい超レスポンシブなインターフェースをご紹介します。Confluence モバイルでは、以下のことが可能です。

 

  • 人気のコンテンツ、最新のブログ投稿、およびネットワーク アクティビティの参照
  • コンテンツおよびユーザーについて Confluence を検索
  • ページ、ブログ、およびコメントに対するいいね
  • ページおよびブログへのコメントの追加
  • 同僚のプロファイルの表示。モバイル デバイスから、タップで直接同僚に電話、SMS、またはメールします。
  • 個人のタスクと通知の管理

 

表示数を増やす...

 

 

最終更新日 2016 年 5 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.