ピープル ディレクトリ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Atlassian のピープル ディレクトリ

Atlassian のピープル ディレクトリは、Atlassian Cloud のユーザー プロファイルおよびチーム プロファイルのホームです。 

プロファイルは、ユーザーに関する情報とユーザーが作業したコンテンツを統合します。ピープル ディレクトリは、一緒に作業するユーザーやチームの検索に使用できます。もちろん、プロファイルのプライバシー設定など、自分のプロファイルの表示や管理もできます。

公開範囲について

ピープル ディレクトリには 2 種類のユーザーがまとめて表示されます。

  • 自身とメール ドメインが一致する、サイト上のほかのユーザー。この場合、@gmail.com などの一般的なメール ドメインは除外されます。

  • ユーザーが編集したコンテンツと同じものを 90 日以内に編集したほかのユーザー。

ほかのユーザーがそれぞれのピープル ディレクトリを参照した場合、自分のプロファイルは、自分のアカウントについて上記のいずれかの条件に該当する場合にのみ表示されます。氏名、ニックネーム、プロファイル写真が表示されますが、プロファイルのその他の情報 (職名やタイムゾーンなど) は、公開設定で許可されている場合にのみ開示されます。

社内でシンプルなコラボレーションを行う業務の場合、社内のすべてのユーザー間で情報を開示できます。ベンダー、クライアント、契約社員などの複雑な人員構成の場合も、サイト内で意図せずほかのユーザーを開示することを防げます。

プロファイルの公開設定は、Atlassian ピープル ディレクトリでプロファイルを表示する際に適用されます。現時点では、Jira、Confluence、Bitbucket、および Trello のプロファイルにはこれらの設定は適用されません。現在、これらの製品にもプライバシー制御機能を提供し、複数製品にわたってプロファイルを制御できるようにするために取り組んでいます。

詳細は、Atlassian Cloud における「プライバシー制御の仕組み」を参照してください。

最終更新日 2019 年 5 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.