2012 年 5 月

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

今月の変更

 

2012 年 5 月 28 日

Confluence OnDemand – 新機能と変更

Confluence OnDemand ですばやく簡単にスペースを追加

ダッシュボードの右上に、すばやく操作できる [スペースの追加] オプションがあります。[スペースの追加] ダイアログは次のように簡略化されました。

スクリーンショット: スペースを追加するための新しい UI

スクリーンショット: スペースを作成するための以前の UI

Confluence の推奨コンテンツのメール

2012 年 5 月 28 日以降に Atlassian OnDemand サイトにサインアップすると、Confluence はトップニュースの週次サマリーをご利用のユーザー ベースに送信します。この日付より前にサインアップしたお客様の場合、この機能は無効化されています。

週次サマリーは、Confluence に頻繁にアクセスしないユーザーを Wiki での議論に引き込む素晴らしい方法です。このレポートは、いいね! やコメントの数、最近作成されたページやブログ投稿に基づいて、Wiki でもっとも人気のあるコンテンツを表示します。Confluence は、ネットワーク内のユーザーやお気に入りのスペースでのアクティビティのランクを高く設定します。メール メッセージに記載されたリンクから、日次または週次通知を選択したり、通知を無効化したりできます。  

管理者は必要に応じ、ご利用のユーザー ベースのこの通知を Confluence OnDemand で有効化または無効化できます。 

設定を構成するには、次の手順を実行します。

  • ご利用のサイトが Confluence のみを持つ場合、[参照] > [Confluence 管理] を選択します。左側のパネルで [お勧め更新メール] をクリックします。[デフォルトで送信] チェックボックスを選択 / 選択解除して有効 / 無効を切り替えます。
  • サイトに複数のアプリケーションがある場合、[<ユーザー名>] > [管理] > [Wiki] > [設定] > [推奨更新メール] に移動します。[デフォルトで送信] チェックボックスを選択 / 選択解除して有効 / 無効を切り替えます。

GreenHopper のアップグレード

Jira で Hipchat プラグインを利用可能

Jira OnDemand には Hipchat プラグインがバンドルされており、このプラグインでは次の機能を利用できます。

  • 課題が特定のトランジションを通過したときに Hipchat 通知を生成できます。これを行うには、ユーザーに通知したいワークフロー トランジションに事後操作を追加します。
  • 実行されたワークフロー トランジションの結果として送信する通知のタイミングを調整したい場合、JQL 条件を事後操作に適用して微調整できます。

Jira で Hipchat を構成する手順については、「Jira OnDemand で Hipchat を構成する」ページを参照してください。

プラグインのソースは https://bitbucket.org/atlassian/hipchat-for-jira で提供されています。

Bonfire アップグレード

Bonfire は 2.1.1 から 2.1.2 にアップグレードされました。このリリースはバグ修正リリースです。詳細は、Bonfire 2.1.2 リリース ノートで確認できます。

Balsamiq のアップグレード

Balsamiq は 2.1.6 から 2.1.15 にアップグレードされました。

Tempo アップグレード

Jira 用の Tempo プラグインは 7.0.3.2 から 7.0.3.3 にアップグレードされました。

Flowdock のアップグレード

Flowdock プラグインは 1.50.1 から 1.50.5 にアップグレードされました。

2012 年 5 月 7 日

GreenHopper のアップグレード

Bonfire アップグレード

Bonfire は 2.1.1 にアップグレードされました。このアップグレードには、多数の機能強化と新機能が含まれています。例:

  • スクリーンショットの注釈の改善
  • テスト セッションに関連する複数の問題
  • JQL 連携

詳細については、Bonfire 2.1.1 リリース ノートをご確認ください。

Team Calendars のアップグレード

Team Calendars は 1.8 から 2.0 にアップグレードされました。新機能の詳細については次の情報をご確認ください。

Jira OnDemand – 新機能、修正と変更

メールから課題を作成

このリリースでは、Jira OnDemand で最も得票率の高かった機能である、メールからの課題やコメントの作成 (JST-5649) をサポートするようになりました。

管理者は次のことが可能です。

  • 1 つ以上の POP または IMAP メール サーバーからのメールを読むよう Jira OnDemand を構成する
  • メール ハンドラを追加し、これらのメール サーバーが受信したメッセージから新しい課題または課題コメントを作成

Tempo プラグインのアップグレード

Tempo plugin for Jira は 7.0.2.1 から 7.0.3.2 にアップグレードされました。このアップグレードでは、先週の OnDemand リリースで Tempo のドロップダウン メニューが使用できなくなくなっていた問題を修正しました。詳細については、「JRA-27955」を参照してください。

通知バナーの設定に対する変更

お知らせバナーを構成する場合、[お知らせ] フィールドのフォーマット機能が HTML から wiki マークアップに変更されていることにご注意ください。wiki マークアップ構文のヘルプは、[お知らせ] フィールドの下にある疑問符アイコンをクリックすると確認できます。

Confluence で Hipchat プラグインを利用可能

Confluence OnDemand には Hipchat プラグインがバンドルされており、このプラグインでは次の機能を利用できます。

  • Confluence でユーザーのユーザー名にカーソルを合わせると、ユーザーの Hipchat のプレゼンス ステータスが表示されます。
  • Confluence スペースを Hipchat ルームにリンクし、スペースで新しいブログ投稿が作成されたときに、そのスペースにリンクされたルームで、投稿と作成者へのリンクを送信できます。

Confluence で Hipchat を構成する手順については、「Confluence OnDemand で Hipchat を構成する」ページを参照してください。

プラグインのソースは https://bitbucket.org/rmanalan/hipchat-for-confluence で提供されています。

 

最終更新日 2016 年 5 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.