2012 年 3 月

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

今月:

サードパーティの課題トラッカーからの課題の直接インポート。サブタスクがデフォルトで有効。Wiki スタイル レンダラーを [説明] フィールドと [コメント] フィールドのデフォルト レンダラーに設定。その他

 

2012 年 3 月 19 日

新しい Jira OnDemand 機能

サードパーティの課題トラッカーから課題を直接インポート

CSV ファイル、FogBugz OnDemand、Pivotal Tracker および Trac から課題を直接 Jira OnDemand にインポートできるようになりました。これにより以下を実現できます。

  • Jira OnDemand にインポートする前に課題をローカルの Jira インストールにインポートする必要はありません。
  • 既存のデータを上書きすることなく1つ以上のプロジェクトに課題をインポートします。

手順については、「課題のインポート」を参照してください。

Jira OnDemand でこれらの機能にアクセスするには、[管理] (ユーザー名ドロップダウン メニュー) > [課題] > [外部システムのインポート] に移動します。


管理ユーザー インターフェイスのその他の改善

先に行われた Jira リリースでの管理ユーザー インターフェイス (UI) の改善に続き、 Jira 5.0.1 ではさらに多くの管理ページ フォームを便利なダイアログ ボックスに変換することで管理 UI を改善します。

新しい課題タイプサブタスクフィールド構成 (+ フィールド構成スキーム) および画面 (+ 画面スキーム) を追加するフォームはダイアログ ボックスになり、ここには関連する Jira 管理画面の右上にあるボタンをクリックして簡単にアクセスできるようになりました。

新しいようこそページ

新しい Jira OnDemand インスタンスでは新しいようこそページが表示され、最初の Jira OnDemand プロジェクトを作成するためのプロセスを案内します。

Jira OnDemand の管理者向けの変更

新しい Jira OnDemand インスタンスでは次の変更があります。

  • サブタスクは既定で有効化されるようになりました。
    これはアップグレードしたお客様には影響せず、サブタスクの設定はそのままです。
  • リッチ テキスト (HTML) を表示する Wiki スタイル レンダラーが [説明] および [コメント] フィールドのデフォルト レンダラーになりました。
    これはアップグレードしたお客様には影響せず、レンダラーの設定はそのままです。

 

 

最終更新日 2014 年 11 月 29 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.