ユーザーの管理

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページの内容は、Atlassian Cloud サイトを G Suite に連携してユーザーを管理している場合にのみ該当します。G Suite 連携の有効化または無効化の手順に従って Atlassian Cloud サイトと G Suite を接続済みであることを確認してください。

G Suite との連携を行っていない場合、次のページをご確認ください。

ユーザーの作成

同期が実行されると、同期されるグループに属するすべてのユーザーが、既定の製品アクセス権を持つ状態で Atlassian Cloud サイトにプロビジョニングされます。

同期するグループを選択または選択解除する方法

  1. [サイト管理] に移動します。
  2. [G Suite] を選択します。
  3. [選択の表示および編集] をクリックします。

ユーザーが自分自身でサイトにサインアップできるようにすることができます。詳細については、「サイト アクセスの設定」を参照してください。この方法で作成されたユーザーは外部ユーザーとして追加され、4 時間ごとの同期の一部にはなりません。

ユーザーの詳細情報の編集

ユーザー アカウントの詳細を更新できます。詳細については、こちらの Google のドキュメントを参照してください。

ユーザー アクセスの削除

G Suite ユーザーが Atlassian Cloud サイトにアクセスできないようにするには、G Suite から Atlassian に同期されるグループから、それらのユーザーを削除する必要があります。次回の同期実行時に、そのユーザーが Atlassian Cloud サイトのユーザー ベースから削除されます。また、 > [サイト管理] に移動し、左側のナビゲーションから [G Suite] を選択し、画面右上の [今すぐ同期] をクリックして、手動で同期することもできます。

注: 同期済みの G Suite グループからユーザー アカウントを削除すると、ユーザーのその Atlassian Cloud サイトへのアクセスは削除されます。ユーザーが他の Atlassian Cloud サイトを使用している場合にこの変更を Atlassian に同期すると、ユーザーは引き続き Atlassian アカウントを所有しているが、ログインするためのパスワードがない状態になる場合があります。このようなユーザーがログインするには、パスワードをリセットする必要があります。

既存ユーザーの調整

同期するように選択したグループにも属する Atlassian Cloud サイトのユーザーがいる場合、そのユーザーのアカウントはプライマリ メール アドレスに基づいてリンクされます。

ユーザーがリンクされると、Atlassian Cloud は 4 時間ごとに G Suite からアカウントの詳細を同期して、ユーザーの詳細を最新の状態に維持します。 


他の Atlassian Cloud ユーザーの管理

Atlassian Cloud では引き続き、非 G Suite ユーザーを作成および管理できます。たとえば、外部業者の非 G Suite アカウントを作成することを選択できます。ただし、Atlassian Cloud ユーザーは G Suite ユーザーと同様に、ユーザー ライセンス制限にカウントされます。つまり、作成したユーザーによって請求金額が増加する場合があります。

最終更新日 2019 年 1 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.