G Suite 統合

お使いの G Suite ユーザー ディレクトリを Atlassian Cloud サイトに統合すると、ドメインおよびユーザー管理を簡素化できます。 

G Suite を通じてユーザーを管理する場合、グループからの既存のユーザーのインポート、G Suite を経由した認証、および G Suite 管理ページからのユーザーの管理を行うことができます。G Suite 連携のセットアップ後、ご使用のメール ドメインの全ユーザーは、[Google でログイン] をクリックしてGoogle アカウントでログインするようになります。

G Suite と統合すると、サイトの管理にいくつかの影響があります。

G Suite 連携のメリットを完全に活用するには、ご使用のサイトを既存の組織に追加するか、新しい組織を作成することをおすすめします。Atlassian 組織を作成している場合:

  • 検証済みドメインが G Suite 連携からご使用の Atlassian 組織に追加され、それらのドメインでユーザーを直接管理できるようになります。

  • サイト管理者であるユーザーはすべて組織管理者になります。これらの管理者は、これまでどおりサイトからユーザーの製品アクセスを管理しますが、管理対象アカウントの管理パスワード要件の設定など、他の組織機能にもアクセスできるようになります。

  • G Suite でユーザーの認証を開始するため、SAML シングル サインオンは構成できません。


手順は次のとおりです。

  • Atlassian Cloud を G Suite に接続すると、ユーザーは G Suite から同期したいユーザー グループを選択するようになります。
  • 4 時間毎に、G Suite から Atlassian Cloud へ同期を実行します。これらのグループのユーザーは Atlassian Cloud サイトおよびセットアップ済みのデフォルト製品にアクセスできるようになります。
  • G Suite でユーザーの詳細 (名前やメール アドレスなど) を更新します。アトラシアンでは 4 時間毎に同期を実行しており、Atlassian Cloud のユーザー情報に更新が反映されます。

すでに Atlassian Cloud へのアクセス権を持つ G Suite ユーザーは、同期グループに所属していなくてもアクセス権を保持します。ただし、Atlassian Cloud で詳細を自動的に最新に保ちたい場合は、それらのユーザーを同期グループに追加する必要があります。


G Suite で手動の再同期を実行する方法:

  1. admin.atlassian.com でサイトの管理領域にアクセスします。
    • 1 つのサイトの管理者であった場合、ご利用のサイトの [ユーザー] ページに遷移します。
    • 複数のサイトの管理者や組織管理者であった場合、サイトの名前および URL をクリックすることで対象のサイトの管理領域を開くことができます。
  2. 左側のナビゲーションで [G Suite] を選択します。
  3. [G Suite 設定] ページで、 [今すぐ同期] をクリックします。


続きを読む

最終更新日 2019 年 5 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.