ご利用の G Suite ディレクトリおよびポリシーの連携

お使いの G Suite ユーザー ディレクトリを Atlassian Cloud サイトに統合すると、ドメインおよびユーザー管理を簡素化できます。 

G Suite を通じてユーザーを管理する場合、既存のユーザーやグループをインポート、G Suite を通じて設定したセキュリティ ポリシーを適用、および G Suite 管理ページからユーザーを管理できます。G Suite 統合をセットアップすると、ユーザーは Google でログインをクリックし、Google アカウントを使用してログインできるようになります。

G Suite と統合すると、サイトの管理にいくつかの影響があります。

  • これまでにサイト管理でパスワード ポリシーを設定していた場合、そのポリシーは適用されなくなります。
  • G Suite と統合すると、その一環として、ドメインの検証が行われます。そのため、そのドメインを Atlassian サイトから検証することはできません。 
  • G Suite と統合した Cloud サイトでは、SAML によるシングル サインオンをセットアップすることはできません。


手順は次のとおりです。

  • Atlassian Cloud を G Suite に接続すると、ユーザーは G Suite から同期したいユーザー グループを選択するようになります。
  • 4 時間毎に、G Suite から Atlassian Cloud へ同期を実行します。これらのグループのユーザーは Atlassian Cloud サイトへアクセスできるようになります。
  • G Suite でユーザーの詳細 (名前やメール アドレスなど) を更新します。アトラシアンでは 4 時間毎に同期を実行しており、Atlassian Cloud のユーザー情報に更新が反映されます。

すでに Atlassian Cloud へのアクセス権を持つ G Suite ユーザーは、同期グループに所属していなくてもアクセス権を保持します。ただし、Atlassian Cloud で詳細を自動的に最新に保ちたい場合は、それらのユーザーを同期グループに追加する必要があります。


G Suite で手動の再同期を実行する方法:

  1. > [サイト管理] に移動します。
  2. 左側のナビゲーションで [G Suite] を選択します。
  3. G Suite 設定ページで、画面右上の [今すぐ同期] をクリックします。


続きを読む

最終更新日 2019 年 1 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.