Atlassian Cloud を使い始める

アトラシアンのクラウド製品を使い始めるには、サイトをセットアップして Jira 製品および Confluence にユーザーを追加します。アトラシアンでは、すべての Jira Cloud 製品および Confluence Cloud に対し、7 日間の無制限の無料トライアルを提供しています。

このページでは、利用を開始するための手順について説明します。

ステップ 1. サイトを作成する

1 つのサイトには、使用している各製品のインスタンスが 1 つずつ含まれ、これには Confluence や各 Jira 製品 (Jira Software、Jira Service Desk、Jira Core) があります。

1 つ以上の Atlassian Cloud 製品のトライアルを開始することで、サイトを作成できます。

  1. atlassian.com に移動します。

  2. いずれかの Jira 製品または Confluence で [クラウドを試す] をクリックします。

  3. 選択内容によっては、サイトで開始する製品の選択が必要になる場合があります。いずれかのオプションで [無料で試す] をクリックします。

  4. [Your site] に、自身のサイトの名前を入力します。この名前は、自身やユーザーがログイン時に移動する URL の一部となります。

  5. [Email] に自身のメール アドレスを入力します。同じメール アドレスを使用している Atlassian アカウントがすでに存在する場合、そのアカウントを使用してサイトへのログインが行われます。Atlassian アカウントが存在しない場合、アカウントの作成手順が案内されます。

これで完了です。サイトの構築が数分で完了し、準備ができたらメールが送信されます。

サイトにログインするには、https://<サイト名>.atlassian.net に移動します。<サイト名> は登録時に選択した名前です。

ステップ 2. 他の製品を追加する

サイトを設定したら、いつでも製品を追加できます。30 日間の無料期間後、請求が開始されます。

サイトに別の製品を追加するには、次の手順を実行します。

  1. 左下の から [サイト管理] をクリックします。サイト管理画面には https://<サイト名>.atlassian.net/admin からアクセスすることもできます。

  2. [アプリケーションの発見] をクリックします。

  3. 追加したい製品で [無料トライアル] をクリックします。

  4. 製品を 30 日間試用できる旨を示す確認ダイアログが表示されます。[確認] をクリックします。

幅広いクラウド製品の詳細情報については、atlassian.com をご覧ください。

ステップ 3. クレジット カード情報の追加

支払いを開始する準備が整ったら、my.atlassian.com  アカウントに、サイト用のクレジット カード情報を追加します。サブスクリプションはいつでも解約できます。

サイトへの請求の詳細については、「アトラシアン製品の請求の管理」を参照してください。

ステップ 4. サイト管理者と製品管理者を追加する

サイトの作成者は自動的にサイト管理者になります。サイト管理者は、サイトにユーザーを招待し、ユーザーに製品へのアクセスを許可す、他のユーザーを製品管理者やサイト管理者に指定することができます。また、ユーザーに信頼済み権限を付与し、これらのユーザーがサイトに製品を追加したりユーザーを招待したりすることを許可できます。

他のユーザーに管理者権限を与えるには、それらのユーザーをグループに追加します。既定では、各サイトに 1 つの site-admins グループがあり、各製品にも 1 つの管理者グループが付属します。製品管理者グループには、「<製品名>-administrators」の名前が付けられます。例: jira-administors、 confluence-administrators など。

他のユーザーに管理権限を付与するには、次の手順を実行します。

  1. ユーザーを招待する。ユーザーを招待する際に、1 つ以上の製品へのアクセス権をその場で付与できます。

  2. ユーザーを適切な管理者グループに追加して、そのユーザーを管理者にする。

site-admin グループのユーザーは自動的にサイト管理者に、製品管理グループ内のユーザーは自動的に製品管理者になります。

次のステップ

この時点では、サイトには、使用している各製品について 1 つずつのインスタンスが含まれます。また、ユーザーへのアクセスを許可するサイト管理者と、各製品を管理する製品管理者が設定済みです。

これらの製品のチームでの使用を開始するには、自身や他の管理者はさらに多くのユーザーを開始します。

既存のユーザー用の外部ディレクトリをすでに持っている場合、ディレクトリを Atlassian プラットフォームと連携して、チームが他のシステムにログインする際と同じ資格情報で Atlassian Cloud にログインできるようにすることができます。

  • G Suite を使用してユーザーを管理している場合、G Suite と連携します。

  • 別のアイデンティティ プロバイダを使用している場合は、組織を作成して Atlassian Access をサブスクライブすると、SAML シングル サインオンとユーザー プロビジョニングを設定できます。詳細は、「組織のセキュリティとアクセス制御を強化する」を参照してください。

最終更新日 2019 年 1 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.