Atlassian 組織

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問


Atlassian のクラウド製品を初めて使用する場合、たいていは 1 つのサイトに各製品のインスタンスが 1 つずつあります。もっとも多くの製品が含まれる場合、このサイトには Confluence と Jira の各製品 (Jira Software、Jira Service Desk、および Jira Core) があります。Bitbucket Trello などの他のアトラシアン製品を会社で使用していることもあります。

サイトまたは製品の管理者は、ユーザーに製品アクセスを付与できますが、ユーザーのアカウントや会社のコンテンツを含む製品に対する完全な権限は持ちません。ユーザーとコンテンツ管理のさらなる可視性と制御性のため、Atlassian 組織では中心的な場所が提供されます。

組織を最大限に活用する

組織は会社のユーザーとコンテンツを管理する場所であるため、クラウド階層の最上位に位置します。

組織では、会社のドメインのすべてのユーザー アカウントをクレームします。ユーザー アカウントは管理対象アカウントとなり、組織管理者はそれらを必要に応じて編集または削除したり、セキュリティ ポリシーを適用したりすることができます。また、ユーザー プロビジョニングをセットアップして、アイデンティティ プロバイダーと Atlassian 組織との間でユーザーを同期することもできます。

組織ではサイトと製品を確認できます。すべてのアトラシアン製品が 1 か所にまとめられ、会社での製品の使用状況と請求状況を把握できます。また、組織は、すべてのサイトのアクティビティを一覧表示する監査ログで、サイト レベルでの詳細なインサイトを提供します。

将来的には、組織を使用して、Trello や Bitbucket などのすべてのアトラシアン製品の製品アクセスと請求をグローバルに管理できるようにすることを予定しています。

Atlassian 組織を最大限に活用するには、以下の手順を実行します。

1. 他のユーザーを組織管理者にする

組織管理者が自分 1 人しかいない場合があります。他のユーザーの支援を得る場合は、左側のナビゲーションで [設定] > [管理者] の順に選択し、他のユーザーに組織へのアクセス権を付与します。組織の管理者が実行できる内容の完全な一覧については、「ユーザーに管理権限を付与する」を参照してください。

2. 組織のドメインを検証する

ユーザーに Jira または Confluence へのアクセスを許可しても、それらの Atlassian アカウントを制御することはできません。ドメインを検証して、そのドメインに属する Atlassian アカウントを管理する必要があります。

組織が所有する任意の数のドメインを検証できます。検証後、それらのドメインのメール アドレスを持つすべての Atlassian アカウントが管理対象ユーザーになり、組織の [管理対象アカウント] ページに表示されます。管理対象ユーザーに対して行える操作の詳細については、「管理対象アカウント」を参照してください。

G Suite を使用してユーザーを管理する場合、詳細について「G Suite 統合」を参照してください。

3. セキュリティ機能の適用を決定する

組織を使用することで、検証済みのドメインのアカウントを編集、無効化、および削除できるため、セキュリティ レベルが向上します。会社全体での各システムのセキュリティ管理方法に応じて、他にも選択肢があります。ご自身の会社でセキュリティを管理するための最適な方法については、「セキュリティ ベストプラクティス」をご覧ください。

セキュリティ機能の適用内容に応じ、Atlassian Access をサブスクライブできます。たとえば、会社でアイデンティティ プロバイダーを利用している場合、SAML シングル サインオンを構成して、すべてのシステムにログインするためにユーザーが覚えておく必要のある資格情報を 1 つだけにし、ユーザーが簡単にログインできるようにすることができます。アイデンティティ プロバイダーを利用していない場合、Atlassian Access で 2 段階認証を適用したり、監査ログにアクセスしたりすることもできます。

4. Atlassian Access をセットアップする

Atlassian Access にサブスクライブすることで、SAML SSO、ユーザー プロビジョニング、2 段階認証の適用、およびその他のセキュリティ機能を組織で利用できます。

組織の使用やユーザーの管理のみを行う場合、Atlassian Access へのサブスクライブは不要です。

Atlassian Access が要件に合うかどうかが不明な場合、30 日間の無料トライアルを利用できます。トライアルを開始するには、左側のナビゲーションから [請求] に移動します。

組織を拡張する

企業の成長とともに、Atlassian 組織も大きくなる場合があります。組織の拡張において、次のような状況が発生する場合があります。

組織が 2 つある

さまざまな理由により、会社が 2 つ (またはそれ以上) の Atlassian 組織を管理していることがあります。すべてのユーザーとコンテンツを 1 か所で管理するメリットを最大限に活かすため、すべてのサイトと製品を組織間で転送できます。詳細は、「別の組織への製品の転送」を参照してください。

Jira および Confluence のインスタンスが複数ある

個々の部署で個別の Jira および Confluence のインスタンスが必要となる場合があります。各サイトにはそれぞれ 1 つのインスタンスがあるため、社内で製品の別のインスタンスが必要な場合、新しいサイトを作成する必要があります。

現在、組織からサイトを作成することはできません。代わりに、atlassian.com で新しい製品にサインアップ (新しいサイトを開始) できます。サイトの組織で製品を既存の組織に転送することができます。

アイデンティティ プロバイダーが新しく実装される

小規模な企業ではアイデンティティ プロバイダーは不要な場合もあります。従業員が増えるにつれて要件が変化し、すべてのシステムでユーザーをさらに簡単に管理したいと考えることがあります。アイデンティティ プロバイダーにより、従業員のアカウントの詳細を 1 か所で更新し、セキュアなログイン ポリシーを適用できます。

Atlassian Access サブスクリプションの有無を問わず、プロバイダーでユーザー プロビジョニングや SAML シングル サインオンを構成できます。これにより、ユーザーは 1 組の資格情報で会社のすべてのシステムにログインできます。詳細は、「Atlassian Access のポリシーと機能」を参照してください。

最終更新日 2019 年 8 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.