サーバーおよびデータ センターのお客様向けクラウド延長トライアル

クラウドの延長トライアルでは、クラウド製品をより長い期間評価して、クラウドへの移行準備ができているかどうかを確認できます。

トライアルは既存のサポート資格番号 (SEN) に関連付けられ、既存のメンテナンス期間に統一されます。つまり、メンテナンス期間が終了すると (最長 12 か月)、トライアルも終了します。

トライアルは現在のユーザー階層と一致します (最大 5,000 ユーザー)。

Confluence、Jira Software、および Jira Service Desk では Standard プランと Premium プランの両方を試用し、どちらが最適かを確かめることができます。

動作の仕組み

クラウドの延長トライアルは無料のトライアルで、トライアル中にクレジット カードは不要です。トライアルの終了日以降にクラウド製品の使用を継続するには、有効なクレジット カード情報が必要となります。

月間契約のお客様

月単位のサブスクリプションをご利用の場合、トライアル終了日の 7 日前に請求情報の入力を求めるメールが届きます。請求の詳細情報が追加されると、クラウドのトライアルは月額プランとして継続されます。

年間契約のお客様

年間サブスクリプションをご利用の既存のお客様の場合、トライアル終了日の 30 日前に年間金額のお見積もりが送信されます。クラウドの年間プランで継続するには、見積もり書の金額をお支払いください。

利用可能な製品

クラウド延長トライアルは、次の製品に対して提供されます。

  • Jira Software
  • Jira Service Desk
  • Jira Core
  • Confluence

Confluence、Jira Software、および Jira Service Desk は Standard プランと Premium プランの両方を提供しています。

Jira Core は Standard プランのみを提供します。

トライアルを開始する前に

既存の有料クラウド サブスクリプションにトライアルを追加することはできません。次のいずれかの対応が可能です。

  • 既存のクラウド トライアルにトライアルを追加

  • 製品が有効化されていない既存のクラウド ドメインにトライアルを追加

  • 新しいクラウド サイトをセットアップ

アトラシアンから固有のサインアップ リンクがメールで届くことがあります。このリンクは組織内外のすべてのユーザーが使用できるため、転送しないようにご注意ください。

複数トライアル

クラウド延長トライアルを複数の製品 (例: Jira Software と Confluence) で開始する場合は、一度に 1 つずつ実施する必要があります。

たとえば、Jira Software のトライアルの完全なサインアップ プロセスを完了し、そのサイトが作成されてから、Confluence についても作業を開始できます。

Confluence のサインアップを完了すると、 Jira Software で作成したサイト URL を選択できるようになります。

クラウド サイトの名前の指定

サイト名は、クラウド製品に初めてサインアップする際 (例: Jira Software Cloud または Confluence Cloud への初回サインアップ時) に、Atlassian Cloud サイト全体に対して選択されます。

サイト名の形式は、https://example.atlassian.net です。ここで、example はユーザーが指定する一意の文字列です。

サイト名を指定する際には、いくつかの点に考慮する必要があります。

  • 3 文字以上の一意の文字列にする必要があります。

  • 英数字とハイフンのみを使用できます。

  • 1 文字目または最後の文字をハイフンにすることはできません。

クラウド サイトのプロビジョニング後にサイト名の変更が必要となった場合、サポート チームにお問い合わせください。

クラウド サイトの URL を変更する際の重要な考慮事項については、こちらをご覧ください。

トライアルの開始

  1. my.atlassian.com に移動します。

  2. 該当するサーバーまたはデータ センター製品のライセンスを展開します。

  3. クラウド延長トライアルのオファー ボックスで、[トライアルを開始] をクリックします。

  4. サインアップ画面の表示に従って新しいクラウド サイトを作成するか、既存のサイトを選択して、延長トライアルのオファーを適用します。

よくある質問

クラウド延長トライアルのライセンスについての具体的な質問を次の表で案内しています。

質問回答

Access 用のクラウド延長トライアルはありますか? Marketplace アプリについてはどうですか?

いいえ。ただし、Access および Marketplace アプリには 30 日間の無料トライアルが含まれます。30 日間が経過した後は、Access アプリや Marketplace アプリを購入するかどうかをトライアルを継続しながら選択できます。また、お問い合わせいただくことで、必要に応じた Access トライアルの延長を承ります。

トライアルの最短期間はありますか?

はい、最短のトライアル期間は 60 日間です。トライアルはサポート資格番号 (SEN) に関連付けられ、既存のメンテナンス期間に合わせられています。メンテナンス期間が終了すると (最長 12 か月)、トライアルも終了します。サーバーのメンテナンスまたはデータ センターのサブスクリプションの残り日数が 60 日未満の場合、またはメンテナンスが失効した場合も、60 日間のクラウド トライアルをご利用いただけます。

クラウド延長トライアルは、いくつ利用できますか?

クラウド延長トライアルはそれぞれ既存のサーバーまたはデータ センター ライセンスに関連付けられ、1 ライセンス (SEN) につき 1 つのみアクティブ化できます複数のオンプレミス ライセンスを所有している場合は、それぞれに対して個別の延長トライアルを使用できます。

クラウド サイトをリセットすると、クラウド延長トライアルは失われますか?

いいえ、リセット (クラウド サブスクリプションの削除/再アクティブ化) しても、クラウド延長トライアルは有効期間内であれば (元の有効期限を過ぎていなければ) 自動的に引き継がれます。

クラウド延長トライアルでの請求はどのようになりますか?

クラウド延長トライアルには、クレジット カード情報は不要です。月額プランの既存のお客様の場合、トライアル終了の 7 日前に請求情報の入力を求めるメールが届きます。請求の詳細情報が追加されると、クラウドのトライアルは月額プランとして継続されます。年間プランの既存のお客様の場合、トライアル終了の 30 日前に年間金額のお見積もりが送信されます。クラウドの年間プランで継続するには、見積もり書の金額をお支払いください。クラウド延長トライアルはクラウド利用規約の対象となり、すべてのクラウド トライアルと同様に扱われます。詳細については、「購入とライセンスの FAQ」を参照してください。

トライアルの有効期限が終了する前にクラウドへの移行を完了するとどうなりますか?

アトラシアンのサポート チームにお問い合わせください。クラウド延長トライアルの本番環境サイトへの変換を支援いたします。

クラウド延長トライアルの有効期限の終了後にサブスクライブしないことを選択した場合、データはどうなりますか?

トライアル終了時にサブスクリプションを購入しないことを選択すると、すべての製品のサブスクリプションが解除され、データは 15 日後に削除されます。詳細については、「データ ストレージ FAQ」を参照してください。

クラウド トライアルを開始する準備ができていない場合、このオファーは期限切れになりますか? クラウド延長トライアルはいつまでに開始すればよいですか?

このオファーは既存のセルフホスト型メンテナンス / サブスクリプション期間に合わせられているため、クラウド延長トライアルを最大限に活用するには、できるだけ早く開始することをおすすめします

詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。

最終更新日: 2019 年 9 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.