グループの作成と権限の更新

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Atlassian Cloud サイト内の複数のユーザーに同じ権限または制限が必要な場合、ユーザーをグループに追加して、グループに対して権限を設定することができます。

グループを作成、削除、編集する方法

  1. [サイト管理] に移動します。
  2. ページの左側の [グループ] を選択します。
  3. 次のいずれかを行います :
    • Choose  > Create a group in the sidebar to create a new group.
    • ユーザーを追加または削除するグループ、または編集、削除するグループを選択します。

グループで作業する場合、以下の点に注意してください。

  • 作成されたユーザーは、Atlassian Cloud サービスで使用している製品に応じて、デフォルト グループに自動的に追加されます。
  • Jira Service Desk のエンド ユーザー (サービス デスク リクエストを送信するユーザー) をグループに追加することはできません。

Atlassian Cloud におけるデフォルト グループと権限

Atlassian Cloud の製品には、いくつかの既定グループ (およびそのグループに割り当てられた権限) が用意されています。対応する製品へのアプリケーション アクセス権限をユーザーに与えると、ユーザーは自動的に「[製品]-users」グループに配置されます。「[製品]-users」グループに所属することで、ユーザーは基本的な権限で製品にアクセスできます。製品の権限設定を使用して、製品内でのユーザーのアクセス権をさらに制限できます。

(info) サイトを作成した時期によっては、インスタンス内に存在するデフォルト グループにわずかに差異がある場合があります。

対象製品 デフォルト グループ デフォルト権限
サイト全体グループ users

2014 年 2 月より前に作成されたインスタンスの場合、これが新しいユーザーが追加されるデフォルト グループでした。2014 年 2 月以降に作成されたインスタンスでは、すべての新しいユーザーは、「user」グループではなく、アクセスする製品の「[製品名]-user」グループに追加されます。

このグループに付与される既定の権限は、サービス内で保有している製品によって異なります (Jira 製品のみを利用している場合、グループ権限には Jira 製品の権限のみが含まれます)。

Jira 製品の場合:

  • 「Jira ユーザー」および「一括変更」グローバル権限
    • 'Jira ユーザー' はユーザーが Jira にログインすることを許可します。
    • '一括変更' はユーザーに課題の変更を許可します。
  • すべてのプロジェクト課題の参照と(セキュリティ レベルまたはカスタム プロジェクト 権限スキームで保護されていない限り)、新しい課題の作成が許可されている 'ユーザー' プロジェクト ロールのメンバー

Confluence の場合

  • プロジェクトの Confluence コンテンツの作成と参照、パーソナルおよびグローバル スペースの作成が可能な権限

jira-developers

Jira 製品の場合:

  • Jira の「ユーザー参照」、「共有フィルター作成」および「グループ フィルター サブスクリプションの管理」グローバル権限
  • 課題の編集、移動、割り当て、担当、リンク、作業、解決、クローズが可能な開発者プロジェクト ロールのメンバー

通常、課題に取り組むユーザーをこのグループに追加します。ユーザー ページからユーザーをこのグループに追加することができます。

2014 年 2 月より前に作成された Jira インスタンスでは、このグループには「developers」という名前が付けられています。


administrators

このグループに付与される既定の権限は、保有している製品によって異なります (Jira 製品のみを利用している場合、グループ権限には Jira 製品の権限のみが含まれます)。

Jira 製品の場合:

  • 「Jira 管理者」グローバル権限
  • プロジェクトのバージョンの編集、プロジェクト コンテンツの管理 (課題、コメントの削除、参照者の管理) が可能な、「管理者」プロジェクト ロールのメンバー

Confluence の場合

  • 'Confluence 管理者' グローバル権限

「administrators」グループのユーザーは Jira 製品へのアクセス権を持つため、Jira ライセンスが必要となります。Jira ライセンスが不要なユーザーが「administrators」グループにいる場合、「confluence-administrators」などの名前で新しくグループを作成し、Jira ライセンスが不要なユーザーを割り当てることができます。


site-admins

site-admins はサイトを管理するユーザーです。次の機能は、現在 site-admins のみが利用できます。

  • 所有している製品の "administrators" グループに割り当てられているすべての権限
  • ユーザー管理機能 (新しいユーザーの作成、グループへのユーザーの割り当て、アプリケーション アクセスの付与など) へのアクセス権
  • 請求情報へのアクセス

この権限を持つユーザーは、ドキュメント作成とサポートの権限を持つサイト管理者とみなされ、サイト内のすべての製品へのアクセス権を持ちます。

Jira 製品

jira-users

「Jira ユーザー」および「一括変更」グローバル権限

  • 'Jira ユーザー' はユーザーが Jira にログインすることを許可します。
  • '一括変更' はユーザーに課題の変更を許可します。

すべてのプロジェクト課題の参照 (セキュリティ レベルで保護されていない場合のみ) と、新しい課題の作成が許可されている、「ユーザー」プロジェクト ロールのメンバー

Confluence confluence-users

プロジェクトの Confluence コンテンツの作成と参照、パーソナルおよびグローバル スペースの作成が可能な権限

Jira Service Desk

service-desk-agents

Jira Service Desk はこのグループを使用して、ライセンス割り当てを管理します。このグループのユーザーは Jira Service Desk ライセンスに加算されます。

  • 「Jira Service Desk エージェント アクセス」グローバル権限

これらのグループに加えて、アトラシアン サポート スタッフが使用するデフォルトのグループが2つあります。これらのグループを編集またはグループにユーザーを追加することはできません。

  • confluence-administrators
  • system-administrators

これらのグループの「sysadmin」ユーザーは、サポートの提供や特定のシステム メンテナンス作業を行うために、サイトにログインすることができます。ユーザーには自動的に製品への完全なアクセス権が与えられますが、所属グループに関わらず、ライセンス制限に加算されることはありません。

このアカウントはアトラシアンのみが使用します。サポート リクエストを起票しなくても、このユーザーによってログインが通知される場合があります。これは、特定のタイプのシステム メンテナンスがこのアカウントを使用して自動化システム実施タスクを起動するためです。

最終更新日: 2019 年 2 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.