Atlassian Cloud の変更 - 2021 年 2 月 8 日 ~ 2 月 15 日

Atlassian Cloud サイトに段階的に導入中の変更についてご紹介します。

ロール アウト ラベルの変更は現在段階的に適用されており、ご利用のサイトではまだ使用できない可能性があります。

Jira プラットフォーム

このセクションに記載される変更は、通常、すべての Jira 製品に適用されます。特定の Jira 製品のみに影響する変更の場合、その旨を併せて記載しています。

New issue view: Field tabs are back on the left side

ロール アウト 今週の新機能

You told us that field tabs should be easily accessible in the issue view, not hidden in a long list of fields. So we’ve brought them back to the left side of issues (or at the top in a single-column layout) — a place for you to easily tab through important information.

Your field tabs that used to live amongst the long list of fields on the right have been automatically moved to the left.

To adjust tabs for a particular issue layout, configure its screen’s tabs and fields.

Advanced Roadmaps for Jira - 新しいプランを簡単に作成

ロール アウト

プランの要件に応じ、関連する課題を含むプランを簡単に作成できるようになりました。新しいプラン作成ウィザードではプロセスの最適化を行い、ルックアンドフィールを再設計しました。設定メニューに新しいページを追加し、プランのスコープをいつでも編集できるようにしました。

Advanced Roadmaps for Jira - 計画済みのキャパシティ

ロール アウト

クラウドの新機能: 新しいキャパシティ プランニング ツールを使ってスプリントを計画し、作業の割り当てを改善できます。この新機能を使うと、チームが 1 つのイテレーションで完了できる平均作業量を設定し、それに応じて作業タスクを割り振ることができます。また、イテレーションでの残余キャパシティも表示できるため、チームのオーバーブッキングを防ぐことができます。

Read more on the Managing capacity page.

新しい課題ビュー: 時間追跡アプリの見積もり

ロール アウト

時間追跡アプリを使用している場合に、新しい課題ビューで残余見積もり時間のフィールドを表示できるようになりました。お気に入りの時間追跡アプリをインストールし、課題に移動して、ぜひご確認ください。

新しい課題ビュー: 課題アクション (あるいは "ループ" トランジション) を利用可能

ロール アウト

トランジションを通じてアクションを行えるが課題は現在のステータスに留まる、課題のアクション機能を、新しい課題ビューの課題の右上で、ステータス バーの横から利用できるようになりました。ご利用の課題のワークフローにアクションがある場合、アクション名 (1 つのアクションがある場合) または [アクション] ドロップダウン (2 つ以上のアクションがある場合) が表示されます。課題のトランジションの詳細をご確認ください。

デプロイメント情報のエクスポート

ロール アウト

デプロイメント情報を Jira プロジェクトの外部で共有する方法をお探しですか? デプロイメント ビューに [エクスポート] ボタンを追加しました。クリックしてデプロイメント情報を CSV としてエクスポートし、それを Microsoft Excel や Google スプレッドシートにインポートしてさらに利用できます。デプロイメント機能の詳細をご確認ください。

Jira のダッシュボード構成のパフォーマンスを改善

ロール アウト

Jira のダッシュボード ガジェットのパフォーマンスを改善するため、ガジェットでフィルター カテゴリからフィルターを選択する際に [詳細検索] の [共有済み] に表示されるプロジェクトを削除しました。

新しい課題ビュー: プロジェクトを課題に関連付ける

ロール アウト

新しい課題ビューでプロジェクトを課題に関連付けられるようになりました。管理者が構成すると、プロジェクト ピッカー カスタム フィールドを持つ課題が自動的に表示されます。課題レイアウトにプロジェクト ピッカー フィールドを追加するには、カスタム フィールドを作成してそれを画面に関連付けます。

次世代ボードでインサイト ボタンを有効化

ロール アウト

Premium プランのお客様はぜひ、ボードとバックログでインサイト メニューをお探しください。このデータ駆動の新しい機能を使用すると、既存のプロセスの順応、より良い結論の導出、および自信を持った計画を行えるようになります。

これはリリースしたばかりの機能です。ぜひお試しのうえ、感想をお聞かせください。アトラシアンではお客様からのフィードバックを非常に重視しています。

次世代プロジェクトのインサイトの詳細をご確認ください。

デプロイの日付範囲フィルター

ロール アウト

過去のデプロイについての考慮事項があったり、特定の時間枠のデータを抽出して表示したりするオプションをお探しだったりしますか? デプロイ ビューに移動し、カレンダー アイコンをクリックして実現できます。日付範囲フィルターの機能を今すぐご活用ください。

デプロイのサイクル タイムのインサイト情報を取得

ロール アウト

作業をブランチから本番環境に進めるまでに必要な時間の最新情報を確認できるようになりました。[デプロイ] ビューの、詳細な [インサイト] パネルをご利用いただけます。サイクル タイムを包括的に理解できます。インサイト パネルの最適な利用方法をご確認ください

Advanced Roadmaps for Jira - アーカイブされたリリースが表示される問題を修正

ロール アウト

プランのセットアップ時にアーカイブ済みのリリースが表示されてしまうバグを修正しました。アーカイブされたリリースの課題をプランに含めることはできないため、これを正確に反映するよう除外ルールのページを修正しました。

新しい課題ビュー: すべての添付ファイルの削除

ある課題のすべての添付ファイルを削除したいときに、1 つずつ削除するのは不要になりました。新しい課題ビューでは、添付ファイル パネルに移動して [···] > [すべてを削除] を選択することで、ある課題のすべての添付ファイルをまとめて削除できます。

Jira Software

2021 年 3 月 31 日以降、Jira Cloud 製品 (Jira Software、Jira Service Desk、および Jira Core) ですべてのユーザーを新しい課題ビューに移動するのを開始します。その後、古い課題ビューへのアクセスを取り消します。弊社では昨年に新しい課題ビューを大幅に改善しました。古い課題ビューを無くすまでの間も引き続き改善に取り組みます。主要な日付、今後のタイムライン、および詳細については、公式発表をご確認ください。

ロードマップ: ストーリーレベルの課題をドラッグ アンド ドロップ

ロール アウト 今週の新機能

ロードマップでストーリーレベルの課題を直接整理できるようになりました。課題をクリックし、ドラッグしてドロップするだけです。現在のエピックで課題のランクを変更することも、課題を新しいエピックに移動することもできます。ロードマップの整理を気持ちよく行っていただけます。

リリース ノート機能の改善

ロール アウト

[リリース] > [バージョン] > [リリース ノート] で、強化されたリリース ノート機能をご利用ください。Jira Software プロジェクトの新しいリリース ノート ページでは、次のオプションを利用できます。

  • リリース ノートをマークダウン形式で作成
  • レイアウトや課題タイプに基づいてリリース ノートを再生成
  • エディタでリリース ノートをフォーマットおよび更新
  • リリース ノートをクリップボードにコピー

リリース ノートの作成方法をご確認ください

Advanced Roadmaps for Jira - 新しいプランを簡単に作成

ロール アウト

プランの要件に応じ、関連する課題を含むプランを簡単に作成できるようになりました。新しいプラン作成ウィザードではプロセスの最適化を行い、ルックアンドフィールを再設計しました。設定メニューに新しいページを追加し、プランのスコープをいつでも編集できるようにしました。

Advanced Roadmaps for Jira - 計画済みのキャパシティ

ロール アウト

クラウドの新機能: 新しいキャパシティ プランニング ツールを使ってスプリントを計画し、作業の割り当てを改善できます。この新機能を使うと、チームが 1 つのイテレーションで完了できる平均作業量を設定し、それに応じて作業タスクを割り振ることができます。また、イテレーションでの残余キャパシティも表示できるため、チームのオーバーブッキングを防ぐことができます。

Read more on the Managing capacity page.

Jira のサイト インポートでの匿名アクセスの確認

ロール アウト

この新しいセキュリティ チェックにより、移行後にプロジェクト、ダッシュボード、およびフィルターへの匿名アクセスが許可されるかどうかを事前に確認できるようになります。匿名アクセスとは、データが公開され、オンラインで検索可能であることを意味します。移行前に、公開アクセスを許可するかどうかを選択できます。

.csv ファイルをダウンロードして、影響を受けるプロジェクト、ダッシュボード、およびフィルターを確認できます。

次世代ボードでインサイト ボタンを有効化

ロール アウト

Premium プランのお客様はぜひ、ボードとバックログでインサイト メニューをお探しください。このデータ駆動の新しい機能を使用すると、既存のプロセスの順応、より良い結論の導出、および自信を持った計画を行えるようになります。

これはリリースしたばかりの機能です。ぜひお試しのうえ、感想をお聞かせください。アトラシアンではお客様からのフィードバックを非常に重視しています。

次世代プロジェクトのインサイトの詳細をご確認ください。

デプロイの日付範囲フィルター

ロール アウト

過去のデプロイについての考慮事項があったり、特定の時間枠のデータを抽出して表示したりするオプションをお探しだったりしますか? デプロイ ビューに移動し、カレンダー アイコンをクリックして実現できます。日付範囲フィルターの機能を今すぐご活用ください。

デプロイのサイクル タイムのインサイト情報を取得

ロール アウト

作業をブランチから本番環境に進めるまでに必要な時間の最新情報を確認できるようになりました。[デプロイ] ビューの、詳細な [インサイト] パネルをご利用いただけます。サイクル タイムを包括的に理解できます。インサイト パネルの最適な利用方法をご確認ください

Jira Service Management

Jira Service Desk は Jira Service Management になりました。現在、すべてのユーザー向けに素晴らしい新機能の段階的な適用を開始しています。このような新機能の詳細をご確認ください

ナレッジベース設定の更新

ロール アウト

ナレッジベース設定ページを更新しました。レイアウトの調整が行われています。[プロジェクト設定] > [ナレッジベース] でご確認ください。

サービスに関連付けられた承認者に承認を依頼

ロール アウト

新しい IT サービス管理テンプレートでワークフローの承認を構成するときに、管理者はサービスに関連付けられた承認者から承認者を選択して、変更のフラグ、確認、および承認を依頼できるようになりました。これにより、サービス品質に影響するリスクを軽減できます。サービスに関連付けられた承認者に承認を依頼する 方法をご確認ください。

"クイックスタート" パネルで素早く開始

ロール アウト

新しい種類のプロジェクトを作成したときに、まず何をするべきかがわからないことがあります。このため、"クイックスタート" パネルを追加しました。この便利なサイド パネルにはわかりやすい手順やドキュメントへのリンクが含まれ、ユーザーは素早く利用を開始することができます。

内容をあとから確認したい場合、パネル下部の "クイックスタートを閉じる" を選択します。右上の設定からいつでも開くことができます。

Jira Service Management のようこそツアー

ロール アウト

管理者が Jira Service Management に初めてアクセスしたり、新しい IT サービス管理添付ファイルを作成したりしたときに、追加のようこそツアーが表示されます。新機能をご確認ください。

OAuth を使用してカスタムの Microsoft メール アドレスをセットアップ

ロール アウト

Jira サイト管理者は、アプリ固有のパスワードの代わりに OAuth を使用してカスタムの Microsoft メール アカウントを追加できるようになりました。カスタム メール アカウントの追加方法をご確認ください。

リンクされた複数のスペースをまとめて変更

ロール アウト

リンクされた複数のスペースを一度に変更することで、時間と労力をより効率的に削減しましょう。[プロジェクト設定] > [ナレッジベース] に移動することで、複数のスペースを選択してリンクを解除したり、それらを表示できるユーザーを変更したりできるようになりました。

サービス プロジェクトへの複数スペースのリンクの詳細をご確認ください。

Confluence

コンテンツの作成方法をシンプルな方法に変更

ロール アウト

1 クリックで新しいページを作成できます。エディタ内でテンプレートを参照または検索するか、空白ページで作業をすぐに開始できます。

詳細情報をひと目で確認することで、最適なページを素早く発見

ロール アウト

ページの情報は覚えているがページの名前は思い出せない場合、特定のページを見つけ出すのは困難です。このようなページを検索機能で発見するのは簡単ではないように思えます。それでは、スペースのページを異なる方法で確認できるとしたらどうでしょうか。

スペース サイドバーの [ページ] を選択すると、スペースの最新のページについて、作成者、直近の公開日、ページの最初の数行などのページ情報を含む概要情報を、素早く確認できます。最初に表示された情報ではお探しのものが見つからない場合、絞り込みや並べ替えを行って最適なページをさらに探すことができます。

ページやブログ投稿を安心して削除

ロール アウト

ページやブログ投稿の削除は重要な判断です。削除を安心して行えるよう、エクスペリエンスを更新しました。削除するページの子ページへの影響について、より具体的な情報が表示されます。挙動の詳細を確認できるよう、弊社の製品ドキュメントへのリンクが追加されました。ご利用のサイトでページのアーカイブ機能が利用可能な場合、削除ではなくアーカイブが促されます。

ページの移動ダイアログのモダン化

ロール アウト

公開済みのページやブログ投稿の移動は重要な判断です。安心して移動を行えるよう、エクスペリエンスをシンプル化して更新しました。また、挙動の詳細を確認できるよう、弊社の製品ドキュメントへのリンクが追加されました。

Bitbucket

すべてのチェックを通過したプル リクエストを自動的にマージ

プル リクエスト (PR) のマージ チェックで要求されるすべてのビルドやレビューを完了するのに時間がかかり、PR の作成者が自身の変更をマージするために PR を何度も作成する必要がありました。新しいプル リクエスト エクスペリエンスでは、PR の作成者または管理者がこの機能を有効化し、すべてのマージ チェックを通過したら保留中のマージを自動的にトリガーするようにできます。

Bitbucket Pipelines のステップ メトリック

ロール アウト

ステップ メトリックを使用すると、ビルドでの CPU およびメモリ使用量を確認できるほか、ビルドの実行中にメモリの使用量についての警告が表示されます。詳細情報

Bitbucket Webhook の改善と更新

ロール アウト

改善点

  • Webhook の履歴を 12 時間から 1 週間に拡張
  • Webhook の送信を全体的に改善

サポート終了と機能の廃止

  • 256 KB よりも大きい Webhook はサポートされなくなります。このような Webhook を使用している連携機能がある場合、この変更による影響を受ける可能性があります。
  • [リクエストの再送信] ボタンを削除しました。

Webhook 送信に有効な IP アドレス

Bitbucket Webhook が設定した宛先 URL に正常に送信されるようにするには、ユーザーに代わって確立するインターネットへの発信接続のための IP アドレス範囲を許可リストに追加します。IP の正確な一覧は、「Atlassian Cloud IP 範囲とドメイン」ページの「アウトバウンド接続」セクションにあります。

Powered by Confluence and Scroll Viewport.