2015 年 3 月 3 日 Jira Portfolio Cloud の導入

JIRA Portfolio では、1つのプランに共有リソース、依存関係、および成果物を配置し、複数の JIRA プロジェクト間で進行している作業の連結したビューを表示することができます。1ヶ所ですべてのデータを使用することで、より迅速に変数を調整して、すべてのプロジェクト間の影響を確認し、それに応じてプランを調整することができます。

お待たせしました、JIRA Portfolio Cloud が導入されました 

JIRA Portfolio チームは、JIRA Portfolio が Cloud で利用できるようになったことをお知らせできることに興奮しています。JIRA Portfolio Server の立ち上げ以降、サーバー版のお客様たちに製品の強化を提供しながら、その裏で Cloud デプロイメントを準備してきました。ここでは導入された最新の機能の一部を説明します。  

  1. ストーリー ポイント プランニング - ポイントの見積もりとチームの予測速度に基づいてプランを作成します。
  2. バージョン統合 - JIRA Portfolio リリースと JIRA プロジェクト全体の既存のバージョンをリンクさせ、プロジェクト リリース間でプランを作成します。
  3. ビジュアル依存関係インジケータ - イニシアティブ、エピック、およびストーリー間の着発依存関係を迅速に確認します。 
  4. 読み取り専用権限を設定する機能
  5. 新しい改善された進捗追跡 
  6. 列のサイズ変更などの操作性の向上

JIRA Portfolio は複数のプロジェクトおよびチーム間のプランの作成を簡単にする

アジャイルは自己組織チームを中心としているため、複数のアジャイル チームが連携する場合は、組織全体の進捗の追跡が難しくなります。JIRA Portfolio では、複数のアジャイル チームから作業を集約し、大きなイニシアティブにロールアップして、ビジネス戦略と開発の現実を結びつけます

JIRA Portfolio を使用して JIRA の既存のデータを活用する、以下が可能です。 

  1. 現実的なリリース日の即座に予測 
  2. リアル タイムでスケジュールを最適化
  3. プロジェクトおよびチーム間でステータスおよび進捗を可視化
  4. チームの可用性とスキル セットの管理
  5. ビジネス目標とリソース投資の追跡
詳細については、「JIRA Portfolio Cloud ドキュメント」を参照してください。 
最終更新日 2015 年 3 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.