新機能ポリシー

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このポリシーはバグには適用されません。弊社のバグ修正へのアプローチについては、「サーバー バグ修正ポリシー」または「クラウド バグ修正ポリシー」をご参照ください。

実装対象の判断基準

当社の製品ロードマップに影響を与え、実装する機能を決定する要因は数多くあります。優先順位を決め、取り組むべきことを決定する際には、お客様のフィードバックや提案を、サポート チーム、製品分析、調査結果などからの洞察と組み合わせます。この情報と、中長期的な製品およびプラットフォームのビジョンと組み合わせることで、当社が実装する内容とその優先順位を判断します。

機能の実装時期を追跡する方法

クラウド製品

Atlassian ではクラウド製品の改善や更新を継続的に行っています。最新の変更を確認するには、Atlassian Cloud リリース ノート ブログご覧ください

Data Center 製品

新機能または改善が予定されている場合、関連する Jira の課題の修正バージョンを更新して、変更を含むもっとも古い製品バージョンを示します。多くの場合、この更新は製品のリリース日が近づいたタイミングで行います。

変更の概要については、対象の製品のリリース ノートを参照してください。

サーバー製品

当社はオンプレミスのサービスを簡素化して、クラウドと Data Center の各製品の開発に注力しています。これによって、サーバー製品ラインの新機能の開発を中止することになりました。これらの変更の詳細をご確認ください。

保守が有効であるサーバーのお客様には、引き続きバグ修正を提供いたします。詳細については、「Atlassian Data Center およびサーバー製品のバグ修正ポリシー」を参照してください。

プロダクトロードマップ

Jira Cloud 製品、Confluence Cloud、Bitbucket Cloud、Cloud Platform のパブリック ロードマップ公開します。これにより、近日公開される内容と、今後の更新に関する当社の考えをご覧いただけます。

Atlassian Cloud リリース ノート ブログBitbucket Cloud ブログは、今後の変更に関する情報含まれています。

今後の変更については、具体的なリリース日は公開しておりません。

機能と改善の提案

当社の製品の改善と新しい機能をぜひご提案ください。https://jira.atlassian.com/ では、機能の候補を作成したり、既存のご提案に投票、視聴、コメントできます。

多くのご提案と機能リクエストをいただいております。ご提案への投票やコメントは、お客様が何にご関心をお持ちか、当社の製品がお客様とお客様のチームをどのようにサポートして欲しいかを理解するのに役立ちます。課題についてのコメントで最も有用な情報は各提案がどのようにお客様に役立つかです。お客様のユースケースと提案された変更がお客様とお客様のチームにどのように役立つかをご説明いただければ、当社は提案の背景にあるニーズをより深く理解できます。

ご提案は当社が最終的にそのまま実装しないことを選択した場合であっても、当社が取り組む内容に影響することがよくあります。当社の最終的な目標は、お客様のすべてのニーズを理解し、そのニーズを満たす製品を提供することです。ご提案をそのまま実装する場合もありますが、通常は、ご提案の背景にあるニーズとできる限り多くのユーザーのニーズを満たせる方法を理解するよう努めます。

各ご提案に合わせて更新、対応を行うよう努めますが、多くのご提案をいただいた場合、更新または対応を提供できない場合もあります。実装する機能のご提案について、補償や割引は提供しません。

アトラシアン コミュニティでの会話に参加する

当社のプロダクト マネージャーは、アトラシアン コミュニティ新機能と変更に関する記事を定期的に投稿しています。これらの投稿にコメントしたり、質問したり、PM や他の Atlassian ユーザーと話し合ったりできます。

Data Center およびサーバー製品のリリースに関連する用語

  • プラットフォーム リリース (例: 4.0) には、重大な変更や大幅な変更が含まれます。これには、既存の API の変更や削除、ユーザー エクスペリエンスの重大な変更、主要な機能の削除などが含まれます。

  • フィーチャー リリース (例: 4.6) には、新機能、既存機能の変更、サポートされるプラットフォーム (データベース、オペレーティング システム、Git バージョンなど) の変更、または機能の削除などが含まれます。これらはこれまでは、ほとんどの製品で "メジャー" リリースと呼ばれていました。

  • バグ修正リリース (例: 4.6.2)にはバグの修正、安定性やパフォーマンスの改善が含まれます。修正の内容によっては既存の機能への小規模の変更が行われる場合がありますが、新機能やリスクの高い変更は含まれないため、ユーザーはすぐに利用を継続できます。バージョンの最新のバグ修正リリースへの定期的なアップグレードを行うことをお勧めします。これらはこれまでは、ほとんどの製品で "メンテナンス" リリースと呼ばれていました。

3 つの主なリリース タイプに加え、フィーチャー リリースが長期サポート リリースに指定される場合もあります。つまり、標準のフィーチャー リリースよりも長い期間、バグ修正を利用できます。

長期サポート リリース

長期サポート リリース (旧称エンタープライズ リリース) は、新しいフィーチャー バージョンへのアップグレードの準備に時間が必要で、重要なバグの修正を適用する必要がある、Server および Data Center のお客様向けです。新しいフィーチャー バージョンへのアップグレード頻度がおよそ年に 1 回の組織では、長期サポート リリースが適している場合があります。Jira Software および Confluence では、次のようになります。

  • 1 つのフィーチャー リリースを長期サポート リリース として指定します (最低でも 12 か月に 1 回)。
  • 最新のセキュリティ バグ修正ポリシーに記載されているように、重要なバグ修正をバックポートし、安定性、データの整合性、および重要なパフォーマンスの問題に関連する修正が適用されます。
  • 対象バージョンのバグ修正リリースを、サポート終了まで提供します。 
  • アップグレードを円滑に行えるよう、1 つの長期サポート リリーズと次の長期サポート リリースの間のすべての変更の変更履歴を提供します。

すべてのバグ修正がバックポートされるわけではありません。安定性、データの整合性、またはパフォーマンスの問題に焦点を当て、最も重要と思われるバグやリグレッションのみを対象にします。API、サードパーティ アプリ (アドオン) で使用するコード、またはインフラストラクチャに変更を加える必要がある修正 (これらは通常はプラットフォーム リリース用に予約されます) や、リスクおよび複雑性の高い修正については、バックポートを行わないことがあります。

Jira Software Data Center のお客様について、1 つの長期サポート リリースと次の長期サポート リリースの間ではゼロダウンタイム アップグレードを利用できるように考慮しますが、変更の性質によってはダウンタイムが必要になる場合があります。ゼロダウンタイム アップグレードを使用できるかどうかを変更履歴で確認できます。

この例では、バージョン 4.2 が長期サポート リリースとして指定されています。以下の図に示すバグ修正リリースの番号とタイミングは一例です。リリース頻度は各製品で異なる場合があります。



サーバー製品のお客様向け長期サポート

サーバー ライセンスをお持ちの場合、正式にサーバー製品ラインのサポートを終了した時点で、2024 年 2 月 2 日 (太平洋時間) より前にリリースされたバージョンへのアップグレードのみ可能になります。



その他の情報

サポートに関連する情報の詳細については、「アトラシアン サポートの提供について」を参照してください。

最終更新日 2020 年 11 月 17 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.