プル リクエストのマージ

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Once you are ready to merge a pull request, and when the reviewers have approved it, click Merge at the top right of the pull request view. You can merge a pull request if you have write (or admin) permission on the project.

Bitbucket Server では特定のレビュー ワークフローを強制することはないため、プル リクエストをオープンしたユーザーを含む、リポジトリへの書き込み権限を持つすべてのユーザーがプル リクエストをマージできます。この柔軟性により、Bitbucket Server で異なるチームが異なるアプローチを利用できます。チームで厳密な制御が必要な場合、プル リクエストをマージできるユーザーを特定のユーザーまたはグループに制限するブランチ権限の利用をご検討ください。また、自分のレビュー チームのメンバーによる承認のマージのみを許可したりするような特定のワークフローを強制したい場合、プラグインの利用をご検討ください。マージ チェックの有効化の詳細については「プル リクエストのマージ チェック」ページをご確認ください。

[プル リクエストのマージ] ダイアログでは、プル リクエストの情報をコメントに追加できます。追加したテキストは、タイトル行と、Bitbucket Server および Git が生成するログ行との間に表示され、マージのコミット メッセージにテキストを追加します。

[プル リクエストのマージ] ダイアログ

マージ後にソース ブランチを削除する

When merging a pull request, you can choose to Delete source branch after merging. This setting is selected by default to help you keep your branch list clean. If this isn't your preferred setting, you can change it, and your preference will be saved for next time you merge a pull request.

Before deleting your source branch, Bitbucket Server will do some checks. The branch being merged will not be deleted if:

  • ブランチが既定のリポジトリ ブランチである場合。
  • ユーザーにブランチの削除権限がない場合。
  • ブランチがオープンなプル リクエストに従っている場合。

プル リクエストが承認されると、[プル リクエスト] タブにマージ済みとマークされます。マージを妨げる競合が Bitbucket Server によって検出された場合、プル リクエストの [概要] および [差分] タブに通知が表示されます。[詳細を見る] をクリックして、ローカル リポジトリで競合を解決する方法の手順を確認できます。

マージ戦略を選択する

Git のマージ戦略は、マージ後の Git 履歴の表示に影響します。マージ戦略は [プル リクエストのマージ] ダイアログで選択できます。管理者は、提供されるマージ戦略と、既定になるマージ戦略を構成できます。

プル リクエストのマージ時にマージ戦略を変更するには、使用するマージ戦略をクリックして ([マージ] ボタンの横) 新しいものを選択します。 

Bitbucket Server では次のマージ戦略が利用可能です。

  • Merge commit (--no-ffDEFAULT: Always create a new merge commit and update the target branch to it, even if the source branch is already up to date with the target branch.
  • Fast-forward (--ff): If the source branch is out of date with the target branch, create a merge commit. Otherwise, update the target branch to the latest commit on the source branch.
  • Squash (--squash): Combine all commits into one new non-merge commit on the target branch.
  • Fast-forward only (--ff-only): If the source branch is out of date with the target branch, reject the merge request. Otherwise, update the target branch to the latest commit on the source branch.
  • Squash, fast-forward only (--squash --ff-only): If the source branch is out of date with the target branch, reject the merge request. Otherwise, combine all commits into one new non-merge commit on the target branch.
最終更新日 2020 年 9 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.