グローバル権限

Bitbucket Server を管理する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

User and group access

Bitbucket Server は 4 つのレベルのアカウント権限を使用して、Bitbucket Server プロジェクトや Bitbucket Server インスタンス構成へのユーザーおよびグループのアクセスを制御します。


"Bitbucket Server ユーザー" 以上の権限が割り当てられていないユーザー アカウントは、直接かグループ メンバーシップ経由かを問わず、Bitbucket Server にログインできません。これらのユーザーはライセンスが付与されていないとみなされ、Bitbucket Server のライセンス制限にカウントされません。

アクセス権限をプロジェクトに適用することもできます。

ユーザーの権限レベルは、管理領域から確認できるユーザーのページに表示されます。


ログイン / 参照プロジェクトの作成ユーザー / グループの管理グローバル権限の管理アプリケーション設定の編集サーバー構成の編集
Bitbucket ユーザー

(tick)

(error)(error)(error)(error)(error)
プロジェクト作成者

(tick)

(tick)

(error)(error)(error)(error)
管理

(tick)

(tick)(tick)(tick)(tick)(error)
システム管理者

(tick)

(tick)(tick)(tick)(tick)(tick)


既存の Bitbucket Server ユーザーまたはグループのアカウント権限の編集方法

  1. In the admin area, select Global permissions (under 'Accounts').
  2. 必要に応じて、権限チェックボックスを選択または選択解除します。
  3. Select in the Add Users or Add Groups field to set permissions for additional users or groups.

行の右端にカーソルを合わせて X をクリックすることで、ユーザーまたはグループのすべての権限を削除できます。これによって、そのユーザーまたはグループが削除されます。

Policies

Policies in Bitbucket Data Center are also set in Global Permissions and contain instance-wide permissions associated with user access to projects and repositories. Control who can delete a repository based on what level of permissions a user has including System Admin, Admin, Project Admin, and Repository Admin. By default, a user with Repository Admin access and higher can delete repositories.

To set the delete repository policy:

  1. In Global Permissions, select the Policies tab.

  2. Select from the options of permissions, who can delete a repository.

  3. [保存] を選択します。

最終更新日 2020 年 8 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.