Bitbucket Server を外部のデータベースに接続する

Bitbucket Server を管理する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、外部データベースでの Bitbucket Server の使用についての情報を提供しています。

Bitbucket Server には、追加設定なしですぐに使用できる埋め込みのデータベースが付属しています。これらは評価目的には適していますが、本番インストールではサポート対象の外部データベースのいずれかを使用することをおすすめします。

Bitbucket Server でサポートされる外部データベースのバージョンについては、「サポート対象プラットフォーム」を参照してください。

外部データベースのパスワードを変更したい場合、「外部データベースのパスワードを変更する方法」を参照してください。

Bitbucket Server をサポート対象の外部データベースに接続する手順については、次のページをご確認ください。

MySQL は Bitbucket Data Center インスタンスではサポートされません。MySQL は Bitbucket Server (スタンドアロン) インスタンスではサポート対象ですが、推奨されません。詳細については、「Bitbucket Server を MySQL に接続する」をご参照ください。

外部データベースを使用すべき理由

Bitbucket Server に付属している埋め込みデータベースは評価目的には適していますが、本番インストールでは、次の理由から、サポート対象の外部データベースのいずれかを使用することをおすすめします。

  • データ損失への保護の向上: HSQLDB を実行している、Bitbucket Server の組み込みのデータベースは、システムのクラッシュ時にデータ損失の影響を受けやすくなります。外部データベースは一般的に、システムのクラッシュが発生した際の耐久性に優れます。HSQLDB は本番環境ではサポートされておらず、評価目的でのみ使用する必要があります。
  • パフォーマンスと拡張性: Bitbucket Server に多数のユーザーがいる場合、Bitbucket Server と同じサーバー上でデータベースを実行すると速度が低下する場合があります。大規模なインストールの場合、Bitbucket Server と DBMS を別のマシンで実行することをおすすめしています。埋め込みデータベースを使用している場合、データベースは常に Bitbucket Server と同じサーバー上でホストおよび実行され、これによってパフォーマンスが制限されます。
  • 統合バックアップ: 既存の DBMS ツールを使用して、組織の他のデータベースとともに Bitbucket Server のバックアップを作成します。
  • Bitbucket Data Center support: If you want to upgrade your instance to Bitbucket Data Center resources, either now or in the future, to take advantage of the performance-at-scale and high availability benefits of running Bitbucket Server in clustered mode, then you must use an external database. HSQLDB is not supported in Bitbucket Data Center. 

データベース移行ウィザードの使用

複数のクラスタ ノードが実行されている場合、Bitbucket Data Center インスタンスでデータベース移行ウィザードはサポートされません。Bitbucket Data Center インスタンスのデータベースを移行するには、複数のクラスタ ノードを起動する前に移行を実行する必要があります。

Bitbucket Server データの移行に、データベース移行ウィザードを使用できます。

  • 埋め込みデータベースからサポート対象の外部 DBMS への移行
  • 同じ DBMS の別のインスタンスへの移行
  • 1 つの DBMS からサポート対象の別の DBMS へ (例: MySQL から PostgreSQL) の移行。

移行ウィザードを実行する前に、Bitbucket Server のデータの移行先の DBMS (PostgreSQL など) を作成しておく必要があります。

データベース移行ウィザードの実行方法

  1. Bitbucket Server にログインします。
  2. 管理領域で、[設定] 配下の [データベース] をクリックします。
  3. [データベースの移行] をクリックして、移行を実行するための手順に従います。

データベース移行の注意事項

  • データベースと Bitbucket ホーム ディレクトリのバックアップ
    データベースの移行プロセスを開始する前に、Bitbucket Server のホーム ディレクトリのバックアップを作成する必要があります。ある外部データベースから別の外部データベースに移行する場合、続行する前に既存のデータベースもバックアップする必要があります。詳細は、「データの復元とバックアップ」を参照してください。
     
  • 移行中は Bitbucket Server の利用は不可
    データベースの移行処理中は、ユーザーは Bitbucket Server を使用できません。 また、ユーザーが Bitbucket Server を使用しているときに移行を実行すると、アクティビティの完了にデータベースを使用するすべての Bitbucket Server アクティビティを待機するために、移行がタイムアウトする可能性があります。これら理由から、通常の使用時間外にデータベース移行を実行することをおすすめします。
     
  • 移行にかかる時間は通常 30 分未満
    移行プロセスの所要時間は、移行対象の Bitbucket Server データベースに含まれるデータの量によって異なります。Bitbucket Server の新しいインストールで、ほとんどデータが含まれていない場合、一般に移行プロセスは数秒で完了します。Bitbucket Server をある程度の期間使用している場合、データベースには多くのデータが含まれ、移行プロセスにかかる時間は長くなります。Bitbucket Server が Jira Software インスタンスにリンクされており、Bitbucket Server 内に、コミット メッセージに課題キーを含む大量のコミットがある場合、移行には数十分かかる場合があります。 
  • 新しい Bitbucket Server データべースには新しいクリーンなデータベースを使用することを強く推奨 
    移行に失敗した場合、Bitbucket Server によってターゲット データベースにデータが部分的に入力される可能性があります。ターゲット データベースが新しく (そのために空であり)、Bitbucket Server 専用に設定されている場合、移行の失敗後のクリーンアップを非常に簡単に行えます。ターゲット データベースをドロップし、次回の試行用にクリーンなターゲット データベース インスタンスを使用するだけで済みます。
     
  • Bitbucket Server ホーム ディレクトリが不正なアクセスから保護されていることを確認
    • After the migration, the connection details (including the username and password) for the database are stored in the bitbucket.properties file.
    • Migration will create a dump file of the contents of your database in the Bitbucket Server home export directory. This is used during the migration and is kept for diagnostic purposes in the case of an error. You may remove this after migration but it may reduce Atlassian Support's ability to help you in the case of migration issues.
    • 移行後、必要に応じてデータベースのパスワードを編集できます。

最終更新日 2020 年 8 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.