Bitbucket Server でフォークを使用する

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

特定の開発者がリポジトリへのアクセスを制限されている (読み取り専用) の場合、フォークによってブランチを使用する代替ワークフローが提供されます。詳細については、「Bitbucket Server のワークフロー戦略」を参照してください。

You can fork a repository into any other project in Bitbucket Data Center and Server for which you have admin access. You can also create personal forks and give other developers access to that using repository permissions.

フォークの作成

You can create a fork for any repository that you can see in Bitbucket (that is, for which you have 'read' permission).

サイドバーの [フォーク] をクリックするだけです。新しくフォークされるリポジトリの場所を選択できます。リポジトリが別のプロジェクトにフォークされるとそのプロジェクトの権限が適用されるため、制限が少なくなる場合があります。

When creating the fork you can enable fork syncing to have Bitbucket automatically keep your fork up-to-date with changes in the upstream repository.

フォークのプル リクエストの発行

Pull requests for forks in Bitbucket work just the way you'd expect. See Using pull requests in Bitbucket Server.

プル リクエストを作成するときは、プルされるソースを含むフォークおよびブランチ、および宛先のフォークおよびブランチを選択できます。

フォークのマージ

レビュアーによってプル リクエストが承認されると、それを通常どおりマージできます。「Bitbucket Server でのプル リクエストの使用」を参照してください。

上流との同期

Once you fork a repository, your fork can be kept up-to-date with changes in the upstream repo either automatically by Bitbucket or you can synchronize manually. You will still need to keep your remote working repository synced with your fork in Bitbucket yourself. See Keeping forks synchronized for more details.

フォークの無効化

リポジトリのフォークは、デフォルトで利用可能です。ただし、無効化することで開発プロセスの制御に役立つ場合、リポジトリごとにフォークを無効化できます。リポジトリ設定の [リポジトリ詳細] でこれを行うことができます。

親リポジトリでフォークを無効化しても既存のフォークは削除されず、既存のフォークがフォークされることを防ぐことはできません。プル リクエストは既存のフォークから引き続き動作します。さらに、ユーザーが SHA1 ハッシュを把握している場合、親のコミットをフォークから確認できます。

Pre-receive フックとフォーク

Pre-recieve フックはフォークとともにコピーされないため、プル リクエストでコードがマージされたときには実行されません。つまり、カスタム フックでは、特定の変更がフォークからプル リクエストによってマージされないようにすることはできません。代わりに、フックでマージ チェックを実装する必要もあります。

最終更新日: 2021 年 2 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.