ロックアウトのリカバリ プロセス

Bitbucket Server を管理する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、Bitbucket Server 5.X 以降で管理者アクセスを回復する方法について説明します。それ以前のリリースについては、そのバージョン固有のドキュメントを参照してください。

管理者が Bitbucket Server から締め出され、ログインできなくなる場合があります。この状況は、すべてのユーザーが Bitbucket Server の外部で管理されていて、次のような理由によって Bitbucket Server がそれらのユーザー ディレクトリにアクセスできなくなった場合に発生する可能性があります。

  • 外部ユーザー ディレクトリ サーバーにアクセスできない (ネットワークのダウン、ディレクトリのダウン、またはディレクトリが別の IP アドレスに移動された)。
  • ユーザーが Jira アプリケーション内で管理されていて、Bitbucket Server から Jira アプリケーションへのアプリケーション リンクを誤って削除してしまった
  • 管理者パスワードを忘れた、または無くした。
  • 管理者アカウントが、Bitbucket Server に接続されているが利用できない LDAP または Jira アプリケーションのリモート アカウントによって非活性になっている。


The lockout recovery process for Bitbucket Server is (For Windows users, if you start Bitbucket as a Service, go to the next section):

  1. Edit the <Bitbucket Server installation directory>\bin\_start-webapp.sh file (or _start-webapp.bat on Windows) and add the "-Datlassian.recovery.password=temporarypassword" value to the JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS property. The property value must be non-blank, and should look like this when you've done that:

    # Occasionally Atlassian Support may recommend that you set some specific JVM arguments.
    # You can use this variable to do that. Simply uncomment the below line and add any required
    # arguments. Note however, if this environment variable has been set in the environment of the
    # user running this script, uncommenting the below will override that.
    #
    JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS=-Datlassian.recovery.password=temporarypassword


    Here we are using "temporarypassword", but you should use your own value.
     

  2. Start Bitbucket Server manually by running <Bitbucket Server installation directory>\bin\start-bitbucket.sh (or start-bitbucket.bat on Windows).
  3. ユーザー名 "recovery_admin" とステップ 1 で指定した一時パスワードを使用して Bitbucket Server にログインします。
  4. Bitbucket Server の構成を修復します。Bitbucket Server がリカバリ モードの間は他の操作を実行しないことを強くおすすめします。
  5. 通常の管理者プロファイルを使用してログインできることを確認します。
  6. Shut down Bitbucket Server, remove the atlassian.recovery.password argument from _start-webapp.sh (or _start-webapp.bat on Windows), and restart Bitbucket Server as usual.


If you start Bitbucket on Windows as a Service, this is your set of instructions

  1. Stop your Bitbucket Service
  2. Confirm what is the actual Bitbucket Service name, it will be necessary in the next steps
  3. Start the command prompt
  4. Navigate to the directory Bitbucket\bin
  5. Execute bservmgr //ES/<service name>, for instance in my test, bservmgr //ES/AtlassianBitbucket. 
  6. This command will call the Bitbucket Service Properties. There we will edit the Java Arguments. 
  7. Go to Java tab
  8.  
  9. Under Java Options, you will include the -Datlassian.recovery.password=temporarypassword
  10. Click Apply to confirm
  11. Start the Bitbucket Service
  12. When you get to Bitbucket login page, you will notice this warning
  13. Now you might be ready to login using the id recovery_admin and the password you have informed in the -Datlassian.recovery.password=temporarypassword
  14. ユーザー名 "recovery_admin" とステップ 1 で指定した一時パスワードを使用して Bitbucket Server にログインします。
  15. Bitbucket Server の構成を修復します。Bitbucket Server がリカバリ モードの間は他の操作を実行しないことを強くおすすめします。
  16. 通常の管理者プロファイルを使用してログインできることを確認します。
  17. Shut down Bitbucket Server (Stop Bitbucket Service), remove the -Datlassian.recovery.password=temporarypassword argument from Java tab on Atlassian Bitbucket service Properties
  18. Click Apply to confirm the changes
  19. Start Bitbucket Service again
最終更新日 2022 年 4 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.