Bitbucket Server における監査イベント

Bitbucket Server での監査ログ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

The auditing component of Bitbucket Server will log many different events that occur when Bitbucket Server is being used. The events have been assigned priorities based on how important they are – these priorities can be used to control how much information is added to the audit log file. For example, if you have a server under high load and no need for auditing, you may wish to turn audit logging off by setting it to NONE - see the audit log config properties.

このページの内容

サーバー レベルのイベント

イベント説明Priority
ApplicationConfigurationChangedEventサーバーの設定 (例: 表示名やベース URL) が変更されました。

High

BackupEventシステム バックアップの最初と最後に監査が実行されます。
High
LicenseChangedEventサーバー ライセンスが変更しました。
High
MailHostConfigurationChangedEvent(メール通知の送信に使用されている) サーバーのメール ホストが変更されました。
High
MigrationEventデータベース移行の最初と最後に監査されます。
High
ServerEmailAddressChangedEvent(メール通知で使用されている) サーバーのメール アドレスが変更されました。
High
TicketRejectedEventチケットが拒否されると、特定のリソース (例: Git プロセス) がスロットルされ (例: 使用中の Git プロセスが多すぎる)、このイベントが実行されます。

ユーザー管理イベント

イベント説明Priority
AuthenticationFailureEvent

認証が失敗するごとに発生します。

これは、ユーザー名のみの文字列を使用してクローンを試みた場合の、認証なしエラーにも適用される可能性があります。リクエストは失敗し、ユーザーはパスワードを求められます。

High

DirectoryCreatedEvent新しいディレクトリが作成されたときに発生します。

High

DirectoryDeletedEvent新しいディレクトリが削除されたときに発生します。
High
GroupCreatedEvent内部ディレクトリで新しいグループが作成されたときに発生します。
High
GroupUpdatedEvent内部ディレクトリで新しいグループが更新されたとき (メンバーシップが変更されたときではない) に発生します。
High
GroupDeletedEvent内部ディレクトリで新しいグループが削除されたときに発生します。
High
GroupMembershipCreatedEvent内部ディレクトリのグループにユーザーが追加されたときに発生します。
High
GroupMembershipDeletedEvent内部ディレクトリのグループからユーザーが削除されたときに発生します。
High
UserAuthenticatedEventユーザーが正常に認証された (ログインした) 場合に発生します。
UserAuthenticationFailedInvalidAuthenticationEvent

ユーザーが認証に失敗するごとに発生します。

Bitbucket Server に提供される初期 URL として使用されるコマンド ライン CLI にユーザー名が含まれるがパスワードは含まれない場合、これは Crowd で拒否されます。この問題が Bitbucket Server で頻繁に発生することがあります。

UserCreatedEvent内部ディレクトリでユーザーが作成された場合に発生します。
High
UserCredentialUpdatedEvent内部ディレクトリでユーザーがパスワードを変更した場合に発生します。
High
UserDeletedEvent内部ディレクトリからユーザーが削除された場合に発生します。
High
UserRenamedEvent内部ディレクトリでユーザーのユーザー名が変更された場合に発生します。
High

権限イベント

(info) の記号は、イベントがプロジェクトまたはリポジトリの最近の監査ログ画面に表示されることを示しています。

イベント説明Priority
GlobalPermissionGrantedEventユーザーまたはグループにグローバル権限 (例: プロジェクトの作成) が付与された場合に発生します。
High
GlobalPermissionRevokedEventユーザーまたはグループのグローバル権限が取り消された場合に発生します。
High
ProjectPermissionGrantedEvent

ユーザーまたはグループに特定のプロジェクトの権限が付与された場合に発生します。 (info)

High
ProjectPermissionRevokedEvent

ユーザーまたはグループが持つ特定のプロジェクトの権限が取り消された場合に発生します。(info)

High
RepositoryPermissionEvent

ユーザーまたはグループが持つ特定のリポジトリ権限が変更された場合に発生します。(info)

High
RestrictedRefEvent

このイベントの子は制限付き ref が変更された場合に実行されます。(info)

High

プロジェクト イベント

(info) の記号は、イベントがプロジェクトの最近の監査ログ画面に表示されることを示しています。

イベント説明Priority
ProjectAvatarUpdatedEventプロジェクト アバターが正常に更新された場合に発生します。

ProjectCreatedEvent

プロジェクトが作成された場合に発生します。 (info)

High
ProjectCreationRequestedEventプロジェクトが作成される直前に発生します。取り消すことができます。
ProjectModifiedEvent

プロジェクトが正常に更新された(例: プロジェクト名) 場合に発生します。 (info)

High
ProjectModificationRequestedEvent プロジェクトが更新される直前に発生します。取り消すことができます。
ProjectDeletedEvent プロジェクトが削除された場合に発生します。
High
ProjectDeletionRequestedEvent プロジェクトが削除される直前に発生します。取り消すことができます。

リポジトリ イベント

(info)  の記号は、イベントがプロジェクトまたはリポジトリの最近の監査ログ画面に表示されることを示しています。

イベント説明Priority
RepositoryAccessedEvent

リポジトリにユーザーからのアクセスがあった場合に発生します。
Bitbucket Server は現在、このイベントを選択的にのみ (ユーザーがリポジトリ ページをヒットした場合に) 実行します。

RepositoryCreatedEvent

リポジトリが作成された場合に発生します。 (info)

RepositoryCreationFailedEventリポジトリを作成しようとして失敗した場合に発生します。
RepositoryCreationRequestedEventリポジトリ作成される直前に発生します。取り消すことができます。
RepositoryForkedEvent

リポジトリが正常にフォークされた場合に発生します。 (info)

RepositoryForkFailedEventリポジトリをフォークしようとして失敗した場合に発生します。
RepositoryForkRequestedEventリポジトリフォークされる直前に発生します。取り消すことができます。
RepositoryDefaultBranchModifiedEvent(一般にリポジトリ設定を通じて) リポジトリのデフォルト ブランチが再設定された場合に発生します。
RepositoryDeletedEvent

リポジトリが削除された場合に発生します(info)

High
RepositoryDeletionRequestedEventリポジトリ削除される直前に発生します。取り消すことができます。
RepositoryOtherReadEventサーバーが HTTP 経由でクライアントにファイルのパックをアップロードした場合に発生します
RepositoryOtherWriteEventサーバーが HTTP 経由でクライアントからファイルのパックを受信した場合に発生します
RepositoryPullEventGit クライアントがリポジトリからプルした場合に発生します (新しいコンテンツがクライアントに送信された場合のみ)。
RepositoryPushEventGit クライアントがリポジトリにプッシュされた場合に発生します。

プル リクエスト イベント

イベント説明Priority
PullRequestDeletedEventプル リクエストが削除された場合に実行します (Bitbucket Server 5.1 で追加)。

High

PullRequestEventプル リクエスト ライフサイクルのさまざまなポイント (却下、マージ、オープン、再オープン、リスコープ [コードの更新]、更新、承認、未承認、参加者の更新) で実行されます。

プラグイン イベント

次のイベントのトリガー時期の詳細については、このプラグイン ドキュメントを参照してください。

イベント説明Priority
PluginDisabledEventシステムまたはユーザーによってプラグインが無効化された場合に発生します。

PluginEnabledEvent

システムまたはユーザーによってプラグインが有効化された場合に発生します。
PluginModuleDisabledEventシステムまたはユーザーによってプラグイン モジュールが無効化された場合に発生します。
PluginModuleEnabledEventシステムまたはユーザーによってプラグイン モジュールが有効化された場合に発生します。
PluginModuleUnavailableEvent通常のインストール プロセスの外部でプラグイン モジュールを利用できなくなったことを示します。
PluginUninstalledEventプラグインが明示的に (アップグレードの一部としてではなく) アンインストールされた場合に発生します
PluginUpgradedEvent実行中にプラグインがアップグレードされたことを示します
PluginContainerUnavailableEventプラグインのコンテナが (通常はサーバーが停止したことが原因で) シャットダウンされた場合に発生します。
PluginModuleAvailableEvent通常のインストール プロセスの外部でプラグイン モジュールを利用できるようになったことを示します。
PluginFrameworkStartedEventプラグイン フレームワークが開始および初期化されたことを示します。


SSH キー イベント

(info)  の記号は、イベントがプロジェクトまたはリポジトリの最近の監査ログ画面に表示されることを示しています。

イベント説明Priority
SshKeyCreatedEvent

次の場合に発生します。

  • ユーザーに SSH キーが追加された
  • プロジェクトまたはリポジトリにアクセス キーが追加され、そのキーが他のプロジェクトまたはリポジトリでまだ使用されていない
High
SshKeyDeletedEvent

次の場合に発生します。

  • ユーザーから SSH キーが削除された
  • プロジェクトまたはリポジトリからアクセス キーが削除され、そのキーが他のプロジェクトまたはリポジトリでも使用されていない。
High
SshKeyAccessGrantedEventアクセス キーにプロジェクトまたはリポジトリへのアクセス権が付与された場合に発生します。(info)
High
SshKeyAccessRevokedEventプロジェクトまたはリポジトリからアクセス キーが削除された場合に発生します。(info)
High

Rate limiting events

イベント説明Priority
DefaultRateLimitSettingsModifiedEventThe default rate limiting settings (capacity and fill rate) have been modified.

RateLimitingDisabledEventRate limiting has been disabled (e.g. via the REST API).

High

RateLimitingEnabledEventRate limiting has been enabled (e.g. via the REST API).

High

UserRateLimitSettingsCreatedEvent

Custom rate limiting settings have been created for a user and will override the default settings for that user. This means that the user:

  • is whitelisted or exempt from rate limiting, or
  • has custom capacity and fill rate values that override the default capacity and fill rate values

UserRateLimitSettingsModifiedEvent

Custom rate limiting settings have been modified. This means that the user may have:

  • been whitelisted before
  • had custom capacity and fill rate values set, and similarly, may have been whitelisted now
  • new custom values for capacity and fill rate

UserRateLimitSettingsDeletedEvent

Occurs when a user's custom rate limiting settings have been deleted. This means that the user may have:

  • been whitelisted, or
  • had custom values for capacity and fill rate

From now on, the default rate limiting settings apply to this user.

最終更新日 2020 年 1 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.