Raising a request with Atlassian Support

Bitbucket Server のセットアップまたは使用中に問題が発生した場合、次の方法を利用して弊社にお知らせください。

スターター ライセンスの場合、次のリソースを確認することをおすすめします。

プライベートなテクニカル サポートへのアップグレードに関心がある場合、必要なご対応をこちらでご確認ください。

Bitbucket Server でバグを見つけた場合や、機能または改善をリクエストしたい場合は、弊社のパブリック課題トラッカーの Bitbucket Server プロジェクトにチケットを起票してください。類似の課題を検索することをおすすめします。既存の課題への投票は新しい課題の起票よりも素早く行え、重複も回避できます。

さらなる支援が必要な場合、以降のセクションを参考に、Bitbucket Server またはアトラシアン サポート サイトからサポート リクエストを起票してください。

初回のリクエストでは、Bitbucket Server のインストールに関する情報を可能な限り多く提供してください。サポート エンジニアが迅速かつ完全な返信をご提供するうえで役立ちます。

このページの内容

Raising a Support Request in Bitbucket Server

To use this method a mail server that supports large zip file attachments must be configured.

To raise a support request in Bitbucket Server:

  1. Log in as a System Administrator.

  2. Go to > Troubleshooting and support tools > Get help.

  3. Click Contact Technical Support or Report a Bug.

  4. Create your support request. You’ll need to include:

    • Contact email – This defaults to the email address of the logged-in user. It’ll be used to find your support account or, if no account is found, to create a new account. We'll send all notifications and updates about your problem to this address.

    • Summary – Enter a short summary of the problem.

    • Description – Include as much information as possible about the problem, such as steps to replicate the problem; messages on the console or in the log; and profiling logs if you’re having a performance issue. See also Information you should provide below.

    • Severity – Choose an option to indicate how many users are affected.

    • Attach support zip – When this is selected, a zip file of your logs and configuration files will be attached to your support request. This can speed up troubleshooting the problem and it should be included if possible. See Create a Support Zip for info on what's included.

  5. Click Send.

After sending your support request you’ll receive an email with the information you entered. You’ll also receive email updates about progress on the problem.

To see the status of your request visit the Atlassian Support System.

Raising a support request yourself at Atlassian Support

To raise a support request at Atlassian Support:

  1. Log in as a System Administrator.

  2. Go to  > Troubleshooting and support tools > Create support zip

  3. If necessary, click Customize zip to choose what is included. For help, see Create a support zip.

  4. [zip の作成] をクリックします。

  5. Click Download zip to save it to the home directory of your Bitbucket Server instance. For example, <Bitbucket home directory>\shared\export\Bitbucket_XXX.zip.

  6. Go to Atlassian Support and create a support request with the downloaded support zip.

When creating your support request, provide as much information as possible. Include steps to replicate the problem; messages on the console or in the log; and profiling logs if you’re having a performance issue. See also Information you should provide below.

提供する必要がある情報

サポート リクエストの zip ファイルに含められるログと構成情報に加えて次の情報を提供いただけると、迅速な対応に役立ちます。

環境の詳細

  • Bitbucket Server のバージョン
  • Java バージョン (OpenJDK 1.7.0 JRE など)
  • Git および Perl バージョン
  • オペレーティング システム (Windows 7、macOS 10.6.8 など)
  • データベース タイプ (MySQL など) とバージョン
  • ブラウザとバージョン
  • ネットワーク トポロジ - Bitbucket Server はリバース プロキシの背後で実行されていますか? HTTPS (SSL) を使用して保護されていますか?  

構成

  • Java 設定 (JVM_MINIMUM_MEMORY、JVM_MAXIMUM_MEMORY など)

ログ

より詳細なログを取得するには、ログ レベルを調整したり、Bitbucket Server のプロファイリングを有効化したりする必要がある場合があります。「Bitbucket Server のデバッグ ログ」を参照してください。

  • Debug logs – Bitbucket Server debug logs can be found in  <Bitbucket home directory>/log.
  • Profiling logs – Bitbucket Server profiling logs can help with analyzing performance issues and can be found in  <Bitbucket home directory>/log.

パフォーマンスの要因

  • 同時 Git クローンの数
  • ユーザーの数
  • .git ディレクトリのサイズ
  • CPU スペック、コア数、ハイパースレッディングが有効かどうか
  • RAM およびキャッシュ サイズ

連携

  • その他のアトラシアン アプリケーション (およびそのバージョン)
  • Bitbucket Server に連携されているビルド サーバー (連携されている場合)
  • アプリケーション リンクが構成されているかどうか
最終更新日 2019 年 11 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.