Bitbucket Server のデバッグ ログ

Bitbucket Server を管理する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、Bitbucket Server でさまざまなタイプのデバッグレベルのログ作成を有効化する方法について説明します。

Bitbucket Server logs can be found in <Bitbucket home directory>/log.

このページの内容

Bitbucket Server インスタンスでのデバッグ ログ作成

このセクションでは、Bitbucket Server でデバッグ レベルのログ作成を有効化する方法について説明します。

UI 経由でデバッグ ログ作成を有効化する

デバッグ ログ作成を有効化するには、Bitbucket Server の管理領域に移動し、[サポート] 配下の [ログとプロファイル] を選択し、[デバッグ ログ作成を有効化] を選択します。

起動時にデバッグ ログ作成を有効化する

To enable debug logging whenever Bitbucket Server is started, edit the <Bitbucket home directory>/shared/bitbucket.properties file (if this file doesn't exist then you should create it) and add these two lines:

logging.logger.ROOT=DEBUG
logging.logger.com.atlassian.bitbucket=DEBUG

If your Bitbucket Server instance is earlier than version 3.2, the bitbucket.properties file is at the top level of the Bitbucket Server home directory.

実行中にデバッグ ログ作成を有効にする

Bitbucket Server の起動後にルート ロガーのデバッグ ログ作成を有効にするには、ターミナルで 2 つのコマンドを実行します。

curl -u <ADMIN_USERNAME> -v -X PUT -d "" -H "Content-Type: application/json" <BASE_URL>/rest/api/latest/logs/rootLogger/debug
curl -u <ADMIN_USERNAME> -v -X PUT -d "" -H "Content-Type: application/json" <BASE_URL>/rest/api/latest/logs/logger/com.atlassian.bitbucket/debug

# e.g.
curl -u admin -v -X PUT -d "" -H "Content-Type: application/json" http://localhost:7990/rest/api/latest/logs/rootLogger/debug
curl -u admin -v -X PUT -d "" -H "Content-Type: application/json" http://localhost:7990/rest/api/latest/logs/logger/com.atlassian.bitbucket/debug

 

特定のロガーに対するデバッグ ログ作成を有効にするには、ターミナルで次のコマンドを実行します。

curl -u <ADMIN_USERNAME> -v -X PUT -d "" -H "Content-Type: application/json" <BASE_URL>/rest/api/latest/logs/logger/<LOGGER_NAME>/debug

# e.g. embedded Crowd debug log
curl -u admin -v -X PUT -d "" -H "Content-Type: application/json" http://localhost:7990/rest/api/latest/logs/logger/com.atlassian.crowd/debug
 
# e.g. LDAP debug log
curl -u admin -v -X PUT -d "" -H "Content-Type: application/json" http://localhost:7990/rest/api/latest/logs/logger/com.atlassian.crowd.directory.SpringLDAPConnector/DEBUG
# e.g. email debug log
curl -u admin -v -X PUT -d "" -H "Content-Type: application/json" http://localhost:7990/rest/api/latest/logs/logger/bitbucket.mail-log/debug

Bitbucket Server インスタンスのプロファイル ログ作成

このセクションでは、Bitbucket Server でプロファイルを有効化する方法について説明します。このログは、パフォーマンスの問題をトラブルシューティングする際に必須です。

UI からプロファイルのログ作成を有効化する

詳細なトレース情報を有効化するには、Bitbucket Server の管理領域に移動し、[サポート] 配下の [ログとプロファイリング] を選択して、[プロファイル作成を有効化] を選択します。

クライアントでの Git オペレーションのデバッグ ログ作成

Atlassian Support might request debug logs for Git operations (on the client) when troubleshooting issues. You can enable debug logging on the Git client by setting the following variables. If you are using HTTP/S, remove the Authorization header from the output, as it contains your Basic-Auth information. Atlassian provides a set of scripts that simplify the collection of Git client debug information.

Linux の場合

Git コマンドを実行する前に、コマンド ラインで以下を実行します。

export GIT_TRACE_PACKET=1
export GIT_TRACE=1 
export GIT_CURL_VERBOSE=1

 

To measure the length of time a command takes to complete, use the time utility/command prior to the actual git command. For example, to test a push to branch "master":

time git push origin master

Windows の場合

Git コマンドを実行する前に、コマンド ラインで以下を実行します。

set GIT_TRACE_PACKET=1
set GIT_TRACE=1 
set GIT_CURL_VERBOSE=1

Setting GIT_CURL_VERBOSE is only useful for connections over HTTP/S since SSH doesn't use the libcurl library.

Bitbucket Server Backup Client のデバッグ ロギング

アトラシアン サポートでは問題のトラブルシューティングを行う際に、Backup クライアントのデバッグ ログを依頼する場合があります。

To enable debug logging for the Backup client, add a file named logback.xml to your working directory (pwd) with the following content:

logback.xml
<included><logger name="com.atlassian.bitbucket" level="DEBUG"/></included>
最終更新日 2019 年 8 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.