Using repository permissions

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

リポジトリ権限を使用すると、プロジェクト権限で付与された内容に追加して、個人ユーザーまたはユーザー グループによるリポジトリへのアクセスを管理できます。

 

リポジトリの権限の変更方法

  1. リポジトリの [設定] > [権限] に移動します。 
  2. ユーザーまたはグループの検索または一括追加の関連セクションで、[ユーザーを追加] または [グループを追加] フィールドをクリックします。 
  3. ドロップダウン リストから権限を選択して [追加] をクリックします。

追加されたら、チェックボックスを使用して特定のユーザーまたはグループに対する特定の権限を編集できます。

 

リポジトリでユーザーまたはグループに付与できる権限のレベルは、管理書き込み、および読み込みの 3 つです。

 

 
参照
クローン、フォーク、プル
プル リクエストの作成、参照、またはコメント
プル リクエストのマージ
プッシュ
設定や権限の編集
管理

(tick)

(tick)

(tick)(tick)(tick)(tick)
書き込み

(tick)

(tick)

(tick)(tick)

(tick)

(error)
読み取り

(tick)

(tick)

(tick)(error)(error)(error)


タスクに関連する権限

  • プル リクエストを参照する権限を持つすべてのユーザーが任意のコメントでタスクを作成し、プル リクエスト内の既存のタスクを参照、解決、および再オープンできます。
  • リポジトリ管理者とプル リクエスト作成者は、プル リクエストの任意のタスクを編集および削除できます。レビュアーおよびその他のユーザーは自身のタスクのみを編集または削除できます。

1 つのプロジェクトのすべてのリポジトリへのアクセスを付与する

1 つのプロジェクトに多数のリポジトリがある場合、プロジェクト レベルの権限を使用して、そのプロジェクトのすべてのリポジトリへのアクセスを付与できます。たとえば、"チーム A" などのグループにプロジェクト レベルの書き込みアクセス権を付与すると、プロジェクト内のすべての既存のリポジトリに書き込みアクセス権限が自動的に付与されます。また、プロジェクト内で以降に作成されるすべてのリポジトリにも同様に付与されます。

プロジェクトの権限を変更するには、プロジェクトを表示しているときに [権限] をクリックします。上記で単一のリポジトリについて説明したのと同じ方法で、個々のユーザーおよびグループの権限を追加または変更できます。

リポジトリの作成権限を付与する

プロジェクト管理権限を持っているユーザーのみが新しいリポジトリを作成できます。  

最終更新日 2019 年 6 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.