エクスポート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

エクスポートを開始する前に

エクスポート プロセスを開始する前に、必ず移行の前提条件を確認してください。

移行するプロジェクトまたはリポジトリを決定します。

リポジトリの URL から取得できるプロジェクト キーまたはリポジトリ スラッグが必要となります。

リポジトリの URL を訪問する

The format is https://bitbucket.example.com/projects/PROJECT/repos/repository, where PROJECT is the project key and repository is the repository slug.

エクスポートのプレビュー

プレビューによってエクスポート リクエストを試すことができます。指定されたリクエストに含まれるリポジトリの一覧が返されます。

次のコマンドを使用してプレビューを実行できます。

curl -s -n -X POST -H 'Content-type: application/json' -d '{"repositoriesRequest":{"includes":[{"projectKey":"*","slug":"*"}]}}' http://localhost:7990/bitbucket/rest/api/1.0/migration/exports/preview | jq .


プレビューには次のリクエスト値が必要です (REST ドキュメント)。

説明
URL
/rest/api/1.0/migration/exports/preview
HTTP 動詞 POST
HTTP ヘッダー Content-type: application/json
認証 Basic (基本)


すべてのリポジトリのプレビューを行うには、次のように実行します。

リクエスト本文
{
    "repositoriesRequest": {
        "includes": [ 
            {
                "projectKey":"*",
                "slug":"*"
            }
        ]
    }
}


1 つの完全なプロジェクトと特定のリポジトリをプレビューするには、次のように実行します。

リクエスト本文
{
    "repositoriesRequest": {
        "includes": [ 
            {
                "projectKey":"PROJECTKEY",
                "slug":"*"
            },
            {
                "projectKey":"PROJECTKEY2",
                "slug":"repository-slug"
            }
        ]
    }
}


必要に応じ、projectKey と slug の組み合わせを必要なだけ指定できます。  

フォーク階層で 1 つのリポジトリを選択するとすぐに、そのフォーク階層のすべてのリポジトリ (パーソナル フォークおよびリポジトリの origin を含む) がエクスポートされます。

エクスポートを実行する

エクスポートを開始すると、必要なすべての Git データとデータベース エンティティを含むアーカイブ ファイルがディスクに書き込まれます。

The archive file can be found after the migration is finished, in $BITBUCKET_SHARED_HOME/data/migration/export/Bitbucket_export_<Job ID>.tar


次のコマンドを使用してエクスポートを実行できます。

curl -s -n -X POST -H 'Content-type: application/json' -d '{"repositoriesRequest":{"includes":[{"projectKey":"*","slug":"*"}]}}' http://localhost:7990/bitbucket/rest/api/1.0/migration/exports | jq .

エクスポートには次の値が必要です (REST ドキュメント)。

説明
URL
/rest/api/1.0/migration/exports
HTTP 動詞 POST
HTTP ヘッダー Content-type: application/json
認証 Basic (基本)

注: エクスポートをプレビューしたときと同じリクエスト本文を使用できます。


すべてのリポジトリをエクスポートするには、次のように実行します。

リクエスト本文
{
    "repositoriesRequest": {
        "includes": [ 
            {
                "projectKey":"*",
                "slug":"*"
            }
        ]
    }
}


1 つの完全なプロジェクトと特定のリポジトリをエクスポートするには、次のように実行します。

リクエスト本文
{
    "repositoriesRequest": {
        "includes": [ 
            {
                "projectKey":"PROJECTKEY",
                "slug":"*"
            },
            {
                "projectKey":"PROJECTKEY2",
                "slug":"repository-slug"
            }
        ]
    }
}


You can specify the projectKey and slug pair as many times as necessary.  

フォーク階層で 1 つのリポジトリを選択するとすぐに、そのフォーク階層のすべてのリポジトリ (パーソナル フォークおよびリポジトリの origin を含む) がエクスポートされます。


レスポンスには、後でジョブのステータスを問い合わせるために重要となるジョブ ID が含まれます。

エクスポート中

以下の REST エンドポイントをクエリすると、進捗を確認できます。

watch -n30 'curl -s -n -X GET http://localhost:7990/bitbucket/rest/api/1.0/migration/exports/<Job ID> | jq .'

Replace <Job ID> with the "id" value that was returned from request that started the export job.


進捗状況をクエリするには次の値が必要です (REST ドキュメント)。

説明
URL
/rest/api/1.0/migration/exports/<Job ID>
HTTP 動詞 GET
認証 Basic (基本)

エクスポート後

On completion, the job state will change to COMPLETED and the export file can be found in $BITBUCKET_SHARED_HOME/data/migration/export/Bitbucket_export_<Job ID>.tar. If any errors occurred, the job state will change to ABORTED for fatal errors or FAILED.

警告またはエラーを確認するには、次の手順を実行します。

curl -s -n -X GET http://localhost:7990/bitbucket/rest/api/1.0/migration/exports/<Job ID>/messages | jq .


Replace <Job ID> with the "id" value that was returned from request that started the export job.

警告またはエラーを確認するには次の値が必要です (REST ドキュメント)。

説明
URL
/rest/api/1.0/migration/exports/<Job ID>/messages
HTTP 動詞 GET
認証 Basic (基本)

個々の場合に応じた警告メッセージへの対応が必要ですが、一般に、エクスポートされなかったデータがあるが、アーカイブは別のインスタンスへのインポートに使用できることを意味します。

エラー メッセージは一般に、生成されたアーカイブが使用不能であることを意味します。詳細は、トラブルシューティングのセクションを参照してください。

エクスポートのキャンセル

リクエストの受け入れと実際のジョブ キャンセルとの間に若干の遅れが生じる場合があります。ほとんどの場合、この遅れは無視可能な大きさです。

クラスタ全体に通信の問題が発生した場合、ジョブのキャンセルに数秒間かかる場合があります。

ジョブのキャンセルが正常に完了したことを確認するために、クエリを常に実行してジョブのステータスを問い合わせることをおすすめします。

エクスポート アーカイブはそのまま残りますが、インポートの実行に使用することはできません。これは問題の診断にのみ使用できます。 

エクスポートのキャンセル方法:

curl -s -n -X POST -H 'Content-type: application/json' http://localhost:7990/bitbucket/rest/api/1.0/migration/exports/<Job ID>/cancel

Replace <Job ID> with the "id" value that was returned from request that started the export job.

エクスポートをキャンセルするには次の値が必要です (REST ドキュメント)。

説明
URL
/rest/api/1.0/migration/exports/<Job ID>/cancel
HTTP 動詞 POST
認証 Basic (基本)
最終更新日: 2019 年 12 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.