コントリビューション ガイドライン ファイルの作成

Bitbucket Server を使用すると、ユーザーやチームで Git リポジトリを作成して共有し、組織内の他の開発者とコラボレーションできます。多くの場合、個人またはチームには、リポジトリで作業する場合に使用するガイドラインがあります。たとえば、プル リクエストをレビューすべきユーザーについての推奨事項や、コーディングのベスト プラクティスの情報、望ましいファイル構造などです。これらのガイドラインをリポジトリのファイルに追加できます。以下の場合にこのファイルへのリンクが表示されます。

  • サイドバーで [クローン] にアクセスしたとき (リンクから関連ページに移動できます)
  • プル リクエストを作成しようとしているとき (リンクをクリックするとダイアログにガイドラインが表示されます)
  • プル リクエストを表示しているとき (リンクをクリックするとダイアログにガイドラインが表示されます)

ファイルを構築する場合、ファイルを次のように処理する必要があります。

  • リポジトリ のルート ディレクトリに保存します
  • タイトルは Contributing とします (大文字 / 小文字は区別されません)
  • ファイルのコンテンツは Bitbucket でマークダウン構文を使用して構築できます
  • ファイルには拡張子を設定しないか、以下の拡張子を設定します
    • .md
    • .markdown
    • .mdown
    • .mkdn
    • .mkd
    • .text
    • .txt

ファイルを作成すると、ユーザーとチームメイトはリポジトリ内のファイルと同じようにコンテンツを追加および更新できます。

 

最終更新日 2019 年 9 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.