Bitbucket Server でのワークフロー戦略

Bitbucket Server ではさまざまな Git ワークフローがサポートされています。 

Bitbucket Server での Git ワークフローのセットアップの詳細については、「Bitbucket Server でブランチを使用する」および「Bitbucket Server でフォークを使用する」を参照してください。

集中化ワークフロー

Like Subversion, the Centralized Workflow uses a central repository to serve as the single point-of-entry for all changes to the project. Instead of trunk, the default development branch is called master and all changes are committed into this branch. This workflow doesn’t require any other branches besides master.

集中化ワークフローの詳細を読む...

フィーチャー ブランチ ワークフロー

The core idea behind the Feature Branch Workflow is that all feature development should take place in a dedicated branch instead of the master branch. This encapsulation makes it easy for multiple developers to work on a particular feature without disturbing the main codebase. It also means the master branch will never contain broken code, which is a huge advantage for continuous integration environments.

フィーチャー ブランチ ワークフローの詳細を読む...

Gitflow ワークフロー

Gitflow ワークフローは、プロジェクト リリースに関連て設計された厳密なブランチ モデルを定義します。フィーチャー ブランチ ワークフローよりも少し複雑ですが、大規模プロジェクトの管理のための堅牢なフレームワークを提供します。

Gitflow ワークフローの詳細を読む...

フォーク型ワークフロー

フォーク型ワークフローは、このチュートリアルで説明した他のワークフローとは根本的に異なります。1 つののサーバー側リポジトリを "中心的な" コードベースとして使用する代わりに、各開発者にサーバー側リポジトリを提供します。つまり、各投稿者はそれぞれ、非公開のローカル リポジトリと、公開のサーバー側リポジトリの 2 つの Git リポジトリを持ちます。

フォーク ワークフローの詳細を読む...

 

最終更新日 2019 年 5 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.