Azure で Bitbucket Data Center の使用を開始する

Bitbucket Data Center は Microsoft Azure 環境に最適です。Azure は、Bitbucket Data Center インスタンスですぐに動作する多数のマネージド サービスを提供し、あらゆる設定とメンテナンスを自動で処理します。管理者は組織のニーズに合わせてノードの数とサイズを選択し、必要に応じて拡張 / 縮小できます。

Microsoft Azure で Bitbucket Data Center をデプロイできる、参照用テンプレートを提供しています。ユーザーは組織の Azure ベスト プラクティスに応じてテンプレートを構成できます。独自のハードウェアで Bitbucket Data Center インストールを行う場合と同じように、ユーザー管理、中央ログ ストレージ、バックアップ戦略および監視を設定することを強くお勧めします。

動作の仕組み

テンプレートを使用して Bitbucket Data Center をデプロイする際のアーキテクチャの概要は次のとおりです。

デプロイメントは、以下のコンポーネントで構成されています。

  • VM スケール セット内で Bitbucket を実行する、クラスタ ノードとしての 1 つ以上の Azure 標準 Linux VM インスタンス
  • Bitbucket ホーム ディレクトリをホストする、Linux VM にデプロイされた NFS サーバー
  • Elasticsearch を実行する、クラスタ ノードとしての 1 つ以上の Azure 標準 Linux VM インスタンス
  • Azure SQL Server または PostgreSQL データベース
  • ジャンプボックス
  • ロード バランサとアプリケーション ゲートウェイ

アプリケーション ゲートウェイはすべての HTTP トラフィックを受信し、ロード バランサはすべての SSH トラフィックを受信して Bitbucket ノードに負荷分散します。

制限事項

デプロイメント テンプレートを使用して、既存の Bitbucket デプロイメントをアップグレードしたり、異なるバージョンを実行している新しいノードをクラスタの残りにプロビジョニングしたりすることはできません。 

Azure Marketplace 経由で Bitbucket Data Center を Azure にデプロイ

この方法では、Azure Marketplace でデプロイメント テンプレートをリファレンスとして使用して Bitbucket Data Center をデプロイします。 

デプロイメント先として予定しているリソース グループに対する所有者の権限が必要となります。つまり、RBAC ロールの "Owner" を Azure サブスクリプションに追加します。

関連情報については、「Azure リソースのロールベースのアクセス制御 (RBAC) の概要」(Azure のドキュメント) を参照してください。

アトラシアンの Marketplace アプリを使用して Azure に Bitbucket Data Center をデプロイするには、次の手順を実行します。

  1. Azure ポータルにログインします。
  2. [リソースの作成] を選択して、[新規] メニューから新しいデプロイを開始します。
  3. [新規] で「Atlassian」を検索し、Marketplace アプリの一覧から "Bitbucket Data Center" を選択します。
  4. [作成] を選択してデプロイの構成を開始します。
  5. ウィザードの指示に従ってデプロイを構成します。詳細は、以下のパラメーター テーブルを参照してください。 
  6. すべての情報が正しいことを確認し、[作成] をクリックしてサブスクリプションを購入します。デプロイメントには約 30 分かかります。  
  7. デプロイメントが完了したら、デプロイメント出力に記載されている Bitbucket URL に移動して、Bitbucket Data Center を使い始めます。  

パラメータ  

パラメータ

説明

サブスクリプション Microsoft Azure サブスクリプション タイプ。
リソース グループ 既存のリソース グループがある場合は、それを使用するか、新しく作成できます。
場所 Azure がデプロイメントを格納する領域です。
Bitbucket バージョン 完全版としてインストールする Bitbucket バージョンを指定します (6.2.0 など)。全リリースの一覧については、Bitbucket Server リリース ノートをご確認ください。
データベース構成

Azure SQL Database と PostgreSQL 用 Azure Database のいずれかを選択します。データベース管理者ユーザーのユーザー名とパスワードを提供します。

同じ場所およびリソース グループに既存のデータベースがある場合、既存のデータベースを選択して使用できます。詳細をここに入力します。

Bitbucket 管理者の資格情報

インスタンスの最初の Bitbucket 管理者の名前、メール アドレス、パスワードを入力します。

SSH アクセス

Bastion ホストとして機能するインスタンスへの SSH 接続に使用される SSH パブリック キーと、Bitbucket ノードに SSH 接続でアクセスするためのユーザー名およびパスワードを入力します。

Microsoft Azure ドキュメントの「Create and use an SSH public-private key pair for Linux VMs in Azure (Azure 内に Linux VM 用の SSH 公開/秘密キーのペアを作成して使用する)」を参照してください。

Bitbucket クラスタ Bitbucket アプリケーション ノードの最初の数と、各ノードのサイズを指定します。これらは、後で再設定することもできます。
ファイル サーバー NFS ファイル サーバーのサイズとディスク サイズを指定します。
Elasticsearch の詳細 Elasticsearch ノードの最初の数と、各ノードのインスタンス サイズおよびディスク サイズを指定します。
cname

組織の CNAME (Canonical Name record)。提供されない場合、Azure はインスタンス用にランダムなサブドメインを生成します。

HTTP/SSL Azure Application Gateway 上の SSL 終端に使用する証明書とパスワードを指定します。
監視 有効化する監視および分析サービスを選択します。ご利用のロケーションで利用可能なサービスに応じます。関連情報については、「監視」を参照してください。

CLI を使用して Bitbucket Data Center を Azure にデプロイする

この方法では、Azure コマンドライン インターフェイスでアトラシアンのデプロイメント テンプレートをリファレンスとして使用し、Bitbucket Data Center をデプロイします。これを行うには、Azure CLI をインストールする必要があります。

デプロイメント テンプレートを直接使用すると、さらに細かい構成を行うことができます。クラスタ ノードの数、サイズ、ディスク サイズ、OS タイプなど、すべてのハードウェアの選択をパラメータとして設定可能です。 

https://bitbucket.org/atlassian/atlassian-azure-deployment/src/master/ にアクセスし、README を読んで、CLI を使用したデプロイ方法を確認します。 

監視

プロビジョニングするリソースの多くは Azure によって管理されるため、監視に多くのオプションを利用できます。例:

  • アプリケーション ゲートウェイはそのバックエンド プール (Bitbucket アプリケーション ノード) を自動的に監視し、デプロイメントで指定された Bitbucket 管理者のメール アドレスにアラートを送信します。Microsoft Azure ドキュメントの「Application Gateway による正常性監視の概要」を参照してください。 
  • Azure Monitor を使用して、デプロイメント全体の健全性を確認し、関心のある特定の領域について掘り下げることができます。Azure ドキュメントの「Azure Monitor の概要」を参照してください。
  • Azure SQL Analytics を使用すると、SQL Server データベースをよりきめ細かに監視できます。Microsoft Azure のドキュメント「Azure SQL Analytics (プレビュー) を使用した Azure SQL Database の監視」を参照してください。 

これらのリソースの一部はまだプレビュー段階であるため、リージョンによっては利用できない場合があります。 

最終更新日 2019 年 6 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.