SSH キーを作成する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、SSH キーの作成方法について説明します。

次の場合、SSH キーを使用して Bitbucket Server との安全な接続を確立できます。

  • ローカル マシンから Git 操作を実行する場合
  • 別のシステムやプロセスで Bitbucket Server 内のリポジトリにアクセスする必要がある場合 (ビルド サーバーなど)

キーを使用するには、SSH キーが Bitbucket Server に追加されていて、Bitbucket Server 管理者が Git リポジトリへの SSH アクセスを有効化している必要があります。

サポートされるキー タイプは DSA および RSA2 です。RSA1 はサポートされません。

必要も応じて Bitbucket Server で既存の SSH キーを使用できます。この場合、「個人用の SSH ユーザー キー」または「システム用の SSH アクセス キー」をご参照ください。

このページの内容:

Windows での SSH キーの作成

1. 既存の SSH キーの確認

ローカル コンピューター上で既存の SSH キーを確認します。必要に応じ、Bitbucket Server で既存の SSH キーを使用できます。この場合は、「個人用の SSH ユーザー キー」または「システム用の SSH アクセス キー」に直接移動してください。

コマンド プロンプトを開いて以下を実行します。

cd %userprofile%/.ssh

2. 古い SSH キーのバックアップ

既存の SSH キーがあるが、それを Bitbucket Server への接続時に使用したくない場合、それをバックアップする必要があります。

ローカル コンピューターのコマンド プロンプトで、以下を実行します。

mkdir key_backup
copy id_rsa* key_backup

3. 新しい SSH キーの生成

使用する既存の SSH キーを持っていない場合は、以下を生成します。

  1. ローカル コンピューターに管理者としてログインします。
  2. コマンド プロンプトで以下を実行します。

    ssh-keygen -t rsa -C "your_email@example.com"

    キーとメール アドレスを関連付けておくと、あとからキーを識別するのに役立ちます。

    Note that the ssh-keygen command is only available if you have already installed Git (with Git Bash).
    You'll see a response similar to this:

  3. Just press <Enter> to accept the default location and file name. If the .ssh directory doesn't exist, the system creates one for you.
  4. プロンプトが表示されたら、パス フレーズの入力と確認入力を行います。全体の流れは次のようになります。

  5. これで完了です。「個人用の SSH ユーザー キー」または「システム用の SSH アクセス キー」にお進みください。

Linux および macOS での SSH キーの作成

1. 既存の SSH キーの確認

ローカル コンピューター上で既存の SSH キーを確認します。必要に応じ、Bitbucket Server で既存の SSH キーを使用できます。この場合は、「個人用の SSH ユーザー キー」または「システム用の SSH アクセス キー」に直接移動してください。

ターミナルを開いて、以下を実行します。

cd ~/.ssh

2. 古い SSH キーのバックアップ

既存の SSH キーがあるが、それを Bitbucket Server への接続時に使用したくない場合、それをバックアップする必要があります。

以下のコマンドを実行して、ローカル コンピューターのターミナル内でこれを実行します。

mkdir key_backup
cp id_rsa* key_backup

3. 新しいキーの生成

使用する既存の SSH キーを持っていない場合は、以下を生成します。

  1. ローカル コンピューターででターミナルを開き、以下を入力します。

    ssh-keygen -t rsa -C "your_email@example.com"

    キーとメール アドレスを関連付けておくと、あとからキーを識別するのに役立ちます。

    次のような応答が表示されます。

  2. Just press <Enter> to accept the default location and file name. If the .ssh directory doesn't exist, the system creates one for you.
  3. プロンプトが表示されたら、パス フレーズの入力と確認入力を行います。
    全体の流れは次のようになります。

     
     
  4. これで完了です。「個人用の SSH ユーザー キー」または「システム用の SSH アクセス キー」にお進みください。
最終更新日: 2018 年 2 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.