Linking Bitbucket Server with JIRA

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

See JIRA integration for a description of all the integrations you get when Bitbucket Server is linked with JIRA Software.

You can also use JIRA Software for delegated user management. See External user directories.

This page describes how to link Bitbucket Server to JIRA Software.

Link Bitbucket Server with JIRA Software

このページの内容

You can integrate Bitbucket Server with one or more instances of JIRA Software by means of 'application links'. You set up application links either:

  • Bitbucket Server のインストール プロセス中にセットアップ ウィザードを使用する、または 
  • インストール後の任意のタイミングで以下の説明に従って実行する

To link Bitbucket Server to a JIRA Software server:

  1. Bitbucket Server の管理領域の [設定] の [アプリケーション リンク] をクリックします。
  2. Enter the URL for the JIRA Software instance you want to link to and click Create new link.
  3. Complete the application link wizard to connect Bitbucket Server to your JIRA Software server. You must make use of the automatic link-back from JIRA Software to Bitbucket Server to get full integration (you'll need system administrator global permission for that).

注意:

  • アトラシアンでは、アプリケーション リンクに OAuth 認証のみを使用することを推奨しています。これは、このプロトコル固有のセキュリティを活用できるためです。信頼済みアプリケーションによる認証や BASIC 認証タイプは、現在では推奨していません。
  • When Bitbucket Server 4.0 or later is linked with JIRA Software 6.2 or later, you won't see the Source tab at the bottom of the View Issue screen any more. 

  • Bitbucket Server only begins scanning commit messages for issue keys on the first push after you created the application link to JIRA Software – the scan may take a short time.
  • Bitbucket Server では、以下のシステム プラグインを有効にする必要があります。これらは、Bitbucket Server 4.0 以降にバンドルされており、既定で有効になっています。

    • Atlassian ナビゲーションリンクプラグイン (com.atlassian.plugins.atlassian-nav-links-plugin) 
    • Bitbucket Server Dev Summary Plugin (bitbucket-jira-development-integration-plugin)。

詳細については、「アトラシアン アプリケーションをリンクして連携させる」を参照してください。

OAuth を使用するように既存のリンクを更新する

以下の場合は、OAuth を使用するように既存のアプリケーション リンクを更新する必要がある場合があります。

  • バージョン 5.2 以降のアプリケーション リンクを使用するバージョンにアトラシアン アプリケーションをアップグレードした。「アプリケーション リンクのバージョン マトリクス」を参照してください。
  • 既存のリンクは信頼済みアプリケーションの認証を使用しているが、チームは Jira Software 課題の開発パネルで Bitbucket Server などの開発者ツールからの要約情報を表示できない。
  • 既存のアプリケーション リンクが OAuth を使用しているが、チームは Jira Software 課題の開発パネルで詳細ダイアログを表示できない。
  • OAuth 認証タイプが必要なプラグインを使用している。

ここでは Jira Software での方法を説明しますが、他のアトラシアン サーバー製品でもプロセスはほとんど同じです。

ローカル アプリケーションの開始

ローカル アプリケーションの管理領域の [アプリケーション リンクの設定] ページに移動します。

更新が必要なリンクの横に DEPRECATED というマークが表示される場合があります。

更新するリンクの設定を編集するには、右側の鉛筆アイコンをクリックします。

[編集] ダイアログの [接続] 配下でリンクのローカル認証を設定します。

次のいずれかを行います。

  • OAuth (両方のアプリケーションに異なるユーザーベースがある場合)
  • OAuth (なりすまし) (両方のアプリケーションが同じユーザーベースを共有している場合。多くの場合は LDAP を使用して外部ディレクトリで管理されます)

入力および出力方向の両方で、ローカルおよびリモート エンドの認証が一致していることを確認します。

[変更を保存] をクリックします。

リモート アプリケーションでの操作

リモート アプリケーションの管理領域の [アプリケーション リンクの設定] ページに移動します。表示している UI と一致する手順の列を選択します (いずれも同じ結果になります)。

更新するリンクの設定を編集するには、右側の鉛筆アイコンをクリックします。

[編集] ダイアログの [接続] 配下でリンクのローカル認証を設定します。

次のいずれかを行います。

  • OAuth (両方のアプリケーションに異なるユーザーベースがある場合)
  • OAuth (なりすまし) (両方のアプリケーションが同じユーザーベースを共有している場合。多くの場合は LDAP を使用して外部ディレクトリで管理されます)

入力および出力方向の両方で、ローカルおよびリモート エンドの認証が一致していることを確認します。

[変更を保存] をクリックします。

更新中のアプリケーション リンクの [編集] をクリックします。

[設定] ダイアログで、[送信認証] をクリックして [OAuth] タブをクリックします。

[2-Legged OAuth の有効化] を選択します。ここでは、アプリケーションは異なるユーザーベースを持っていると想定しています。

両方のアプリケーションが同じユーザーベースを共有している場合 (一般に LDAP を使用して外部ディレクトリで管理されます)、必要に応じて [2-Legged OAuth (なりすまし機能あり) の有効化] を選択します。

[更新] をクリックします。

次に、[受信認証] をクリックしてから、[OAuth] タブをクリックします。


[2-Legged OAuth の有効化] を選択します。ここでは、アプリケーションは異なるユーザーベースを持っていると想定しています。

両方のアプリケーションが同じユーザーベースを共有している場合は、任意で [2-Legged OAuth (なりすまし機能あり) の有効化] を選択します。

[更新] をクリックします。

注意:

  • Jira Software の開発パネルの要約データを表示できるユーザーが、その要約に集約される、詳細ダイアログの各情報 (ブランチ、コミット、プル リクエストなど) の閲覧権限を持っていない場合があります。これは、詳細ダイアログが、接続されたアプリケーションでそのユーザーが持っているアクセス権限を尊重しているためです。

  • 開発パネルを表示するには、チーム メンバーが Jira Software で "開発ツールの表示" 権限を持っている必要があります。

  • Jira Software とアトラシアン開発者ツール (Bitbucket Server、Bamboo、Crucible、Fisheye) 間のアプリケーション リンクでは、信頼済みアプリケーションによる認証および Basic 認証が無効化されている必要があります。

  • ポート 443 でアプリケーションを実行する場合、すべての機能を利用するには、有効な SSL 証明書 (自己署名証明書ではありません) を使用する必要があります。

詳細は、「アプリケーション リンク用の OAuth セキュリティ」を参照してください。

Restrictions for JIRA Software integration

  • The display of details for JIRA Software issues, for example when viewing a pull request, relies on the JIRA 5.0 REST API. Issue details are not displayed when Bitbucket Server is integrated with JIRA Software versions earlier than 5.0.
  • 課題のトランジションには OAuth 認証が必要です。アプリケーション リンクに Basic 認証のみが使用されている場合、ユーザーは課題詳細を表示できますが、課題をトランジションできなくなります。
  • JIRA Software permissions are respected, so a user who is not permitted to transition an issue will not see the transition buttons in Bitbucket Server.
  • If Bitbucket Server is linked with multiple JIRA Software instances and the projects happen to have the same key, only the issue from the instance marked as PRIMARY will be displayed. See Making a primary link for links to the same application type.

Link Bitbucket Server with JIRA Software Cloud

There are port restrictions, and other considerations, when linking Bitbucket Server with JIRA Software Cloud. 

ローカル サーバーは有効な SSL 証明書を使用し、ポート 80 または 443 でアクセス可能である必要があります。詳細は、こちらの Atlassian Cloud 製品ドキュメントを参照してください。

インターネットに接しているファイアウォールがある場合、内部ネットワークに到達できるよう、アトラシアンが使用する IP 範囲が許可されていることを確認してください。最新の情報については、「Atlassian Cloud IP 範囲とドメイン」を参照してください。

Troubleshoot integration with JIRA Software

There are a few situations where the integration of Bitbucket Server with JIRA Software can produce an error or may not function as expected:

課題内で開発パネルを表示できない

You must have the 'View Development Tools' permission in JIRA Software to see the Development panel. See Managing Global Permissions.

プロジェクトへのアクセス権限がない

If you don't have permission to access the project within JIRA Software then Bitbucket Server will be unable to display issues.

The JIRA Software server is of an unsupported version

Bitbucket Server can integrate with JIRA 4.3.x, or later. Some features require higher versions of JIRA Software to function properly. See Integrating Bitbucket Server with Atlassian applications for details.

課題キーが無効

Bitbucket Server doesn't check for invalid issue keys, such as 'UTF-8'. An error will result if Bitbucket Server tries to connect to an issue that doesn't exist. See this issue:  STASH-2470 - Getting issue details... STATUS

課題キーがカスタム形式

Bitbucket Server assumes that issue keys are of the default format (that is, two or more uppercase letters ([A-Z][A-Z]+), followed by a hyphen and the issue number, for example TEST-123). By default, Bitbucket Server will not recognize custom issue key formats. See Using custom JIRA issue keys with Bitbucket Server for details.

アプリケーション リンクが OAuth でのみ作成され、信頼済みのアプリケーションを使用するリンクの作成オプションがない

Bitbucket Server は、"管理者" グローバル権限を持つユーザーには OAuth のアプリケーション リンクの作成のみを許可します。信頼済みアプリケーションの認証を使用してアプリケーション リンクを作成するには、"システム管理者" 権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

引き続きお困りの場合

See Troubleshooting JIRA Software Integration for more information specifically related to JIRA Software and Bitbucket Server.

アプリケーション リンクを使用したアトラシアン製品の連携で問題がありましたか?

アプリケーション リンクに関するトラブルシューティング ガイド」をご用意しました。アプリケーション リンクをセットアップするうえでエラーや問題が発生している場合、こちらをご覧ください。

最終更新日 2018 年 1 月 10 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.