JIRA integration

Bitbucket Server をアトラシアン アプリケーションに連携する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

When Bitbucket Server is integrated with JIRA Software, you and your team get all these benefits:

You can also use JIRA Software for delegated management of your Bitbucket Server users. See External user directories .

Your Bitbucket Server administrator needs to set up linking with JIRA Software before you'll see these work.


Check development progress of a version in JIRA Software

The Release Hub shows the progress of a version, so you can determine which issues are likely to ship at a glance. With JIRA Software and Bitbucket Server connected, the commits related to each issue are shown, helping you to spot potential development issues that could cause problems for a release.

When you are ready, you can also release the version from the Release Hub, which marks the version as complete, moves incomplete issues to other versions, and triggers release builds (if JIRA Software is connected to Bamboo).

To view the Release Hub (with the project sidebar enabled), navigate to a project, click on Releases, then select a version listed. See Checking the progress of a version for more detailed information about using the Release Hub in JIRA Software.

課題を自動的にトランジションします。

Your workflow can now respond to events in your linked development tools. For example, when a pull request is created, your workflow can be configured to automatically transition the related issue. Configure this from transitions within the JIRA workflow editor – see  Advanced workflow configuration in the JIRA Software documentation:

Bitbucket Server で利用可能なイベントは以下のとおりです。

  • 作成されたブランチ
  • 作成されたコミット
  • プルリクエスト作成
  • プルリクエストのマージ
  • pull request declined

Bitbucket Server events are published by default. We recommend that you use the latest version of JIRA Software to ensure that duplicate events are handled correctly. JIRA Software automatically removes duplicate commit events and duplicate branch creation events.

課題のすべての関連ブランチ、コミット、およびプル リクエストの確認

 

Get visibility into the Bitbucket Server branches, commits and pull requests related to work on an issue, right in the context of the issue in JIRA Software. 

[開発] パネルのリンクをクリックし、完了した作業の詳細を確認します。[コミット] 詳細ダイアログからプル リクエストの作成を開始したり、クリックして Bitbucket Server 内で変更したファイルや完全なコミットを確認したりできます。

 

Create Git branches from within JIRA Software

 

課題からブランチを作成できます。これによって、課題の選択からコーディングの開始までのワークフローが迅速になります。

Bitbucket Server は、課題タイプと要約に基づいてブランチ タイプとブランチ名を提案します。これらはもちろん変更できます。

 

Bitbucket Server 内から課題をトランジションする

 

Bitbucket Server 内から課題を簡単にトランジションすることができます。たとえば、プル リクエストの作成時に、課題をレビューにトランジションすることができます。リンクされた課題を Bitbucket Server 内の任意の場所でクリックすると、利用可能なワークフロー ステップが記載されているダイアログが表示されます。

Click on a step and complete the fields as required. If there are custom fields that are unsupported by Bitbucket Server, just click Edit this field in JIRA to transition the issue directly in JIRA Software.

 

See issues from multiple instances of JIRA Software

 

Bitbucket Server can link to more than one JIRA Software server at a time, so different teams can work with their own projects in different instances, or a single team can link to issues across multiple JIRA Software servers. Read more about linking Bitbucket Server with JIRA Software.

 

マークダウンでの課題キーの使用

 

Bitbucket Server のプル リクエストの説明やコメントなどで課題キーをメンションすると、そのキーが自動的にリンクされます。

リンクされたキーをクリックすると、課題の詳細が表示されます。

 

課題の詳細の確認

Click a linked issue key anywhere in Bitbucket Server to see the details of that issue in a dialog. And you can just click the issue key at the top of the dialog to go straight to the issue in JIRA Software:

 

コミットおよびプル リクエストに関連する課題の確認

 

Bitbucket Server はコミット メッセージの課題キーを認識し、リポジトリとプル リクエストの両方の [コミット] タブにキーをリンクとして表示します。

リンクされたキーをクリックすると、課題の詳細が表示されます。

最終更新日 2017 年 9 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.