ブランチ権限のパターン

ブランチ権限を使用する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Bitbucket Server は、ブランチ名を照合する強力なタイプのパターン構文をサポートします (Apache Ant のパターン マッチと同様)。プロジェクトまたはリポジトリ レベルでブランチ権限を追加する際に、ブランチ権限パターンを使用して、ブランチ権限を複数のブランチに適用できます。

これらの式では、次のワイルド カードを使用できます。

? 1 つ以上の文字 (パス区切り記号以外の文字) と一致
* 0 個以上の文字と一致 (パス区切り記号を含まない)
** 0 個以上のパス セグメントと一致

ブランチ権限で使用されるパターンは、Bitbucket Server にプッシュされるすべての ref (ブランチとタグ) を照合します。

In Git, branch and tag names can be nested in a namespace by using directory syntax within your branch names, e.g. stable/1.1. The '**' wild card selector enables you to match arbitrary directories.

  • パターンにはワイルド カードをいくつでも含めることができます。
  • If the pattern ends with / then ** is automatically appended - e.g. foo/ will match any branches or tags containing a foo path segment
  • Patterns only need to match a suffix of the fully qualified branch or tag name. Fully qualified branch names look like refs/heads/master, while fully qualified tags look like refs/tags/1.1.

Ant ドキュメントも参照してください。

* すべてと一致します。
PROJECT-* 名前空間内であっても、"PROJECT-*" という名前のブランチまたはタグを照合します。

例: refs/heads/PROJECT-1234、refs/heads/stable/PROJECT-new or refs/tags/PROJECT-1.1

?.? "," で区切られた 2 文字のブランチまたはタグを照合します。

例: refs/heads/1.1、refs/heads/stable/2.X or refs/tags/3.1

tags/ または

tags/**

名前空間に "tag" を持つすべてのタグとブランチを照合します。

例: refs/heads/stable/tags/some_branch、refs/tags/project-1.1.0

heads/**/master master と呼ばれるすべてのブランチを照合します。

例: refs/heads/master、refs/heads/stable/master

最終更新日: 2019 年 2 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.